仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【東京】アートアクアリウム展(2016) - 美しく、驚きもある、そして金魚はかわいい

移転しました。3秒後に自動で移動します。しばらくお待ちください。

本記事は2016年夏季にコレド室町内で開催されたアートアクアリウム展の感想です。

ダイヤモンドのような形の大きな水槽に金魚が泳いでいる画像

アートアクアリウム展 2016年に撮影

過去の展示ですが、2020年8月28日に日本橋にアートアクアリウム美術館(常設展)がオープンするとのことで、今更ではありますが記事にしました。

新たにオープンする美術館の展示とは異なる部分も多いでしょうが、雰囲気はお伝えできるかなと思います。

 

2016年のアートアクアリウム展の様子

円形の水槽コーナー

館内は暗く、水槽だけが浮かび上がるようにライトアップされています。
金魚の影が底に映っているのがまた綺麗。

丸い水槽を泳ぐ金魚の画像

丸い水槽を泳ぐ金魚の画像

丸い水槽を泳ぐ金魚の画像

丸い水槽を泳ぐ金魚の画像

円柱型の水槽を泳ぐ金魚たち


水が滞ることのないように、常に水槽内から水が湧いているようでした。

真横から見てみましょう。

円形の水槽を泳ぐ金魚を真横から撮影した画像

水槽を真横から見てみた

水槽ごとに異なる種類の金魚が泳いでいます。

黒い金魚もいます。

赤い金魚と白黒まだら模様の金魚が泳いでいる画像

白黒まだら模様の金魚もいます

円形の水槽を泳ぐ黒い金魚の画像

黒い金魚たち


このエリアで私が一番気に入ったのが、クラゲのようなフグのような、ぽわぽわした感じの金魚(名前は忘れてしまいました……)。

円形の水槽の底のほうに佇む丸っこい金魚の画像

丸っこい金魚たち

もうちょっと寄ってみましょう。

円形の水槽に佇む丸っこい金魚を寄って撮影した画像

丸っこい金魚(拡大)

形がかわいいですよね。
めんどくさそうに底に佇んでいるのもゆるくていい。


広告  

ゴージャスな水槽エリア

円形の水槽エリアの先には、いろんな形の、色とりどりにライトアップされた水槽が並んでいます。

ホストクラブにでも来たのだろうか(→行ったことないけど)と思うほどゴージャスです。

球体型の水槽

球形の水槽内を金魚が泳いでいる画像

球形の水槽

 

宝石のような形の水槽

宝石のような形で、発光している大きな水槽

宝石のような形の水槽

 

金魚鉢がモチーフ?の水槽

赤くライトアップされた金魚鉢風の大きな水槽

金魚鉢モチーフ?

泳いでいる金魚を拡大してみます。

赤くライトアップされた大きな水槽の中を泳ぐ金魚の画像

金魚たち

おお、ちゃんと泳いでる!
ライトアップのおかげで真っ赤。

金魚鉢タワー

青くライトアップされた金魚鉢タワーの画像

金魚鉢タワー


蓮の花

続いて、蓮の花のような水槽。

紫にライトアップされた蓮の花のような水槽

蓮の花のような水槽

7色に変化していくのがきれい。

水色にライトアップされた蓮の花のような水槽

青になった

蓮の花が浮かぶ池(の水槽)にも金魚たち。

緑色にライトアップされた水槽を泳ぐ金魚の画像

池部分の水槽


もちろん、蓮の花の部分も水槽になっていて、大きな金魚がゆったりと泳いでいました。

蓮の花のような水槽を泳ぐ金魚の画像

蓮の花を泳ぐ金魚

あんどん(?)型も!

行燈のような形の水槽の画像

行燈風の水槽

行燈のような形の水槽を泳ぐ金魚の画像

行燈風の水槽を泳ぐ金魚

 

凹面や凸面がたくさん施された水槽

水槽の表面に虫眼鏡がたくさんはめ込まれているようなイメージですかね。

ちょっと目が疲れますが、カクレクマノミがいました。

水槽に凹凸を施した水槽を泳ぐカクレクマノミの画像

視界が混乱する

水槽に凹凸が施された水槽を泳ぐ魚の画像

ナンヨウハギもいる

画像が切れてしまっていますが、いわゆる(ファインディングニモの)ドリー(魚の種類としては「ナンヨウハギ」らしいです)もいました。

水槽の底にはビー玉的なものが敷かれているようです。

底にビー玉が敷き詰められている水槽を泳ぐ魚の画像

底にはビー玉が敷き詰められている

ずっと見ていると目が疲れてくるのですが、魚たちは大丈夫なんだろうか。

洗面台風の水槽

洗面台のボウルのような形の水槽を泳ぐ金魚の画像

洗面台風の水槽

洗面ボウルを彷彿とさせる水槽もありました。
洗面ボウルにも金魚、その下にも金魚。

壁に円柱型の水槽

写真がうまく撮れませんでしたが、円柱の側面を下にして立てたような水槽も幻想的。

青くライトアップされ、円柱の側面を底にして立てたような形の水槽

円柱型の水槽

 

屏風型の水槽

展示の終盤のみどころ。

屏風型の水槽の画像

屏風型の水槽

綺麗な屏風……と思いきや、水槽です!

拡大してみましょう。

屏風型の水槽を泳ぐ金魚たちの画像

屏風型の水槽を泳ぐ金魚たちの画像

屏風型の水槽を泳ぐ金魚たち

す、、、すご。

ちなみにこの屏風、柄も変わります。

夕陽を投影した水槽型の屏風の画像

屏風のライティングも変わる



個人的に一番お気に入りだった金魚

ここまで、水槽の鮮やかさをメインに紹介してきましたが、金魚の個体に焦点を当て、最もお気に入りの一匹を紹介します。

たまたまでしょうけど、水槽の前に立つと寄ってきたこの子。

水槽を泳ぐ金魚の画像

お気に入りの一匹

愛嬌のある体つきも好きなんですが、表情がいい。
撮った角度のせいでしょうか、やや冷めたような、でも決して冷たいわけではない目。

「アンタ、何しに来たん?」って言いそうな気がする。


真横からのアングルはといいますと。

水槽を泳ぐ金魚を真横から撮影した画像

お気に入りの一匹

か、かわいい!
なんだこのむくむくしたスタイルは!

混雑状況

2016年に行ったときは、平日昼間だったにも関わらず、入場まで30分程度、チケット購入に10分程度かかるほどの混雑ぶりでした。
入場してからも、非常に混雑しており、人々をかき分けながら進むような感じでした。


新しくできる美術館は広そうですし、また、感染症予防対策のために入場人数もより少なく制限するでしょうから、かなり快適に観賞できるのではないかと思います。

アートアクアリウム | ART AQUARIUM

 

おわりに

色とりどりにライトアップされたゴージャスな水槽もきれいで良かったですが、個人的には、自然な色の光に照らされたシンプルな水槽が一番好きかもしれません。

ライトアップされた水槽を泳ぐ出目金の画像

目が合った!

 

 

広告