仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】新薬師寺 - 十二神将に守られし薬師如来

新薬師寺の仏像

新版 古寺巡礼奈良〈10〉新薬師寺

- - - - - - - - - -
広告

 

本堂外観

f:id:shishi-report:20180620103328j:plain

本堂

こちらの本堂、なんと奈良時代の建物。

新薬師寺は、かつてはとても大きなお寺だったそうですが、災害などで失われ、唯一残ったのが、現在の本堂だそうです。

こちらから入りました。

f:id:shishi-report:20180620103359j:plain

本堂入口

お堂内は暗いのですが、仏像を照らす照明は妙に明るくて、華やかなステージのようでした。

中心に薬師如来、その周りを囲むように十二神将たちが配置されています。

薬師如来坐像

f:id:shishi-report:20180620104252j:plain

薬師如来 パンフレットより

ふくよかな薬師如来さん。
座った状態でも2メートル近くありますので、包容力を感じます。
奈良~平安時代初期の作のようです(国宝)。

表情にも愛嬌があるというか、親しみを覚えるお顔。

如来や菩薩って、半眼(目を半分閉じている)のことが多いのですが、新薬師寺の薬師如来は半眼ながらもパッチリ系ですね。

昔はお医者さんもいなかったので、病気になっても祈るしかなかったそう。
そんなときにこの薬師如来さんのお顔を見たら、やっぱりホッとしただろうな、と思うのでした。

十二神将(じゅうにしんしょう)立像

f:id:shishi-report:20180620104407j:plain

薬師如来十二神将 パンフレットより


薬師如来を囲む十二神将も有名です。

現代風に言うなら、「薬師如来をお守りする12レンジャー」といったところでしょうか。

日本最古で最大の十二神将(国宝、奈良時代、一体は補作)。
塑像(そぞう)という、粘土で作られた彫刻です。
現在は着色がほぼはがれていますが、完成時はかなり華やかな色味だったようです。

まぼろしの色彩を追って~奈良新薬師寺 天平のバザラに会いたい~ [DVD]


12の方角を守っているので、十二支と結びついてもいます。
自分の干支担当の大将は要チェックです。

メンバーは
・バザラ大将(戌)
・アニラ大将(未)
・ハイラ大将(辰)
・ビギャラ大将(子)
・マコラ大将(卯)
・クビラ大将(亥)
・ショウトラ大将(丑)
・シンダラ大将(寅)
・サンテラ大将(午)
・メイキラ大将(酉)

(新薬師寺公式webサイトを参照しました)

新薬師寺 公式ホームページ 十二神将



護衛中なので、みなさん厳しい表情です。

自分の干支の担当である大将の前にロウソクを立て、ご挨拶しました。

 

新薬師寺 全体ざっくり案内

- - - - - - - - - -
広告