仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【岩手】◆達谷窟 - 801年に坂上田村麻呂が毘沙門天をまつったのが始まり

達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)ってどんなお寺?

f:id:shishi-report:20181103130048j:plain

達谷窟毘沙門堂

達谷窟毘沙門堂の特徴

・801年創建(坂上田村麻呂)
・ご神域とされるため、境内に鳥居がある
・達谷西光寺(802年創建)というお寺が管理

達谷窟毘沙門堂の見どころ

・毘沙門天が集結、達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)
・仲良き男女は一緒に詣るべからず、蝦蟇が池弁天堂(がまがいけべんてんどう)
・暗いお堂に浮かぶギョロ目の姫待不動尊(ひめまちふどうそん)

拝観レポート

お寺だけど鳥居がある

達谷窟毘沙門堂は、古くから御神域とされているため、鳥居があります。
(達谷西光寺はこのご神域を管理運営するお寺にあたります)

木々に覆われ、とても静謐な雰囲気。

達谷西光寺の入口の寺務所と鳥居を撮影した画像

達谷西光寺 壱之鳥居

達谷窟毘沙門堂の手間にある弐之鳥居を撮影した画像

弐之鳥居

参之鳥居とその奥に毘沙門堂が写っている画像

参之鳥居

参之鳥居の奥に見えているのが達谷窟毘沙門堂。

毘沙門堂(びしゃもんどう) 毘沙門天がたくさんいるお堂

達谷窟毘沙門堂の外観を撮影した画像

達谷窟毘沙門堂

>>>達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう) - 珍しい!毘沙門天だらけのお堂

岩面大仏(がんめんだいぶつ)

 毘沙門堂の西にある岩壁には大仏が刻まれています。

岩面に彫られた仏の彫像を撮影した画像

岩面大仏

お顔のあたりに木の影がちょうど重なってしまって、写真だと見えづらくなってしまいました。

源義家が馬の上から弓張(ゆはず)で彫ったと伝えられているそうです。

大日如来説もありますが、阿弥陀如来説が優勢のようです。

 

蝦蟇が池弁天堂(がまがいけべんてんどう)

蝦蟇が池と弁天堂が写っている画像

蝦蟇が池弁天堂


>>>達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう)蝦蟇が池弁天堂 - 「仲良き男女は一緒に参らぬこと」

 

姫待不動堂(ひめまちふどうどう)

達谷窟毘沙門堂境内の姫待不動堂の説明看板を撮影した画像

姫待不動堂の看板

>>>達谷窟毘沙門堂 姫待不動堂 - 姫待瀧のご本尊だった不動明王坐像

 

金堂

f:id:shishi-report:20181103231418j:plain

金堂

御本尊は薬師如来。
バスの時間が迫っていたため、外観しか見られず。
時間不足が悔やまれます……。

所要時間の目安

・30分程度
バスの時間に合わせるなら20分程度(※けっこう慌ただしいです)

〈私の場合〉
12時18分すぎに達谷窟に到着して、12時42分達谷窟発のバスで駅方面へ戻りましたので、おおかた20分程度でひと通り見学しました。

さらっと見学するなら20分間で問題ないですが、仏像好きの方や、説明パネルなどもじっくり堪能したい方は、20分間だと少し時間が足りないかなーと思いました。

とはいえ、次のバスとなると、さらに一時間後ですので、20分で周るのが効率的かなと思います(一時間後のバスにする場合は、近くの厳美渓などを観にいくのもいいかも)。


広告  

拝観時間・拝観料

・3月21日~11月23日 午前8時~午後5時
・11月24日~3月20日 午前8時~午後4時半

・大人 400円

変更になる場合がありますので、公式サイト等でもご確認ください。

達谷窟毘沙門堂 別當達谷西光寺

 

アクセス

〈バス〉
JR平泉駅(毛越寺バス停もOK)より「厳美渓・平泉線」のバスに乗車(※平泉循環バス「るんるん」ではありませんのでご注意ください)。
10分ちょっとで「達谷窟」という停留所に到着。
停留所からはすぐです。

〈徒歩は厳しい〉
徒歩だと1時間15分程度かかりますので、バス等が現実的かと思います。
道は平坦なので、自転車なら大丈夫かも。



周辺施設の情報

(少し離れますが)
・中尊寺

・毛越寺

shishi-report-2.hatenablog.com

 

 ・平泉めぐり 参考情報

shishi-report-2.hatenablog.com


広告