仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術館など、見たもの感じたことの記録

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】般若寺② - 秘仏白鳳阿弥陀如来・その胎内から発見された小さな仏像も精巧

 

 

 

般若寺では、春(4月29日~5月10日)と秋(9月20日~11月10日)に、秘仏が公開されます。

11月初旬に秘仏を拝観したときの記録です。

(公開日程など、変更の可能性もありますので、お出かけの際は公式ウェブサイトをご確認ください)

http://www.hannyaji.com/



宝蔵院

秘仏を拝観できるのは、般若寺境内北側にある宝蔵院。

f:id:shishi-report:20191106005108j:plain

般若寺 宝蔵院へ

こちらの門をくぐって左手に建物の入口があります。

入口には銅鑼(?)が置かれ、「拝観される方は鳴らしてください」的なことが書いてありました。

鳴らしてみると、「はーい」という感じの良い声と共に厳かに開く扉!

一瞬自動ドアかと思ったのですが、中から受付の方が手動で開けてくれるしくみ(こういう、素朴なおもてなし的心遣いがあたたかい)。

受付にて200円を納めました。
展示について簡単に説明してくださいます。

秘仏白鳳阿弥陀如来立像と胎内仏三尊

聖武天皇が十三重石宝塔を建てた当時に、塔に奉納された阿弥陀如来。

聖武天皇のひいおばあさんにあたる持統天皇の念持仏(身近に置いて礼拝するための仏像)だったのではないか、とのこと。

f:id:shishi-report:20191106005743j:plain

白鳳阿弥陀如来 パンフレットを撮影したもの



昭和39年の大修理のときに、塔の五重目から発見されたそうです。
800年もの間、あの石宝塔内にいらっしゃったんですね。

石宝塔に守られていたからでしょうか、状態がとても良好です。
(残念ながら金の鍍金(めっきのこと)ははがれてしまっていますが)

まず目につくのは手の大きさ。
親指の付け根がとてもふっくらしています。

頭も大きいので、なんとなくかわいらしいフォルム。
女性の念持仏だったというのも納得がいきます。

衣文に施された複連点紋も見事。

さらに驚いたのは、この白鳳阿弥陀如来さんの台座から、3体の仏像が発見されたこと。

念持仏なので小さめのお像なのですが、さらに3体も内包しているなんて!

f:id:shishi-report:20191106011402j:plain

胎内仏三尊


実物を拝観しましたが、とても小さいです(地蔵菩薩 9.8 cm、大日如来 5.2cm、十一面観世音菩薩 11.8 cm ※いずれも台座も含めた総高)。

とくに大日如来さんの小ささといったら!
キーホルダーとかストラップについていそうなほど小さい。
なのに! ものすごく精巧なのです。

どうやったらこんなに小さいものを、こんなに精巧に彫れるのでしょうか。
彫刻を習っていたことがあるのですが、小さいものを彫ろうとすると必ず手を切ってしまっていました。
きわめて簡単な構造物でもむちゃくちゃ難しかったので、もはや想像がつきません。

まぁ、その時代の「天才」と呼ばれる人が彫ったのでしょうから、素人が難しさを想像するのはナンセンスかもしれませんが。

どんな職種であれ「良い仕事」は時空を超えて、人を感動させることができるのだなあ、と思います。


他の宝物も非常に魅力的

白鳳阿弥陀如来と胎内仏三尊が宝蔵院のメインではありますが、横のほうにサラッと展示してあるものも結構興味深いです。

焼けあみだ

平安時代に造られたお像。
かつて境内に存在した阿弥陀堂のご本尊だったのでは、とのこと。
たびたびの火災で一部焼損しているものの、お身体は残りました。

こういう、ピンチを逃れてきた系の仏像(まあ、古い仏像はすべて、何らかの危機をかいくぐってきているのですけど)って、強運な感じがして良いですよね。
エピソードを知ると親しみもわきますしね。

我々人間とて、長く生きていればいろんなことがあり、それなりに苦労してつつ生き抜いているわけですから、多かれ少なかれ共感を覚えるのかな。

ホルマリン漬けの四天王

痛みがひどいため、ホルマリン漬けになっている四天王も展示されていました。

ほぼ粉々、というレベルまで痛んでしてまっている部分もありましたが、胴体など、はっきりと「四天王」とわかるほど残っている箇所もありました。

予算の都合?でしょうか、今は修理ができないとのこと。
修復するにしろ、結構大変そうだなあという感じがしました(あくまで素人的な見た目ですが)。

修復されたお姿を拝見するのを楽しみにしています。

最勝老人の手と優填王の剣

別記事にも記載しましたが、かつて般若寺には、巨大な文殊菩薩騎獅像とお付きの四従者(たぶん)がおられました。

たびたびの火災で焼失してしまいましたが、最勝老人(さいしょうろうじん)の手首と、優填王(うてんおう)の太刀は残っていて、宝蔵院に展示されています(宝蔵院に入って左手のスペースです)。

最勝老人の手は、血管が浮き、爪が尖っていて、まさに「何か不思議な力のある老人」を思わせるものでした。
手だけでも意志を感じるような、リアリティがあります。

優填王の太刀はその長さにも驚きますが、重量感を感じる造形。

全体像を想像せずにはおれませんでした。
(見たかったなあ……焼けてしまってるので仕方ないですが)


余談

完全に余談で、仏像など関係ないお話です。

宝蔵院に入った瞬間、頭上から「ブーン」という羽音が。
首を捻じ曲げて見上げると、それはもう、大きな大きな蜂が!!
セミが二匹くっついたくらいの大きさなんです(誇張ではありません! 検索してみたところ、オオスズメバチだったのではないかと)。

オオスズメバチ (メタルキットシリーズ)

オオスズメバチ (メタルキットシリーズ)

 

 
幸い、11月ということもあってかおとなしく、攻撃してくる気配もなかったのですが……念のため受付の方にお伝えし、適切に対応していただきました。

それにしてもあの大きさには驚きましたね。

お寺は自然が残っているところが多いですし、できる限り殺生はしない方針でしょうから、蜂をはじめ、いろんな虫がいますよね。

念のため、夏から秋の参拝時は、(蜂が攻撃してきやすい)黒っぽい服装を避けることをおすすめします。
あと、夏場は蚊も多そうなので、虫よけ対策も忘れずに。
(お寺に限らず、自然の多いところに行く場合全般にいえることですが)


おわりに

般若寺の全体的な印象は「随所に心配りを感じるお寺」でした。

参拝に来た人に少しでも楽しんでもらおう、というような雰囲気が、境内のそこかしこで感じられました。
かといって、商業主義に走っているわけでもなく、どちらかというと素朴で、まさに「心遣い」という言葉がぴったりなお寺だな、と思いました。

「自分たちにできることを、一生懸命やる」
そういう姿勢を(勝手に)感じました。
いろんなお寺を訪ねていると、それぞれにカラーがあって面白いですね。

般若寺は、季節ごとにいろんなお花も見ることができますので、花好きの方にもかなりおすすめです。


通常拝観(宝蔵院以外)の様子はこちらの記事をご覧ください。

shishi-report-2.hatenablog.com

 




広告