仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】矢田寺 閻魔堂 - 地獄裁判のようすを垣間見た気分に

矢田寺全体>>>◆矢田寺(金剛山寺)【境内ガイド】- お地蔵さま信仰発祥地のひとつ・体が埋もれるほどに咲き誇るあじさい

 

矢田寺 閻魔堂

閻魔堂

あじさいシーズンに合わせ、6/1~6/30の期間は閻魔堂も開扉されます。

お堂の正面からのぞきこんでみると、赤い顔をした大きな大きな閻魔さま!
お顔はこわいし、被っている帽子も巨大だし、いかり肩も迫力を出しています。

スタッフの方が、詳細を説明してくださり&特別開扉のしおりもいただきましたので説明していきます。

広告- - - - - - - - - -

 

 

十王

閻魔さまの両脇に、残りの十王(人が亡くなったときに次にどの世界に行くかを決める裁判官)がズラズラと並んでいます。

「実際の地獄裁判ってこんな感じなのかしら」と思ってしまって、どこかヒヤッとするような、不思議な気分になりました。

奪衣婆(だつえば)

向かって左の右下に座っているのが奪衣婆。

死者が三途の川を渡ると、奪衣婆が待ち構えていて、衣服を脱がせます。
その衣服を木にかけ、枝のしなり具合で罪の重さをはかるといわれます。

業の秤(ごうのはかり)・浄玻璃の鏡

罪人は閻魔様の前に連れてこられると、「豪の秤」に乗せられて罪の重さをはかります。

それでも本人が罪を認めないと、浄玻璃の鏡に悪事が映し出されるのだそう。

もう言い逃れはできず、地獄行きが決まりそうなときに、何とか罪を軽くしようと働きかけてくれるのがお地蔵さま。

閻魔様が裁判長なら、お地蔵さまは弁護士さんといったところですかね。

お堂の入口から中をのぞく形式なので、業の秤と浄玻璃の鏡は、もっと近くで観てみたかった、というのが正直な感想です(博物館とかで地獄系の特別展やらないかなー)。


個人的に、今年は閻魔様にお会いする機会が多く(例>>>白毫寺 宝蔵の仏像 - 閻魔・太山・司命・司録の地獄チーム必見 )、地獄のシステムにすごく興味が湧いてきました。

矢田寺のほかの記事

本堂の仏像

shishi-report-2.hatenablog.com


全体案内>>>◆矢田寺(金剛山寺)【境内ガイド】- お地蔵さま信仰発祥地のひとつ・体が埋もれるほどに咲き誇るあじさい