仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】矢田寺のあじさい庭園 - 体が埋もれるほどに咲き誇る、想定外のボリューム感

矢田寺 あじさい大庭園

あじさいのボリューム感に大満足

 

矢田寺の境内には約60種、一万株のあじさいが植えられています。

なぜあじさいかというと、矢田寺のご本尊である「お地蔵さま」と関係が。

お地蔵さまは、釈迦如来が亡くなってから弥勒菩薩が登場する未来(56億7千万年後!)までの間、この世を任されている存在(参考>>>地蔵菩薩とは? - 如来のいない時代を任された救済者 )。

お地蔵さまはさまざまな姿に分身するので、雨によって色を変えるあじさいと似たところがあるわけですね。

境内のあちこちに咲き誇るあじさいがとても美しく、それだけでも目の保養なのですが、回遊式のあじさい大庭園は本当にすごかった……。

正直、ここまでとは予想していなかったので、驚きました。

では、さっそく、散策していきます。

広告- - - - - - - - - -

 





回遊式 あじさい大庭園 入口

大庭園入口

順路に従って歩き始める

順路沿いに咲き誇るあじさい

隙間がないほどに連なるあじさい。

水色、青、青紫、赤紫、濃い紫、ピンク、白……色とりどりで幻想的、うっとりします。

滑りやすい場所があるので注意

小高い場所にもあじさい

上の写真のように、少し小高いエリアもあり、飛び石になった階段を昇っていく場所もありました。

ただでさえ足場が不安定な上、地面が湿っているとすべりやすいので要注意。
写真を撮るのに気を取られていると、本当に危ないです。

私が行ったときは晴れていたのですが、午前中の雨ですこし足元が湿っており、1回ガチ転倒しそうになりました(雨天対応の靴だったのにも関わらず)。

私の前にたまたまいらした方も、何度か滑りそうになっていました(ニューバランスのスニーカーにも関わらず!)。

ラバーなどの滑らないソールのほうが安心かもしれません。

見渡す限り、あじさい

奥のぽつぽつとした花もあじさい

写真の奥のほうの、ぽつぽつと咲いているのもあじさい。
衝撃的なボリューム感です。

枝の向こうにもあじさい。

枝の向こうにもあじさいが広がる

あじさいをかきわけながら歩くというレアな経験

あじさいが道にはみ出している

進んでいくと、あじさいがどんどん道に張り出してきます。

もはや、あじさいのアーチ。

階段でもあじさい

のびのびと咲くあじさい

あじさいが進路をふさぎ始めた。

あじさいロード

あじさいをかきわける

この辺までくると、手であじさいをかき分けながら進むような状況でした。

自分の背よりも大きいものもあるので、あじさいに埋もれるような感覚。
非日常的な気分に浸れました。

出口が近づいてきました。

出口方面へ

どのくらいじっくり見るかにもよるのでしょうが、私はここまで15分程度かかりました。

あじさいは寄っても美しい

色がきれいすぎる

 

まだ咲きかけだけど、かわいい

ちなみにこちらは庭園内ではなく境内出口で撮影したものですが、濃い色調の紫も。

濃い紫もきれい

広告- - - - - - - - - -

 



混雑具合について

閉門に近い時間帯のほうが空いている傾向がありそうです。
私は平日の15時すぎにお寺に到着、先に本堂や閻魔堂にお参りした後(16時すぎ)あじさい大庭園に向かいました。

それでも、前を歩く方々の写真タイムを待ちながら(&その隙に自分もカメラ構えるのでストレスにはならない程度)の散策でした。

道幅が狭いところがあり、足元もすべりやすいので、土日などは混雑も相まってけっこう歩きづらいだろうと思います。
可能なら平日夕方がおすすめ。

開花情報は公式サイトで

本記事は2022年6月中旬の様子です。

品種によっては7月に入ってから色づき始めるものもあるそうで、あじさい園はけっこう長い間楽しめるようです。

また年によって時期が少し前後しますので、リアルタイム開花状況は公式サイトでご確認ください。
公式>>>矢田寺 あじさい寺

矢田寺 ほかの記事

・本堂特別拝観>>>矢田寺 本堂の仏像 - 「試(こころみの)地蔵菩薩」は地獄で会った地蔵菩薩を満慶上人が再現しようとしたお像 

・閻魔堂>>>矢田寺 閻魔堂 - 地獄裁判のようすを垣間見た気分に

 

・全体案内

shishi-report-2.hatenablog.com

 

広告- - - - - - - - - -