仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術館など、見たもの感じたことの記録

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】杉山古墳 - 五世紀後半の前方後円墳(大安寺近く)

 

 

f:id:shishi-report:20200117134455j:plain

杉山古墳

 

アクセスなど

杉山古墳は、現在の大安寺より少し北側(旧大安寺境内)にあります。

JR奈良駅からですと、歩いて20分程度。
バスの場合は、「大安寺」バス停で下車して西へ600mです。

開園曜日・時間は
火・木・土・日曜日の午前9時~午後5時
 (月・水・金曜日、および1月1日~1月3日は閉園)

となります。

念のため、お出かけ前に奈良市のサイトもご確認ください。

史跡大安寺旧境内 杉山古墳・杉山瓦窯跡群 - 奈良市



杉山古墳

歩いているうちに、杉山古墳の入口が見えてきました。

f:id:shishi-report:20200117135007j:plain

杉山古墳 入口の様子

古墳に通じる道も整備されています。

f:id:shishi-report:20200117135251j:plain

古墳に向かう

訪れたときは9月でしたので、「スズメバチに注意」の看板が出ていました。
これだけ緑があればそりゃいるよなあ、と。
警戒しつつ、静かに歩を進めます。

広場っぽいところに出ました。

f:id:shishi-report:20200117135343j:plain

広場に出た

上の写真の左側が杉山古墳です。
パッと見た感じは、ただ木々が生い茂っているように見えてしまいますが……前方後円墳です。

 

前方後円墳とはなにか (中公叢書)

前方後円墳とはなにか (中公叢書)

  • 作者:広瀬 和雄
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/12/17
  • メディア: 単行本
 

 


杉山古墳はなんと、5世紀後半に作られたものだとか!
誰が埋葬されているかなどは不明だそうです。

このあたりの古墳の多くは、平城京をつくるときに潰されてしまったので、残っているのは珍しいみたいです。



前方後円の「円」あたりを撮影してみると

f:id:shishi-report:20200117135642j:plain

前方後円墳

土が盛り上がっているのはわかりますね。

上空からの写真を見ると、前方後円墳であることがなんとなく確認できます(グーグルマップさんありがとう)。





古墳って、上空から見ないと「おお!」となりにくいのが観光資源としては難しいところですよね。

大規模のものなら、展望台的なものを設置するという手もあるのでしょうが、中・小規模のものだと難しそうです。
(2019年に世界遺産登録された百舌鳥・古市古墳群では、展望台建設は中止となり、気球を飛ばす案が検討されているのだとか)


杉山瓦窯跡群

公園内には、杉山瓦窯跡群もあります。
下の写真の中央にぽつねんと写っている建物が見学施設です。

f:id:shishi-report:20200117142253j:plain

杉山瓦窯跡群


平成5年の発掘調査で発見。

奈良時代末期~平安時代にかけて、大安寺の修理に使う瓦を焼いていた窯のようです。
全部で6基の瓦窯があるらしいのですが、見学施設となっているのは2号窯だそうです(復元)。

f:id:shishi-report:20200117143141j:plain

見学施設



f:id:shishi-report:20200117142754j:plain

瓦窯の様子

燃焼室、焼成室、煙道から成っているらしいのですが、どこがどれに該当するのか、詳しい説明パネルなどもなかったので、よくわからずじまいでした。


おわりに

5世紀後半の古墳、奈良時代末期の瓦窯など、かなり貴重な史跡だと思います。
が、正直なところを言えば、ちょっと地味かなー(古墳好きでない限り)。

素材を生かしきれていない感じもしますが、じゃあどうしたらいいんだと問われると難しいところですね。


近くに大安寺がありますので、そちらとセットで見学するのが満足度的にもベストかな、と思います。

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 




広告