仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【岩手】◆中尊寺 - お堂一覧

中尊寺(ちゅうそんじ)ってどんなお寺?

中尊寺の本堂、金色堂、経蔵、パンフレットの写真を合わせた画像

中尊寺

中尊寺の特徴

・850年開山(慈覚大師)
・12世紀伽藍を造営(奥州藤原氏)
・坂道けっこうしんどい

中尊寺のみどころ

・奥州藤原氏が眠る金色堂
・騎師文殊菩薩と四眷属(讃衡蔵)
・境内のあちこちにあるたくさんのお堂

拝観レポート

境内マップ

マップのルートに沿って、各お堂を紹介していきます。

中尊寺の境内地図を撮影した画像

中尊寺 境内マップ

 

 

参道入口

中尊寺参道入口を撮影した画像

中尊寺 参道入口

月見坂(つきみざか)

中尊寺バス停を降りると、参拝者を待ち構えているのが月見坂。

f:id:shishi-report:20181110134411j:plain

中尊寺 入口

月見坂は実際に歩いてみると想像以上の勾配でした。
肺活量のない私は、序盤でもう息が切れました。
マイペースに、亀レベルの歩みで登っていきます。

八幡堂(はちまんどう)

この坂…いつまで続くんだろ…と思っていると、最初のお堂が見えてきました。
(このように、坂の途中にもいろんなお堂があり、気がまぎれるので、坂の勾配もさほど気にならなくなります)

f:id:shishi-report:20181110134749j:plain

八幡堂


いわゆる八幡様(神社)、だと思うのですが、明治の神仏習合で「八幡堂」になったそうです。阿弥陀如来も合祀しているとか。

弁慶堂(べんけいどう)

f:id:shishi-report:20181111120246j:plain

弁慶堂

>>>中尊寺 弁慶堂 - 足元に水迫り悲憤相の弁慶像

地蔵堂(じぞうどう)

中尊寺境内の地蔵堂外観の画像

中尊寺 地蔵堂

薬師堂(やくしどう)

中尊寺境内の薬師堂外観の画像

中尊寺 薬師堂

本堂

f:id:shishi-report:20181111130216j:plain

本堂

>>>中尊寺 本堂 - 2013年造顕の釈迦如来


峯薬師堂(みねやくしどう)

本堂を出ると峯薬師堂があります。
目にご利益があるらしく、目の描かれた絵馬などが奉納されていました。

f:id:shishi-report:20181111223633j:plain

峯薬師堂

元の御本尊は丈六尺の薬師如来坐像で、現在は讃衡蔵に安置されています。

現在の御本尊は薬師如来と日光・月光菩薩。
松尾秀磨さんという仏師の方が彫られたとのこと。

f:id:shishi-report:20181111225752j:plain

カエルもいます

不動堂(ふどうどう)

f:id:shishi-report:20181111141908j:plain

不動堂

お堂内は暗くて、なかなか荘厳な雰囲気でした。
お堂入口の脇にはお坊さんが立っておられたので(おそらく祈祷などの受付)あんまりお堂内部をジロジロみるのも気がひけてしまい、そそくさと退散しました。

大日堂(だいにちどう)

中尊寺境内の大日堂の外観の画像

中尊寺 大日堂

鐘楼

中尊寺鐘楼を遠目に撮影した画像

中尊寺 鐘楼

阿弥陀堂

中尊寺の阿弥陀堂外観を撮影した画像

中尊寺 阿弥陀堂

弁財天堂

中尊寺境内の弁財天堂外観を撮影した画像

中尊寺 弁財天堂

 

要拝観券エリア

讃衡蔵、金色堂、経蔵、旧覆堂の拝観は有料となります。

讃衡蔵(さんこうぞう)

中尊寺の讃衡蔵の外観を撮影した画像

中尊寺 讃衡蔵

>>>中尊寺 讃衡蔵 - 3体の丈六仏や騎師文殊菩薩に注目

金色堂(こんじきどう)

中尊寺の金色堂外観を遠くから撮影した画像

中尊寺 金色堂

>>>中尊寺 金色堂 - 奥州藤原氏が眠る場所/仏像の並び方が独特

経蔵

f:id:shishi-report:20181116105556j:plain

経蔵

中尊寺経を納めていたお堂。
創建時の古材を用いて再建されたそうです。

もともとの本尊は騎師文殊菩薩と四眷属像。
現在は讃衡蔵に安置されています。

関山天満宮

f:id:shishi-report:20181116110530j:plain

関山天満宮

菅原道真の子孫の方がやってきたときに、乙王丸(後の中尊寺の和尚さん)授けた天満大自在天人と観世音菩薩が祀ってあるそうです。

いわゆる天神様(の系列)、ってことですかね。

 

旧覆堂(きゅうおおいどう)

f:id:shishi-report:20181116112053j:plain

旧覆堂

新覆堂(現在の金色堂を覆っているお堂)ができるまで、こちらの旧覆堂が金色堂を守っていました。
鎌倉時代の建築で、700年以上にわたり、活躍してきたそうです。

f:id:shishi-report:20181116112316j:plain

旧覆堂

f:id:shishi-report:20181116112404j:plain

旧覆堂 内部

お堂内では、説明のビデオが上映されていました。
興味深かったのですが、身体が冷えてしまい、すぐに退散しました。

〈ーーー要拝観券エリアはここまでーーー〉

釈迦堂(しゃかどう)

写真撮り忘れました……。

白山神社

中尊寺境内の最奥にあります。

f:id:shishi-report:20181116114154j:plain

白山神社

f:id:shishi-report:20181116114510j:plain

能楽殿

f:id:shishi-report:20181116114548j:plain

お社

 

おまけ かんざん亭で休憩

ひと通り観光して疲れたのと、寒さで冷えてきたので、白山神社近くにある「かんざん亭」で休憩しました。

f:id:shishi-report:20181116115107j:plain

かんざん亭 入口

平日の午後15時すぎだったせいか、空いていました。
窓から見える景色がきれい。

f:id:shishi-report:20181116115343j:plain

座席からの景色


席をとったら、自分でレジに行き、注文・お会計というスタイルです。

レシートに番号が書いてあって、出来上がったら「○番のお客様~」と声がかかり、テーブルまで運んでもらえました。

f:id:shishi-report:20181116120158j:plain

めかぶそば

新発売(当時)のおまんじゅうをサービスで頂きました(おいしい!)。


広告  

拝観料・時間

境内は通年解放

要拝観券エリア
3月1日~11月3日 8:30~17:00
11月4日~2月末日 8:30~16:30
(拝観券購入は10分前までに)
大人 800円

アクセス

・バス
 JR平泉駅より循環バスるんるんに乗車、10分程度
中尊寺バス停より徒歩すぐ

・徒歩
JR平泉駅より約20分(中尊寺参道までの時間)

 

周辺の施設情報

shishi-report-2.hatenablog.com


広告