仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【長野】善光寺 本堂外陣 - 触れる人々を笑顔にする「びんずる尊者」

善光寺本堂

f:id:shishi-report:20180821131059j:plain

本堂

 

f:id:shishi-report:20180903101436j:plain

本堂

現在の本堂は1707年に建てられたもの。
「撞木(しゅもく)造り」という特殊な形をしています。

本尊を祀る仏堂に、参拝者のための礼堂が繋がった特殊な形をしており、棟の形が鐘を撞くT字型の道具・撞木に似ていることから「撞木造り」と呼ばれます。
(説明パネルより引用)

 
本堂の手前には、獅子の乗った大香炉も。

善光寺にある獅子が乗った大香炉の画像

本堂手前の大香炉

本堂参拝の前に煙を浴びて身を清めます。

広告- - - - - - - - - -

 

本堂 外陣(げじん)

善光寺本堂のマップとびんずる尊者のイラスト

本堂外陣のびんずる尊者

 

本堂は外陣、内陣、内々陣の三つのエリアに分かれています。
本記事では外陣(げじん)の様子(とくに仏像)を紹介。

賓頭盧(びんずる)尊者

本堂に入ってすぐに目に飛び込んでくるのが「賓頭盧(びんずる)尊者」さん。
「撫で仏」と呼ばれたりもしますね。

ところでびんずる尊者って何者??

びんずる尊者は、お釈迦様の弟子、十六羅漢の一人で、この像に触れることでその神通力にあやかり、病気を治していただくという信仰があります。

善光寺 ご参拝のしおり より引用

 

びんずるさんに触れると、調子のわるいところを神通力で直してくれる、というわけなんですね。

本堂内は撮影禁止なので、賓頭盧さんの雰囲気を伝えるべく、改めて似顔絵を描いてみましたが…む、難しい。
(本田不二雄『ミステリーな仏像』のp135の写真を参考にしました)

f:id:shishi-report:20180903122111j:plain

善光寺 びんずる尊者 イメージ


摩耗が激しく、「修羅場をくぐってきた」感のあるお姿です。

とくに目のあたりは多くの人が触れるらしく、ほとんど凹凸がありませんでした。
お腹、膝、肩、腰などもつるつる。

ファーストインパクトは壮絶な印象ですが、口元は少し笑っているように見え、良い表情をされていました。

それにしても、素手で撫でられるだけでこんなにすり減るものなのだ(木造なのに)と驚かされます。

善光寺はご本尊が絶対秘仏、拝見することすら許されないので、「何かありがたいものを見たい」という人々の欲求に、ご本尊の分まで、こちらのびんずる尊者さんが応えているようにも思います。

よく「人間関係はギブ&テイクだ」なんて言いますけど、びんずる尊者さんのすり減った身体を観ていると、「ギブ&ギブ&ギブ……与えて与えて与えるのだ」というような雰囲気を感じました。

実際は、びんずるさんを撫でたからといって(精神的な効力はあるにせよ)病気などがコロッと治るわけではないでしょう。

でも、一つ言えるのは、撫でた後、みんな笑顔になっていた、ということ。

「あー、膝も腰もお願いしなきゃ」と肩や腰を撫でまくるご婦人たちも。
「私、視力悪いから!」と目のあたりを撫でていた女子中学生も。

みんな、びんずる尊者さんに触れた後は笑顔になっていました。

仏像好きとしてはこの光景、ちょっと感動です。

広告- - - - - - - - - -

 

(参考)賓頭盧(びんずる)尊者の過去

お釈迦さまの弟子だったびんずる尊者さんですが、善光寺でも外陣に置かれているように、お寺での待遇は決して高くない模様。

というのも、とある逸話が仏典に残されているそうです。

ごく簡単にまとめますと、「神通力を人々の前でひけらかしてしまい、師匠のお釈迦さまから追放の罰を与えられた。俗世に残り、善行をするように命じられた」らしいです(詳細は以下引用をご参照ください)。

  王舎城(古代インドのマガタ国の首都)のある長者が、木鉢を竿の先に吊して高く掲げ、「神通あるものはこれを取れ」といった。名だたる行者ら(六師外道)が試みるも徒労に終わった。これを大石の上で眺めていた賓頭盧は、同じ仏弟子の目犍連にそそのかされ、坐した大石とともに空中に躍り上がり王舎城の上を巡ったのち、やすやすと鉢を取って長者の家に下ったという。
 この神通に長者は大喜びだったが、釈迦は「神通で凡俗の歓心を買うなど修行者のすべきことではない」と賓頭盧を戒めた。そして、「汝は我(釈迦)に随うことも涅槃に入ることもできぬ」とし、永く俗世にとどまり、世の大福田(善き行為の種を蒔く者)になるよう命じたという。

本田不二雄『ミステリーな仏像』(駒草出版・2017)p.136

 

追放の形をとっていますが、びんずるさんは説法が上手だったので、その腕を見込んで、お釈迦さま亡きあとの布教を託した、という考えかたもあるようです。

このような追放エピソードによって、びんずる 尊者さんは外に置かれたり、外陣に留まっているらしい。

過去を知った上で、びんずる尊者像を前にすると、いっそう愛おしいというか、人間味が感じられて、親近感さえ沸くのでした。

(参考文献)

ミステリーな仏像

ミステリーな仏像

 

 

本堂外陣の東側には閻魔さまも

本堂の外陣には閻魔さまも安置されています。

人は亡くなると、10人の王様(裁判官)に生前の行いを裁かれるといいますね。
10人の王様(十王)のうち、最も有名なのが閻魔王。

赤いお顔の閻魔さまを中心として、左側に4人、右に5人の王様が並んでいます。
閻魔さま以外の王様は少しお身体が小さいので、ちょっとお雛様っぽい印象でした。

ちなみに、閻魔さまの「嘘を映し出す鏡」をイメージした大鏡が本堂内陣にあるのだとか(私は見逃しました……)。


赤いお顔の閻魔様がモチーフになった手ぬぐいを即買い。

黒字に赤色の閻魔王がプリントされた手ぬぐいの画像

赤いお顔の閻魔さまモチーフの手ぬぐい


閻魔様の表情が素敵です。
気が引き締まるような、癒されるような。

ただ、こちらの手ぬぐい、参拝用(参拝時に肩にかけたり、頭に巻いたりする)のようなので、実用性はいまいちかも…。
全面にプリントがされているせいか、吸水性が普通の手ぬぐいよりは劣ります。
それでも裏返して使用していますが。


このあとは本堂の内陣・内々陣へ。

>>>善光寺 本堂内々陣 - 漆黒の暗闇で「極楽の錠前」を探り当てるお戒壇めぐり

 
善光寺ざっくり全体紹介記事
>>>◆善光寺 - かつて「一生に一度は善光寺詣り」と言われていたことも納得の大寺院

広告- - - - - - - - - -