仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】◆十輪院【記事一覧】- 小規模ながら本堂は国宝、珍しい構成の石仏龕も必見のお寺

十輪院(じゅうりんいん)ってどんなお寺?

十輪院本堂を撮影した画像

十輪院 本堂(国宝)

十輪院の特徴

・元は元興寺(がんごうじ)境内の一部
・本堂は国宝
・建築家ブルーノタウトが「奈良に来たらまずココ!」と著書でおすすめしたらしい

十輪院の見どころ

・平安時代の住宅様式をしのばせる本堂
・釈迦、地蔵、弥勒が並ぶ珍しい構成の石仏龕(せきぶつがん)
・五劫思惟阿弥陀如来像

十輪院 拝観レポート

本堂(国宝)

十輪院本堂を撮影した画像

十輪院 本堂

石仏龕(地蔵菩薩など)を拝むために建立された礼堂だそうです(鎌倉時代前期)。

・蔀戸(しとみど)
・軒や床が低い
・屋根の反りが少ない
など、平安時代の住宅形式が残っているということで、国宝指定されています(昭和30年頃の修理で平安~鎌倉当時の形に戻ったことで、国宝になったそうです)。

※本堂内に入るには拝観料が必要です。

本堂内 石仏龕

十輪院の石仏龕を描いた図

十輪院 本堂 石仏龕

詳しい感想は>>>十輪院 石仏龕 - 釈迦・地蔵・弥勒(過去・現在・未来)が並ぶ神秘的な空間

 

五劫思惟阿弥陀如来像

五劫思惟阿弥陀如来像のイラスト

五劫思惟阿弥陀如来像 イメージ

本堂の脇のほうに、五劫思惟阿弥陀如来像がしれっと安置されています。

五劫思惟阿弥陀如来像はあまり作例が多くない(あるいは、拝観日が限られている)ので、常時拝観できるのは貴重。

境内の様子

南門

十輪院の南門を撮影した画像

南門

南門をくぐると、正面に本堂です。

お庭

小規模のお寺ですので、境内は広くはありませんが、静かでホッとできる場所です。

十輪院境内の池を撮影した画像

小さな池も

手前に池、奥に本堂が写っているがぞう

池越しに本堂方面をのぞむ

十輪院境内の休憩所を撮影した画像

休憩所?
石像

お庭にある石像はすべて鎌倉時代のもの。

十輪院境内の愛染曼荼羅の石の画像

愛染曼荼羅

十輪院境内の春日曼荼羅石がおさめられたお堂を撮影した画像

春日曼荼羅石

十輪院境内の十三重石塔を撮影した画像

十三重石塔

十輪院境内の不動明王石像を遠目に撮影した画像

不動明王石像

 


広告  

拝観時間・料金

午前9 : 30~午後4:30
休み:月曜日(祝日の場合は火曜日)、12/28〜1/5、1/27〜28、8/16〜31
大人 500円

アクセス

徒歩の場合

JR奈良駅から25分程度(近鉄奈良駅からだと17分程度)。

★JR奈良駅からのおすすめの行き方(街並みを楽しめて、かつ、わかりやすい版)
・三条通りを直進、猿沢池を過ぎたら南下。
・(途中、元興寺にも寄ることができます)
・元興寺を過ぎて、最初の十字路を東に少し行ったところです。

バスを使用する場合

JR奈良駅より奈良交通バス市内循環内回り(11番のりば)に乗車。
田中町バス停下車、北東へ徒歩三分


広告  

周辺の施設情報

・境内のあちこちに鬼がいる元興寺

shishi-report-2.hatenablog.com

 
・旧大乗院庭園

shishi-report-2.hatenablog.com


広告