仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【京都】建仁寺 方丈・大雄苑 - 海北友松の襖絵を背に眺める枯山水庭園

建仁寺の全体案内>>>◆建仁寺 【境内案内】

 建仁寺 方丈(ほうじょう)・大雄苑(だいおうえん)

方丈の手前に枯山水庭園がうつっている画像

方丈と庭園

1599年、安国寺(安芸:現在の広島県)から移築した建物。
銅板葺の屋根が特徴的です。

方丈の前のお庭は枯山水様式の「大雄苑(だいおうえん)」。

建仁寺の枯山水庭園の画像

大雄苑

 

方丈の内部の様子

方丈建築の板張りの床、ふすま、天井が写っている画像

方丈建築の内部

ご本尊は十一面観音菩薩像(東福門院寄進)。
栄西さんの絵も掛けられています。

海北友松(かいほうゆうしょう)の方丈襖絵がみどころ

方丈では、海北友松の襖絵(複製)を見学することができます。

「雲龍図」

龍の描かれたふすま4枚の画像

龍が描かれたふすま4枚の画像

龍の顔が描かれたふすまの画像

海北友松の方丈襖絵「雲龍図」

複製とはいえ、すごい迫力です。

「竹林七賢人」

竹林七賢の一人が描かれたふすまの画像

竹林七賢の二人が話している場面が描かれたふすまの画像

海北友松「竹林七賢図」

「竹林七賢」とは、3世紀半ばの中国で、国難を逃れ、竹林に入った七人の賢者のこと。
竹林では、お酒を飲んだり、音楽を奏でたり、議論をしたりしていたようです。

こんな襖絵に囲まれていると、自分もその世界に取り込まれたような、不思議な感覚に陥りますね。

「竹林七賢図」の詳しい説明や襖絵はキャノンのサイトでご覧になれます。

建仁寺方丈障壁画 竹林七賢図襖|作品紹介|綴プロジェクト

広告- - - - - - - - - -

 



建仁寺 ほかの記事

・全体>>>◆建仁寺 【情報まとめ】 


・風神・雷神の屏風絵↓

shishi-report-2.hatenablog.com

広告- - - - - - - - - -