仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】不空院の仏像 - 白鹿を伴う不空羂索観音

不空院の全体案内(拝観レポ)は(>>>◆不空院 - 〈特別拝観〉不空羂索観音と宇賀弁財天女/縁切り・縁結びにも

広告- - - - - - - - - -

 



不空院 本堂の仏像

※春と秋の特別拝観時期のみ、拝観可能です。

不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)

不空院の不空羂索観音 (拝観リーフレットより)

不空院のご本尊は、不空羂索観音(詳しく>>>不空羂索観音とは? )。
羂索という投げ縄で全員救うので「不空(空しからず)」というお名前です。

お像の前に白い鹿

不空院の不空羂索観音像に特徴的なのは、お像の前に鏡と白い鹿が控えていること。

不空院の参拝リーフレット

白鹿

なぜかというと、不空院の不空羂索観音は、タケミカヅチノミコト(春日大社にいる四の神様のうちのお一方)が変身した姿とされているから。

春日大社にいるときは神様ですが、鹿に乗って不空院にやって来ると、不空羂索観音の姿に変身するのだそうです。

像容・持ち物

不空羂索観音の基本的な特徴を確認できました。

羂索(投げ縄)を持つ

羂索


・お顔一つ、目が三つ、腕が八本



鹿皮(ろくひ)をまとう
開いた蓮華(今まさに悟りを開いたことを表現)
・他の持ち物は、錫杖、払子、数珠

ほおがふっくら、下唇も厚めで、若々しいお顔です。

鑑真と空海

須弥壇の左右には鑑真と空海のお像。

こちらは鑑真さん。
不空院は鑑真の住居があったとされる場所なので、ご縁が深いのですね。

鑑真和上像(拝観リーフレットより)


また、空海も足跡を残しています。
不空院の八角堂は、興福寺の南円堂のモデルとして建てられたそうで、そのときに空海も出入りしていたようです。

空海にちなんで、不空院は「福井(旧土地名)之大師」と呼ばれることもあるそう。

小ぶりですが、空海のお像は金剛杵を持っているのを確認できました。

観光的にはさほど有名ではない不空院ですが、仏教の歴史としてはかなり重要なお寺です。

広告- - - - - - - - - -

 



不空院のほかの記事

開扉日が少ないですが、宇賀弁財天のおられる鎮守堂もぜひお参りください。
(後日更新予定)

・不空院 全体ガイド(拝観レポ)

shishi-report-2.hatenablog.com