仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【岩手】毛越寺 浄土庭園 - 夢かと思うくらい美しかった

 

浄土庭園

大泉が池をぐるっと一周する感じで、浄土庭園の様子を紹介していきます。

南大門跡地

かつてはこのあたり(撮影者が立っている場所付近)に南大門が建っていたようです。

南大門跡地付近から大泉が池を撮影した画像

南大門跡地付近から撮影

上記写真の手前、少し出っ張っていますよね。
ここから、中島に向かって橋がかかっていたそうです。

写真だと伝わりきらないほど、本当に美しい光景です。
穏やかな風に揺られ、水面がキラキラしていました。

築山(つきやま)

f:id:shishi-report:20181031115135j:plain

築山

築山は、海岸に迫る岩山を表現しています。
「深い淵に臨む断崖の景観」を思わせるらしい。


築山を過ぎ、花菖蒲園やお堂の跡地などを横目に進む。
こんなだたっぴろい平地も。

f:id:shishi-report:20181031162100j:plain

広い


中島

鐘楼跡地付近から大泉ヶ池を見た景色です。

f:id:shishi-report:20181031115753j:plain

鐘楼跡地付近から中島をのぞむ

 

ちょっと見づらいかもしれませんが、向こう岸より手前にあるのが「中島」。

南大門(現在は跡地)から中島まで、中島から金堂・円隆寺(現在は跡地)まで橋がかかっていたんですね。

 

遣水(やりみず)

f:id:shishi-report:20181031115902j:plain

遣水から池へ

写真の右側に映っているのが遣水とよばれる、山からの水を池にひくための水路です。

f:id:shishi-report:20181031120122j:plain

遣水

遣水は水路であると同時に、「川」を表現してもいるのだそう。

州浜(すはま)

f:id:shishi-report:20181031121325j:plain

州浜

上記写真の中央付近にあるのが「州浜(すはま)」。
海岸の砂洲を表現しています。

州浜~出島

毛越寺大泉ヶ池の州浜~出島間を撮影した画像

州浜~出島間の入り組んでいるところ


出島と池中立石(ちちゅうたていし)

もうすぐ大泉が池一周おわり、というところで絶景が。

毛越寺浄土庭園の出島と池中立石を撮影した画像

出島と池中立石

ちょっと出っ張っているところ(上記写真手前側)が出島ですね。
出島の先に、飛島として立石が据えられています。

f:id:shishi-report:20181031122021j:plain

出島と池中立石(ちちゅうたていし)

出島から大泉が池をのぞむ景色は、毛越寺パンフレットの表紙にも印刷されているだけあって、「これは夢だろうか……」と思うほど美しかったです。

現在の浄土庭園は復元されたものではありますが、かなり良い状態で保存されていたらしいので、おそらく当時の風景とほとんど同じだろうと思います。

現代は建築技術も発展して、さまざまな建造物や景観があり、ある程度目が肥えていますが、平安時代にこんな庭園を観たら、まさに「夢かな?」と感じたのでは、と思うのでした。

浄土に生まれ変われたら、こんなに美しい景色が見られるのか、と思い、祈りを強いものにした人も多かったでしょうね。
日頃の行いを改めたりとか。

私がもしこの時代に生まれていたら、「浄土に行きたいから、なるべくいい人間であろう」としたと思います(ゲンキン…)。

 

 

毛越寺 ほかの見どころ

毛越寺データベース
>>>◆毛越寺 - 平安時代の浄土庭園と臨池伽藍跡を現在に伝えるお寺


大泉が池の北側にはお堂の跡地がたくさん。
>>>毛越寺 臨池伽藍跡 - お堂の跡地から平安時代の様子を想像する


常行堂の宝冠阿弥陀如来もぜひご覧ください。

shishi-report-2.hatenablog.com


広告