仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】西大寺 愛染堂 - 小像ながらインパクト大の愛染明王像(秘仏のため通常拝観できるのは代わりの像となります)

西大寺全体案内>>>【奈良】◆西大寺【境内案内】- 静謐な空気のなか、心ゆくまで仏像を眺められるお寺

西大寺 愛染堂(あいぜんどう)

f:id:shishi-report:20190714015429j:plain

愛染堂

愛染明王坐像

愛染堂の名の通り、愛染明王がご本尊です。

ただし、愛染明王は秘仏なので、通常拝観できるのは御前立ち(代わりの像)。
秘仏のお姿を拝める期間は、1月15日~2月4日、10月25日~11月15日(念のため、お出かけ前に公式ウェブサイトをご確認ください)。

f:id:shishi-report:20190714014328j:plain

愛染明王坐像 (2017年 西大寺展 パンフレットを撮影したもの)

上の写真は、2017年の「西大寺展」のパンフレットを撮影したものです(もとの画像は奈良国立博物館提供と記載あり)。 

パンフレットの写真を見ると、すごく大きい感じがしますが、実際はわずか一尺(34 cm 程度)の小さな仏像。

御前立ちは秘仏(の写真)よりも黒ずんでいるような印象でした(秘仏の代わりに外に出ているから当然なのかも)。


興正菩薩叡尊(こうしょうぼさつえいそん)座像

愛染堂内の左手には興正菩薩叡尊坐像。

こちらは、叡尊さんが80歳を迎えられたとき、弟子たちが仏師善春に造らせた寿像(長命を祝って生前につくられる肖像)だそうです。

f:id:shishi-report:20190714014809j:plain

興正菩薩叡尊坐像 (2017年西大寺展パンフレットを撮影したもの)



後に像内から出た書類によれば、数千人の弟子が寄付などして関わったのだとか。
叡尊さん、ものすごく尊敬されていたのでしょうね。

少し調べてみたところ、叡尊さんは
・100以上のお寺を立てたり修復した
・貧民の救済に奔走した

らしいです。

貧しい人、けが人や病人などは、文殊の化身と考えていたそうで、そういう人たちにことごとく手をさしのべたのだとか。

「布施屋」なる、療養所のようなものをたくさん建て、面倒をみたとか(現在のデイサービスのはしりともいえるとのこと)。


自分のことだけで精一杯な自分を反省しますが、反省するだけの私です(トホホ)。

広告- - - - - - - - - -

 




西大寺のほかのみどころ

・本堂

shishi-report-2.hatenablog.com


・四王堂

shishi-report-2.hatenablog.com

西大寺もくじページへ

shishi-report-2.hatenablog.com