仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【基礎知識】愛染明王とは? - 愛欲を悟りへと昇華させる仏

愛染明王(あいぜんみょうおう)とは?

愛染明王坐像を正面から撮影した画像

愛染明王坐像(東京国立博物館にて撮影)


愛欲を悟りへと浄化させる愛染明王。
明王としては珍しい、真っ赤なお身体をしています。

敬愛(人間関係を良くする)のご利益があることから、のちに恋愛成就の祈願へとつながったそうです。
江戸時代には花魁や芸者の守り本尊という面もあったのだとか。

また、「染」という字がつくので、染色関係の仕事につく人の守り本尊しても信仰されています。

詳しい特徴を見ていきましょう。

 

愛染明王像の特徴

赤いボディ

愛欲を表すという赤い体をしています。
※古い仏像では彩色が剥がれている場合もあります。

頭上に獅子の冠を載せている

逆立った髪(焔髪)に獅子冠(ししかん)を載せています。
なぜ獅子かというと、獅子は苦難にも屈しないという強さの象徴なんですね。
さらにこの獅子冠の上には、五鈷鉤(ごここう)というアイテムも載せています。

愛染明王坐像の頭部の画像

獅子冠を載せている

1つのお顔に目が3つ、腕6本(一面三目六臂)

お顔は一面で、目が三つ。
腕は6本です。

それぞれの手には金剛杵(こんごうしょ)、金剛鈴(こんごうれい)のほか、弓、矢、剣などの武器も持っています。

五鈷杵と五鈷鈴のイラスト

五鈷杵と五鈷鈴のイメージ

金剛杵と金剛鈴は密教の法具。鈴を鳴らして如来や菩薩の注意をひきます。

弓矢で、人々を惑わせるものを射るのだとか。
左の第三手は何も持たず、こぶしをつくることが多いようです。

宝瓶(ほうびょう)の上の蓮華座に座っている

宝瓶(ほうびょう)とは、宝物を吐き出すという壺。
この壺の上に蓮華座が置かれ、その上に座っています。

愛染明王の台座の宝瓶のイラスト

宝瓶

光背は赤い日輪

明王の光背といえば、燃え盛った炎(迦楼羅炎:かるらえん)が多いですが、愛染明王は日輪光背(日輪は太陽を表す)です。

日輪光背のイラスト

日輪光背のイメージ


広告  

愛染明王像の実例

座っている像(坐像)が基本となります。

奈良 西大寺 愛染堂

奈良仏師善円の作。像高32 cmの小像です。
憤怒相というよりは、ちょっとびっくりしたような表情にも見え、温厚な作風。 

shishi-report-2.hatenablog.com

山梨 放光寺

ようこそ放光寺へ


顔の正面で弓をかまえ、天に向けて放とうとしている姿の「天弓愛染明王」です。
愛染明王が登場するお経の中の「衆星の光を射るが如し」という部分を具現化した像なのだそうです。

東京国立博物館 本館1階11室

東京国立博物館 - コレクション 名品ギャラリー 館蔵品一覧 愛染明王坐像(あいぜんみょうおうざぞう) 

本記事の冒頭写真で紹介している愛染明王像。
公式サイトの写真では、厨子に入った状態ですが、私が過去に観覧したときは厨子から出た状態で、非常に見やすかったです(写真もOKでした)。 

※展示は定期的に替わりますので、公式サイトで展示期間をご確認のうえ、お出かけください。

shishi-report-2.hatenablog.com


広告  


おわりに

愛欲を無理に消すのではなく、悟りへ昇華しよう、という愛染明王。

ぱっと見、雰囲気が馬頭観音坐像と似ているケースがあるのですが、迷ったときは、頭上の生き物をよく観察しましょう。
馬なら馬頭観音、獅子なら愛染明王となりますね。 

他の仏像をさがす

shishi-report-2.hatenablog.com

 >>>一覧はこちらから

参考文献

仏像の見方ハンドブック-仏像の種類と役割、見分け方、時代別の特徴がわかる (池田書店のハンドブックシリーズ)

写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!

イラストでわかる 日本の仏さま (文庫)

 


広告