仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【イベント】なら燈花会(2022)- 興福寺会場と浮雲園地会場の様子

なら燈花会(とうかえ)2022 の写真

2022年燈花会興福寺会場・浮雲園地会場の様子を紹介します(ほぼ写真だけ)。

浮見堂などほかの会場については>>>2019年なら燈花会 - 混雑時は春日野園地会場がおすすめをご覧ください。

広告- - - - - - - - - -

 



興福寺会場

南円堂側から五重塔に向かって

南円堂側から五重塔方面へ

東金堂(とうこんどう)

東金堂

燈花会シーズンは東金堂の夜間拝観が可能になるので、お堂にも灯りがともっています。
美しく、安心できる雰囲気にボーっとなってしまいました。

五重塔

東金堂前から五重塔を見上げる

東金堂前から五重塔方面を見上げる。
美しすぎてほんとにもう、ずっとここにいたい気持ち。
(しゃがんでいたので足がしびれてきたけれど)

国宝館

国宝館に向かう道

国宝館への道も、ロウソクの灯りにともされていて、幻想的でした。


浮雲園地会場

広いので、土日祝などの混雑時にはとくにおすすめ。

浮雲園地会場のようす
石あかりの小径

浮雲園地会場の東大寺側の通路では「石あかりの小径」がきれいでした。

石を使ったアートランプ、という感じでしょうか。

石あかりの小径

広告- - - - - - - - - -

 



おわりに

3年ぶりの開催となったなら燈花会。
2022年は、コロナ流行がまだ尾を引いているためか、コロナ以前に比べると混雑は抑え気味だったように感じました。

見る側にしてみれば、「これくらいの人出でちょうどいい」ような気もしつつ、「とてもきれいなのでもっと見てもらいたい」気持ちもあり、という2022年燈花会でした。

〇2019年の様子

shishi-report-2.hatenablog.com