仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【松本市立博物館】彦星をおぶって雨の天の川をわたる「カータリ」に会う

 

松本市立博物館

f:id:shishi-report:20180814120602j:plain

松本市立博物館

特徴

・松本市の歴史や文化を展示
・松本城のすぐ近くにある
・松本に伝わる古キャラ「カータリ」が良い味出している

観覧レポート

松本に何のゆかりもない私にはあんまり興味ないかなー、と思っていたのですが、これが意外とおもしろかったのです。

その土地ならではの言い伝えとか信仰とか、どこかファンタジーな部分があって楽しいですよね。

とりわけ心を惹かれた「カータリ」について記します。

カータリって?

まずは「カータリ」さんのお姿を(スタンプで失礼します。博物館では実物が観られます)。

f:id:shishi-report:20180814133115j:plain

カータリ スタンプ

f:id:shishi-report:20180814133210j:plain

カータリ(左) 松本城(右)


な、なんですか、この脚の細い変なおじさんは……。

「カータリ」というくらいだから、語り系?
何か伝説めいたものを語る人なのかなーとか思いきや、実はロマンティックな存在。

カータリさんの活躍の場は七夕です。

七夕と言えば、織姫と彦星が年に一回会える日。

しかしそんな日に雨が降っていたら……天の川の水かさが増して、彦星は織姫に会いにいけなくなってしまう。

そこでカータリさんの出番です。
カータリさん、彦星をおぶって、雨の降る天の川を渡ってくれるんです。

だから、着物の裾をまくって、脚を出しているんですね。
川を渡る→かわたり→カータリ、とのこと(たしか)。
なんとも涙ぐましい。
一気にファンになってしまいました。

開館時間

午前8時30分から午後5時 (入館は4時30分まで)
年末年始、展示替え時は休館

ちなみに、新しい博物館を建設中らしいです。

松本市立博物館

観覧料金

大人200円
(松本城とのセット券は大人610円)

アクセス

松本城公園内にあります。

 

周辺の施設情報

・松本城

shishi-report-2.hatenablog.com

 

・旧開智学校shishi-report-2.hatenablog.com

 
・松本市美術館

shishi-report-2.hatenablog.com