仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術館など、見たもの感じたことの記録

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

 奈良-仏像

【奈良】十輪院 石仏龕 - 釈迦・地蔵・弥勒(過去・現在・未来)が並ぶ神秘的な空間

十輪院の石仏龕では、地蔵世界が表現されています。

【奈良】般若寺 本堂 - 神々しき八字文殊菩薩騎獅像(運慶の孫&ひ孫の作)

般若寺本堂の八字文殊菩薩騎師像の拝観レポートです。

【奈良】興福寺 北円堂 - 「無著・世親菩薩」は何度観ても感動

興福寺北円堂内には、運慶の最高傑作ともいわれる無著・世親菩薩の彫像が安置されています。

【奈良】興福寺 南円堂 - 大きな不空羂索観音や今にも動き出しそうな高僧像(法相六祖坐像)

興福寺南円堂は年に一度開扉されます。内部には、不空羂索観音や法相六祖坐像などが安置されています。

【奈良】西大寺 四王堂 - 5メートル超の十一面観音に圧倒された

西大寺四王堂には、長谷寺式の十一面観音立像や西大寺で最初にまつられた四天王がいます。

【奈良】西大寺 愛染堂 - 小像ながらインパクト大の愛染明王像(秘仏のため通常拝観できるのは代わりの像となります)

西大寺の愛染明王坐像などについての拝観レポートです。

【奈良】西大寺 本堂 - 巨大獅子に乗る涼やかな表情の文殊菩薩がすばらしい

西大寺本堂の仏像について感想をつづっています。

【奈良】新薬師寺 - 十二神将に守られし薬師如来

ふくよかでどこか親しみを感じる薬師如来。周りを囲む十二神将は表情が生き生きとしています。

【奈良】興福寺 東金堂 - 厳しいお顔の維摩居士像

文殊菩薩 vs 維摩居士。両者の問答は、維摩経の有名なワンシーン。興福寺東金堂には両役者がそろっています。

【奈良】◆中宮寺 - 世界三大微笑像の一つ、菩薩半跏像にうっとり

法隆寺おとなりの中宮寺。つややかに光る菩薩半跏像がとにかく美しい。本堂の外観も素敵です。

【奈良】法隆寺 夢殿 - 聖徳太子の姿を模した救世観音

春と秋に開帳となる夢殿。救世観音立像は想像よりほっそりされていました。

【奈良】法隆寺 大宝蔵院 - 悪夢を良夢に変えてくれる夢違観音と、1300年以上流浪した百済観音

夢違観音は87.3 cmと比較的小柄。百済観音は像高210 cmの八頭身、モデル体型です。

【奈良】法隆寺 金堂 - 国宝の釈迦三尊像(飛鳥時代)は必見

法隆寺金堂の拝観レポート。釈迦三尊像は必見です。