仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術館など、見たもの感じたことの記録

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】東大寺ミュージアム - ぽっちゃりぎみの千手観音と日光・月光菩薩

奈良観光では外せない東大寺。
私が仏像に興味を持ったきっかけのお寺の一つでもあります。

大仏殿の巨像(舎那仏、四天王)や、運慶・快慶作の仁王像は何度見ても驚いてしまうくらい素晴らしいですね。

大仏殿のインパクトが尋常でないので、あまり注目されていないかもしれませんが、境内には「東大寺ミュージアム」もあります。

f:id:shishi-report:20190711002847j:plain

東大寺ミュージアム


東大寺に来るのは数度目、という方にはこの東大寺ミュージアムをゆっくり観るのがおすすめ。

東大寺初訪問、という方はサラッと見学するくらいのスタンスでよいかと思います。
私は東大寺初訪問の際に、東大寺ミュージアムも合わせて拝観したのですが、疲れてしまい、結局あまり覚えていなかったので。

東大寺ミュージアムのみどころ

入館してすぐ、東大寺縁起の映像が上映されていました。
こういった映像の類って、時間がないときはすっとばしてしまいがちですが、じっくり観るとなかなか興味深いです。

大仏の建立には当時の日本人の約半数が関わったとのこと。
ということは、自分の先祖が関わった可能性も大いにある。
そう思うと、より親しみがわきますね。


東大寺の彫像

仏像好きとしてはこのエリアは必見。

メインの展示スペースには、千手観音立像を中心に、両脇に日光・月光菩薩、さらにその両脇に持国天と多聞天が並んでいます。

館内は撮影禁止ですが、建物外壁に千手観音と日光・月光菩薩の写真というか看板?が貼られていましたので、ご参考までにそちらを撮影したものを。

f:id:shishi-report:20190711003421j:plain

東大寺ミュージアムの外壁より

 


千手観音

造られたのは平安時代(9世紀)、木造です。

f:id:shishi-report:20190711003538j:plain

東大寺ミュージアムの外壁を撮影したもの


お顔がぽっちゃり、縦横無尽に延びる手もふっくら。

私が観てきた千手観音のなかでは、もっともふくよかかもしれません。
ふくよかでありつつも、女性的というほどでもないのは、肩幅が広くて胸板が厚いからでしょうか。

このフォルムのせいか、どこか安心感を与える仏像ですね。

(参考記事) 他の千手観音

 

 

 

日光菩薩と月光菩薩

こちらは木造ではなく、塑造(8世紀)。
もとは梵天&帝釈天として造られたのではないか、ということでした(パネル説明より)。

f:id:shishi-report:20190711003942j:plain
f:id:shishi-report:20190711003953j:plain
日光菩薩と月光菩薩


写真(建物外壁を撮影したもの)を見ると、すました表情に見えますが、実際に拝見すると、お二方ともほほえんでいるように見えました。つられてこちらもほほえんでしまいそうなほど。
(館内では少し見上げるような配置になっているからでしょうか。あるいは、彩色の具合でそう見えるのか。そもそも私のテンションが上がりすぎていたのか)。

ともあれ、見ていると心が大変落ち着いてよいです。


その他

・持国天と多聞天
千手観音、日光・月光菩薩の両脇に配置されています。
かなりガッチリしています。
顔の輪郭からして、強そうですよね。

f:id:shishi-report:20190711004238j:plain

パンフレットを撮影したもの

・誕生釈迦仏立像
ブッダが摩耶夫人の脇から生まれてすぐ、天を指して「天上天下唯我独尊」と言ったという逸話を表した仏像ですね。

簡単にまとめてしまうと、「赤ちゃん時代のブッダ」なわけですが、仏像めぐりをしているとかなりよく見かけるスタイルです。

f:id:shishi-report:20190711004732j:plain

パンフレットを撮影したもの


赤ちゃんだから手がムチムチしていますね。
そして表情がとても良い(赤ちゃん離れしていますが……)。

あくまで個人の勝手な妄想ですけど、「幸せになりたい人、ここに集合~」とおっしゃいそうです。


おわりに

大仏殿は混雑していますが、こちらの東大寺ミュージアムはかなり空いています。

また、空調が効いていますので、夏場の旅行の際には、ひと休憩も兼ねて見学されてはいかがでしょうか(無料で入れる休憩スペースもあります)。


ちなみに、ミュージアムの外壁には大仏さまの手のレプリカも(確か大仏殿内にもあったと記憶していますが)。

手のひらの上に寝っ転がって、昼寝でもできそうな大きさです(※実際に乗ってはいけません)。

インスタ映えを狙ってか、結構写真を撮っている方もいました。

f:id:shishi-report:20190711010458j:plain

大仏さまの手(レプリカ)