仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術館など、見たもの感じたことの記録

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【基礎知識】准胝観音とは? - 子を授けてくれる仏

 

准胝観音(じゅんていかんのん)とは?

准胝観音は、たくさんの仏を誕生させる、ホトケ界の母的存在。
(天台密教では、観音ではなく仏母(ぶつも)とされます)

「准胝(じゅんてい)」とは、「限りない清浄」を意味し、限りなく仏を誕生させる真理そのものを表す

『写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!』p.75


たくさんの仏を生み出せる存在ですから、子授けや安産のご利益があるとされています。


准胝観音の特徴

千手観音に似ている

手がたくさんあって、一見、千手観音のようなお姿です。

でも、よく拝見すると、千手観音との違いがわかります。
以降、千手観音との違いを示していきます。

説法印を結んでいる

千手観音は、胸の前で合掌しているのですが、准胝観音は説法印(両手とも指で輪をつくり、胸前に上げる)を結んでいます。

親指と、小指以外の指で輪にする形の説法印イメージ

説法印イメージ

(↑描くの難しかった……。左右で絵のタッチが全然変わってしまった……)

腕は18本のことが多い

千手観音は40~42本(場合によっては千本近く)のことが多いですが、准胝観音の腕は18本で表現されることが多いそうです(一面三眼十八臂:お顔一つ、眼が三つ、腕が18 本)。


千手観音か准胝観音か、判別に迷った場合は、「印相(合掌か、説法印か)と腕の本数(多いか少ないか)をチェック」ということになりますね。


准胝観音像の実例

仏像観賞をしていても、准胝観音さんをあまりお見掛けしないので、(木造の)作例は少ないのかもしれません。

京都 大報恩寺

京都の大報恩寺は六観音(六道から救済する6種の観音菩薩)が有名。
そのうちの一体が准胝観音です(※)。

(※ 天台系の宗派では、准胝観音ではなく、不空羂索観音となります)

トップページ|千本釈迦堂 大報恩寺



私は東京国立博物館にて開催された展示で拝観しました。

六観音のうち、准胝観音の胎内に定慶(肥後定慶、運慶さんの弟子)自筆の銘が入っていたそうです。

六観音は肥後定慶さんの作とされていますが、実際にはすべてを一人で彫っているわけではないと考えられます(弟子などが途中まで掘り、仕上げに定慶さんが手を入れるなど)。

ただ、この准胝観音に関しては、自筆の銘が入っていることから、肥後定慶さん自らがメインで彫ったのではないか、(という内容がパネル説明にあったような気がしますが、ちょっと記憶があいまいです)と。

あるいは、これは私の想像ですが、准胝観音は「仏を生みだす仏」ですので、仏師としてあやかりたい、みたいな気持ちも込めてサインしたのかもしれませんね。

(六観音について、少し書いています) 

shishi-report-2.hatenablog.com


滋賀 黒田観音寺

お寺に伝わる情報としては「千手観音」のようですが、造形から判断すると、「准胝観音」といえそうです。

(仏像の写真あり)

黒田観音寺 伝千手観音立像 | 長浜・米原・奥びわ湖を楽しむ観光情報サイト


広告
 

おわりに

准胝観音は、仏像としてはあまりメジャーでないかもしれませんが、「子授け・安産」のご利益があると言われています。

広い意味で考えれば、芸術作品なども、自分の「子」のようなものですので、アート系の方にもおすすめかもしれません。


参考文献