仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術館など、見たもの感じたことの記録

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【基礎知識】馬頭観音とは? - 苦悩や災難を粉砕してくれる存在

馬頭観音(ばとうかんのん)とは?

その名の通り、頭上に馬の頭をいただく馬頭観音。

観音様といえば、柔和な表情が思い浮かびますが、馬頭観音だけは怒りの表情(忿怒相 ふんぬそう)をしています。

馬のように煩悩をむさぼり食い、忿怒相で諸悪(苦悩や災難)を打ち砕いてくれる存在です。

近世以降は、家畜や馬の守り神としての面もあるようです。
道端や、競馬場に石仏や石碑として建てられることも。

では、馬頭観音の特徴を見ていきたいと思います。

 

馬頭観音の特徴

頭上に馬の頭をいただいている

冒頭でも述べましたが、馬を乗せているのが一番の特徴ですかね。
「頭上に馬」と聞くと、ものすごく奇抜に感じますが、実物を見ると、馬の存在感は控えめ。

 

(頭上の馬のイメージ 馬の絵が難しい汗)

f:id:shishi-report:20200703130941p:plain


そもそも観音像は、髪を高く結い上げていたり、宝冠をかぶっていたりして、頭上がにぎやか。
よく見ないと、馬だということに気づかなかったりしますのでご注意を。


忿怒相(怒りの表情)をしている

観音・菩薩カテゴリでは唯一(※)の忿怒相。
(※ 十一面観音の頭上には、忿怒相をしている小さいお顔があります)

忿怒相といったら明王(例:不動明王など)なので、表情だけ見ると、ちょっと混乱するかもしれません。


馬頭印を結ぶ

馬頭印という特殊な印相を結んでいます。
これは馬頭観音しか結ばないので、他の仏像と明らかに違いますね。

なお、馬頭印とは

胸の前で親指、中指、小指を立て、残りはまげて両掌を合わせる

石井亜矢子『仏像の見方ハンドブック』p.53

 


合掌のポーズから、人差し指と薬指だけ曲げる感じ。
 やってみると結構難しいです。


お顔・手が複数あることも

三面六臂(お顔が三面、手が六本)や四面八臂(お顔が四面、手が八本)が多い印象です。


広告  

馬頭観音像の実例

「馬頭観音」ってお名前はよく聞くのですけど、博物館美術館の展示会などではあまりおみかけしない気がします(木造としての仏像は少ないのか)。

木造の仏像よりも、道端にたてられている石仏とかのほうが多い気がしますね。

立像(立っているタイプ)

京都 淨瑠璃寺 (奈良国立博物館寄託)

馬頭観音としては最も有名なお像の一つでしょうか。
お顔が四面、手が八本のタイプ。

奈良国立博物館で管理しているようなので、浄瑠璃寺では通常は拝観できないと思われます。
奈良国立博物館の企画展などで陳列されることはあるようです。

(リンクを貼りたかったのですが、写真見つからず)


京都 大報恩寺

トップページ|千本釈迦堂 大報恩寺


京都大報恩寺は六観音(六道から人々を救う仏)が有名ですが、そのうちの一軀が馬頭観音です。
肥後定慶さんの作とされています。

私は東京国立博物館にて開催された特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」で拝観しました。

額に第三の眼があるのですが、そちらも玉眼(水晶の板が入っている)で、リアルでした。
忿怒相とはいえ、丸顔なので、かわいらしい印象もありました。

 

坐像 (座っているタイプ)

福井 中山寺

青葉山 中山寺|北陸三十三ヶ所 観音霊場 第一番

 

「仁和寺と御室派のみほとけ」のチケットに記載の馬頭観音

馬頭観音(「仁和寺と御室派のみほとけ」のチケットを撮影したもの)



普段は秘仏のようです。

私は東京国立博物館の特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」で拝観しました。

当時はまだ仏像の知識が少なかったため、愛染明王かと思ってしまいましたが(汗)
写真をよく見ると、頭上の馬が輝いていますね。

表情が生き生きとしていて素晴らしいです。


広告  



おわりに

若狭から丹後(現在の福井県南西部から京都府北部にかけての日本海沿岸地域)には、馬頭観音をご本尊とする寺院が集中しているのだそうです。

馬頭観音像めぐりも楽しそうですね。


単眼鏡を使っても差し支えない場所であれば、頭上の馬をじっくり見たいですね。
仏師の個性が出るところではないかと思います。


参考文献

 

写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!