仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【群馬】洞窟観音 - ひんやりした洞窟で静かに観る石仏群

洞窟観音・徳明園・山徳記念館

f:id:shishi-report:20210930123907j:plain

洞窟観音 出口付近

(2016年9月の情報ですので、最新の情報は公式サイトなどでご確認ください)

洞窟観音 どんな場所?

・高崎のお金持ち(故山田徳三氏)が造った観光施設
・なので、お寺や宗教法人などではない
・同じ敷地内に徳明園・山徳記念館もある

 

- - - - - - - - - -
広告

 

 

洞窟観音 観光レポート

f:id:shishi-report:20210930124532j:plain

洞窟観音 入口

上の写真の手前の建物で入場料を支払い、洞窟内へ。

f:id:shishi-report:20180805164151j:plain

洞窟観音入口

f:id:shishi-report:20180805164300j:plain

天井の壁画

入った途端、涼しい~。
9月でしたので外が暑いぶん、とても気持ちがよかったです。
しっとりした空気も洞窟ならでは。
遠くのほうで話し声が聞こえる程度で、ほとんど人もいませんでした。

f:id:shishi-report:20180805165048j:plain

通路

かなり奥のほうまで通路が続いています。
写真では明るい感じですが、実際はけっこう暗くてドキドキしたのを覚えています(小心者)。

そして、数メートルおきに現れる石仏!

f:id:shishi-report:20180805165256j:plain

石仏

f:id:shishi-report:20180805232331j:plain

石仏

f:id:shishi-report:20180805232439j:plain

石仏

 

広い空間に仏像やら塔が林立しているところもあります。

写真の撮り方でちょっと怖い感じになってしまいましたが……ライトアップされてますし、実際は怖くないのでご安心を。

f:id:shishi-report:20180805232727j:plain

奥行のある広い空間も

f:id:shishi-report:20180805233011j:plain

亀もいます

奥へ進むほど、見ごたえもアップするのですが、写真が下手ですね(汗)。

f:id:shishi-report:20180805233712j:plain

ぜひ実物をご覧ください

f:id:shishi-report:20180805234229j:plain

出口が見えてきた

f:id:shishi-report:20180805234453j:plain

洞窟観音出口

写真を並べた感じでは伝わりきらないかもしれませんが、けっこう長い洞窟でした。
不思議系がお好きな方はかなり楽しめるのではないかと思います。

ちなみに、出口のところに「蜂に注意」という看板が出ていたような記憶があります(9月中旬)。

蜂が飛んでいる姿も遠目に見かけたので、念のため黒い服装は避けておくと無難かもしれません(夏~秋)。

徳明園

f:id:shishi-report:20210930124829j:plain

徳明園入口

徳明園は、洞窟観音と同時に造られた庭園。
洞窟観音の入園券で庭園も見学可能ですので、歩いてみました。

f:id:shishi-report:20180806131417j:plain

緑がいっぱい

f:id:shishi-report:20180806131525j:plain

池もあります

f:id:shishi-report:20180806131653j:plain

おや? 誰かいる

f:id:shishi-report:20180806131731j:plain

石像でした

f:id:shishi-report:20180806131836j:plain

こちらにも石像

なかなか個性的な庭園ですね。
こういう感じ、嫌いじゃないです。

山徳記念館

庭園の先に大きなお屋敷もあります。
ここを造った山田徳蔵さんが住んでいたお宅を改築し、今は資料館(創設者の山田徳蔵さんゆかりの品など)となっています。

私が行ったときは、歴代首相の似顔絵とか、のらくろ(弟子が描いたもの含む)などが展示されていて、意外とおもしろかったです。

防空壕(的なもの?)もちらっと見ました。

f:id:shishi-report:20180806142537j:plain

部屋とつながっています


縁側に座ってくつろいでいる方もいましたので、休憩も可能なのではないかな、と思います。

時間がない場合や暑い日は、洞窟観音だけでも十分満足かなと思います。

- - - - - - - - - -
広告

 

所要時間の目安

あくまでも私の場合ですが、

洞窟観音 20分程度
徳明園散策と山徳記念館 20~30分程度

※ご参考程度にお考えください。

開園時間

夏季(4月1日~12月15日)
午前10時~午後4時(土日祝は午後5時まで)

冬季(12月16日~3月31日)
平日土日祝とも午前10~午後4時

※12月第3週平日休園

入場料

大人 夏季 800円 冬季 600円

※開園時間や入場料などは変更となる場合があるので、公式サイトでもご確認ください。

アクセス

バスの場合

高崎前からバス(ぐるりん観音山線)に乗車、20分弱で「洞窟観音入口」という停留所で降車。

f:id:shishi-report:20180805163912j:plain

バス停を降りてから


この坂を上がると見えてきます。

帰りのバスの時間は絶対に調べておくべし

洞窟観音バス停から再びバス(ぐるりん観音山線)で山頂の高崎白衣観音に向かおうとしたのですが、時刻をきちんと調べていなかったため、次のバスまで一時間以上あるという状況に陥りました……(高崎方面に帰る場合でも本数は少ないので、要事前調査)。

再入場するのも気が引けるし(再入場が可能か不明)、しかしバス停で一時間待ちぼうけというのもきつい。

仕方なく、高崎白衣観音に向けて歩いたのですが、スズメバチに遭遇(刺されはしなかったけれど)、夏~秋は決しておすすめできません。

スズメバチ抜きにしても、かなりの坂でヘトヘトの汗だくになりました。
私の人生で「バスのありがたみを実感した場面ランキング第2位」です。


・ゆき
JR高崎駅西口(8番のりば)片岡方面行きに乗車。
洞窟観音入口で下車。

観音山線 系統番号14 時刻表 | 高崎市


・かえり(高崎駅方面に帰る)

観音山線 系統番号13 時刻表 | 高崎市


周辺の施設情報

・高崎白衣観音 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

- - - - - - - - - -
広告