仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【基礎知識】帝釈天とは? - 戦士の守護神 & 釈迦の全生涯の目撃者

帝釈天(たいしゃくてん)とは?

帝釈天は、釈迦の全生涯(のうち重要な出来事)をすべて目撃した存在。

もともとは古代インドの天候の神(雷神とも)でしたが、のちに転じて戦士の守護神となりました。

仏法の守護神でもあり、部下(四天王など)を私たちの住む世界に派遣し、様子をさぐらせ、不正や悪事を監視しているそうです。

梵天とのコンビ名は「梵釈(ぼんしゃく)」で、釈迦如来の脇侍をつとめます。

詳しい特徴を見ていきましょう。

 

帝釈天の特徴

梵天と同様に、密教が入ってくる前と、密教伝来後ではお姿が変わります。

密教以前:貴族風の立ち姿

梵天と同様、中国の貴族風の格好です。

お顔一面に手が二本の、つまりは人間と同じお姿。
髪を高く結い上げ、貴族が着る礼服を着て、つま先が上に向いた革のくつ(高鼻沓)を履いています。

衣服の下に甲冑(の場合も)

「戦士の守護神」ですから、衣服の下に甲冑をまとっている場合があります。
梵天&帝釈天のコンビで並んでいたら、甲冑をつけているほうが帝釈天と判断できますね。
(※梵天のほうも甲冑をつけている場合もあり、また共につけない場合もあるので、参考程度にお考えください)

独鈷杵(とつこしょ)を持つ

独鈷杵(とつこしょ)は金剛杵(こんごうしょ)という、煩悩を打ち砕く道具の一種(他に、先が三つに割れた三鈷杵もある)。

仏教の法具の独鈷杵のイラスト

独鈷杵(とつこしょ)のイメージ


金剛杵は、別名「伐折羅(ばさら)」とも呼びます。
これは、帝釈天のルーツ、古代インドの天候の神(印陀羅:インダラ)時代に持っていた武器、ヴァジュラが原型で、元々は稲妻のこと。

密教像:白象に乗る(こともある)

【東寺監修 公認】帝釈天(たいしゃくてん) ミニチュア仏像【空海 立体曼荼羅21体 真言宗開宗1200年記念】

一面三目二臂(いちめんさんもくにひ)

お顔一つ、手が二本なのは人間と同じ。
額には第三の目があります。

 

持ちものは独鈷杵

密教以前のお像と同じで、独鈷杵(金剛杵、伐折羅ともいう)を持ちます。

(参考) 普賢菩薩との見分け方

白象に乗る仏像としては、他に普賢菩薩が挙げられます。
密教系の帝釈天(帝釈天騎象像)との違いは、次のポイントなどで見分けられるかなと思います。

・片足を下ろしているかどうか
→普賢菩薩は半跏趺座(はんかふざ)という座り方で、簡単にいえばあぐらスタイルです。一方、帝釈天は片足を下ろしています。

・持物(じもつ)で判断する
→普賢菩薩は合掌していることが多く、持物をもたないことが多いです。
一方、帝釈天は上で説明した「独鈷杵(とつこしょ)」という武器が特徴的です。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

帝釈天像の実例

立っている像(立像)

奈良 法隆寺

奈良時代の塑像で、梵天とペアです。
梵天も帝釈天も、ともに衣服のしたに甲冑をつけるスタイル。

こちらの帝釈天、沓(くつ)を履いているのですが、破損した沓の下から、指を表した足が現れたのだそうです。

見えないところまでぬかりなく造形しているのですね。

(法隆寺総合ガイド)

shishi-report-2.hatenablog.com

 

愛知 瀧山寺

梵天の記事でも紹介しました、瀧山寺。
運慶作の美仏です。

青色をベースにした、鎧や腰巻が美しい。

滝山寺・滝山東照宮|岡崎の観光スポット|岡崎おでかけナビ - 岡崎市観光協会公式サイト

象に座っている像

日本では、象に乗る姿の帝釈天(帝釈天騎象像)はあまり作例がないようです。

京都 東寺 講堂 立体曼荼羅

図解 東寺のすべて (TJMOOK)

東寺講堂の立体曼荼羅の帝釈天。
梵天とともに、「イケメン」と人気の高い仏像です 。

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

その他

東京 柴又帝釈天(題経寺)

寅さんでおなじみの、柴又帝釈天(寺名は題経寺)。
柴又帝釈天という通称が有名ですが、お寺としてのご本尊は大曼荼羅なのだそうです。

境内にある帝釈堂のご本尊は、板本尊であり(しかも通常非公開)、帝釈天像が拝観できるわけではないのですが、帝釈堂の説話彫刻が見事なので紹介します。
仏像や彫刻好きなら見ごたえあるのではないかと。

shishi-report-2.hatenablog.com

 
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  


おわりに

古代インドの天候の神様が、仏教に取り入れられ、戦士の守護神となった帝釈天。

穏やかな表情ですが、衣服の下に甲冑を着ていたり、煩悩を破る武器を持っていたり、「戦士要素」が盛り込まれています。
 

他の仏像をさがす

shishi-report-2.hatenablog.com

 >>>一覧はこちらから

参考文献

仏像の見方ハンドブック-仏像の種類と役割、見分け方、時代別の特徴がわかる (池田書店のハンドブックシリーズ)

写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!

イラストでわかる 日本の仏さま (文庫)

天の仏像のすべて (エイムック 2696)

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告