仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【長野】善光寺 境内の不思議なものたち - 牛とか迷子郵便供養塔とか

善光寺境内で印象の残ったちょっと不思議なものたちを紹介していきます。

広告- - - - - - - - - -

 



善光寺と関わりが深い動物、牛

牛に引かれて善光寺参り(案内所)

駒返り橋を渡ってすぐのところにある案内所に牛さんがいます。

f:id:shishi-report:20180821125112j:plain

牛に引かれて善光寺参り

f:id:shishi-report:20180821125249j:plain

案内所の牛

なぜウシか、と言いますと、こんな話が残っているから。

昔、あるおばあさんが川に布をさらしていると、牛が持っていってしまった。牛を追いかけているうちに気づいたら善光寺まで来てしまった。布は善光寺の前にあり、牛は仏様の化身だった、というお話です(パネルの説明書きを簡単にまとめました)。

このエピソードがもとになっていると思しき手ぬぐい、売店(山門をくぐって右手にある)で売っていました。

善光寺の売店前に飾られていた手ぬぐいを撮影した画像

牛がモチーフになっている手ぬぐい
乳牛親子 善子さん、光子さん像

f:id:shishi-report:20180909232647j:plain

善子さんと光子さん

忠霊殿・史料館の近くで発見した、牛の親子。

「牛にひかれて善光寺詣り」にちなんででしょうか、森永乳業さんが寄贈したらしいです。樹脂製らしい。
ちょっとほっこりしますね。

迷子郵便供養塔

迷子郵便!?
そのネーミングから物語性とかファンタジー的要素を感じ取ってしまったので、見に行ってみたのですが…。

f:id:shishi-report:20180909233752j:plain

迷子郵便供養塔

な、なるほど。
そうですよね、供養塔ですもんね。
勝手に独創的なモノを想像してしまったので、肩透かしをくらいました(反省)。

f:id:shishi-report:20180909234816j:plain

迷子郵便供養塔 縁起

配達することも返送することもできない郵便のための碑。
配達も返送もできないって、切ないですね。まさに迷子郵便。
年間180万通もあるそうです。
迷子郵便の内訳はどうなっているのだろう、と気になってしまったのでした。

 

漂流郵便局: 届け先のわからない手紙、預かります

漂流郵便局: 届け先のわからない手紙、預かります

 

広告- - - - - - - - - -

 



善光寺のほかの記事

・善光寺全体案内>>>◆善光寺 - かつて「一生に一度は善光寺詣り」と言われていたことも納得の大寺院 

 
・善光寺を運営しているお寺(大勧進・大本願)もけっこう見るところがある

shishi-report-2.hatenablog.com