仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【基礎知識】八部衆とは? - 釈迦如来の教えを広める手助けをする8種の神々

八部衆(はちぶしゅう)とは?

興福寺の八部衆の写真を並べた画像

八部衆(興福寺の看板を撮影、編集したもの)

八部衆は、釈迦如来に忠誠を誓い、その教えを広める手助けをする8種の神々の総称(グループ名)。

元は古代インドの神々でした。
なかには悪いことをしていた鬼なども含まれていますが、釈迦の説法を聞いて改心し、釈迦に仕えるようになりました。

日本で八部衆が信仰されていたのは奈良時代のみで、仏像の作例は少ないようです。

実質的に、ほぼ唯一の作例が奈良・興福寺の八部衆像となりますので、それを踏まえながら説明していきます。

ではまず、八部衆を構成するメンバーを見ていきましょう。
(〇印:通例、☆印:興福寺の例)

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

 

八部衆のメンバー

〇 天(てん)

天とは、帝釈天や梵天などをはじめとする「天部」の総称となります。
興福寺の例では五部浄(ごぶじょう)が天に相当します。

☆ 五部浄(ごぶじょう)

興福寺では、五部浄を最初に置くことで「天部」を表しているそうです。
上半身のみで、下半身は失われてしまいました。
頭に象(陸で最大の動物)の冠を被っています。

〇 竜(りゅう)

竜はヘビを神格化した存在で、龍・龍王とも呼ばれます。
雨を降らせる力があります。

興福寺の例では、沙羯羅(さから)が竜に相当します。

☆ 沙羯羅(さから)

興福寺のお像は、頭にヘビを巻いています。
少年風のつるっとしたお顔とヘビ、なかなかのギャップです。

〇 夜叉(やしゃ)

夜叉は空を飛ぶ鬼神でしたが、改心して仏教の守護神となりました。
ちなみに、薬師如来の眷属である「十二神将」も夜叉のカテゴリです。

興福寺の例では鳩槃荼(くばんだ)が夜叉に相当します。

☆ 鳩槃荼(くばんだ)

鳩槃荼(くばんだ)には、いろんな役割があるようで、興福寺ウェブサイトによると
・梵天がつくった水を守る神
・死者の魂を吸う悪鬼
・毘沙門天の部下
・増長天の部下
などとされるようです。

興福寺のお像は、忿怒相で、髪を逆立ています。
ほかのお像が比較的穏やかなので、目立ちますね。

〇 乾奪婆(けんだつば)

帝釈天のお宅に仕え、音楽を奏でて神々を供養する存在。
また、神々が飲む蘇摩酒(そましゅ)の番人を担当。
お酒の番人ですが、乾奪婆自身はお酒を飲みません(だから番人なのか)。
お肉も食べず、お香ばかり食べるのだそうです。

密教では、胎児や幼児の守護神とされます。

興福寺のお像の例では、獅子のついた冠をかぶり、鎧を身に着けています。
目を閉じた静かな表情。

〇 阿修羅(あしゅら)

阿修羅像の写った看板の画像

阿修羅像(国宝館前の看板を撮影)

八部衆のなかで最も有名な阿修羅。
元は血気盛んなところがあったようですが、釈迦の教えで改心しました。

詳しくは

shishi-report-2.hatenablog.com

 

〇 迦楼羅(かるら)

迦楼羅像の写った看板の画像

迦楼羅(興福寺国宝館前の看板より)

 頭が鳥で、身体がヒトという、鳥頭人身(半鳥半人)の姿をしています。
口から火を吐き、毒蛇(龍とも)を食べるという、なかなかアクロバティックな存在。

元は、ヴィヌシュ神(ヒンドゥー教の神)が乗る、のりものでした。
(ちなみに、 五大虚空蔵菩薩像の中にも、迦楼羅に乗っている菩薩がいます)

密教では、梵天もしくは文殊菩薩の化身とされるようです。

毒蛇を食べるので、手足で蛇を押さえつけている姿で表現されるようですが、興福寺のお像では見当たらないようです。
肩にスカーフを巻き、澄ましたような表情ですが、頭部が鳥なのでとてもインパクトがあります。

緊那羅(きんなら)

乾奪婆と同じく、帝釈天のお宅に使える音楽神。
「キン・ナラ」とは「人か、人でないか」という意味があるそうで、半神族だそうです。

興福寺のお像は、頭上に一本のツノがあり、額にはサードアイも。

〇 摩睺羅伽(まごらか)

元ヘビの音楽神(横笛を吹く)で、乾奪婆・緊那羅と同じく帝釈天に仕えています。
蛇首人身の姿をしています。

興福寺の例では「畢婆迦羅(ひばから)」が相当します。

☆ 畢婆迦羅(ひばから)

興福寺のお像では、ひげをたくわえたヒト風のお姿。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

八部衆像の実例

奈良 興福寺 国宝館

阿修羅像が最も人気のようですが、8体がすべてそろっているのは珍しいのだとか。
仏師・将軍万福と画師・秦牛養の作といわれています。

 

奈良 法隆寺 五重塔 塔本四面具

法隆寺の五重塔の北面にある塑像群の一部。
暗い塔の内部をのぞきこんでむような形での拝観になるのと、小さいのでので、正直見えづらいかな、という感じがします。

実質的に、八部衆像としては、興福寺のお像がメインとなるのかなと思います。


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  


おわりに

釈迦に従う8種の神々、八部衆。

半分鳥だったり、半分神だったり、ヘビを神格化した存在だったり、と多種多様すぎるメンバーです。 

古代インドの神々(悪神)が(あまり姿を変えることなく)仏教に取り込まれていった結果なのですね。
当時のインドで、仏教のすごさを表すために必要なプロセスだったのでしょう。

何かが発展していく、広まっていくとき、その裏にはストーリーがあるのですね。

他の仏像をさがす

shishi-report-2.hatenablog.com

 >>>一覧はこちらから

参考文献

仏像の見方ハンドブック-仏像の種類と役割、見分け方、時代別の特徴がわかる (池田書店のハンドブックシリーズ)

写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!

イラストでわかる 日本の仏さま (文庫)

天の仏像のすべて (エイムック 2696)

お経と仏像で仏教がわかる本【完全保存版】 (洋泉社MOOK)

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告