仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【特別展】「大安寺のすべて」- 奈良時代を代表する木彫群をじっくりと〈奈良国立博物館〉

特別展「大安寺のすべて」


2022年4月23日~6月10日まで、奈良国立博物館にて開催の特別展「大安寺のすべて」の観覧レポートです。

本展覧会の特徴

・かつての大安寺がいかに大きなお寺だったかを実感
・奈良時代の仏像(木彫)を近くでじっくり拝観できる

広告- - - - - - - - - -

 



観覧レポート

現在の大安寺境内はそこまで広大というわけではありません(拝観レポ>>>◆大安寺 )が、かつては国が重んじた大寺でした(東大寺などと並ぶ規模)。

有名なお坊さんたちも、ほとんどみなさん、大安寺に住んだり訪れたりしていたようです。

そんな、かつての大安寺の様子が想像できる特別展でした。
仏像を中心に感想を書いていきます。

大安寺の仏像

十一面観音立像

十一面観音立像(特別展チラシより)

メインのお顔部分は後補なので少々色味・ツヤが異なっていますが、全体的に状態が良好のお像。

普段は本堂のご本尊で、特別開扉シーズンしかお目にかかれません。

伝楊柳観音(でん・ようりゅうかんのん)立像

大安寺の美術 1985年     大安寺


楊柳観音といえば、大安寺のお像。
(楊柳観音の関連事項>>>【仏像の知識】三十三観音とは?

楊柳観音と確定しているのだと思いこんでいましたが、「伝」がつくので、不確定なのですね。

たしかに、全体的なイメージは「観音さま」なのに、激を飛ばすような表情をしているので、ちょっと不思議ではあるんですよね(忿怒相を示すのは馬頭観音のみですが、馬頭観音というわけでもなさそうだし)。

ネックレス(瓔珞)の彫りがとても美しいです。

伝不空羂索観音(でん・ふくうけんさくかんのん)

伝不空羂索観音(特別展チラシより)


全体的な像容に加え、手が八本(後補)なので、不空羂索観音と考えられているようですが、こちらも「伝」がつきます。

穏やかだけれど、なにもかも見通していそうな表情です。

伝聖観音(でん・しょうかんのん)

伝聖観音立像(特別展チラシより)


こちらもまたまた「伝」のつくお像。
比較的がっしりとした肩と、長い腕(後補)が目立ちます。
寡黙な表情。

伝馬頭観音(でん・ばとうかんのん)立像

伝馬頭観音立像(特別展チラシより)

 

(後期のみ展示)

頭上に馬はなく、ネックレス(瓔珞)にヘビを巻き付ける姿。
古い形の馬頭観音と考えられています。

四天王立像

四天王(特別展チラシより)

像容が統一されていないので、元は一具ではなかったようです。

たしかに、広目天以外のお三方が同じポーズというのも通常は考えにくいですからね。

大安寺と関係のある仏像

行教律師(ぎょうきょうりっし)坐像

行教律師坐像(特別展チラシより)

行教さんは大安寺のお坊さん。
石清水八幡宮を創建した方です。

親しみを感じる表情。
左手でどこかを指しているような姿ですが、「真実を見よ」と言われそうでなんだかドキッとします。

宝誌和尚(ほうしおしょう)立像

宝誌和尚立像(京都国立博物館のチラシを撮影)


宝誌和尚は、中国のお坊さん。

宝誌和尚の肖像を描かせようとしたところ、「内から十一面観音が出てきて描けなかった」という逸話があります。
その様子を彫像で表わしたお像です。

このお像は京都・西住寺の所蔵ですが、かつての大安寺にも同じ姿のお像があったとされています。

仏像以外の見どころ

陶枕(とうちん)

陶枕(奈良国立博物館だより表紙より)

大安寺といえば陶枕、というくらい、境内からたくさん出土したそうです。

遣唐使とともに唐に渡った、道慈(帰国後大安寺の建設に尽力)というお坊さんが持ち帰りました。

「枕」とついていますが、使い道ははっきりしないとのこと。

勝手な想像ですが、この枕で眠ったら(硬くてムリか)、不思議な夢が見られそう。

再現CG映像

かつての大安寺を再現したCG映像もよかったです。
本当に行ったような気分になりました。

公式キャラクターのオニやんがかわいい

オニやん(特別展「大安寺のすべて」鑑賞ガイドより)


大安寺から出土したとされる大きな鬼瓦がモデルの「オニやん」がかわいいです。
子どもさん向け(?)の観賞ガイドで大活躍しています。

この観賞ガイド、むちゃくちゃわかりやすいので大人にもおすすめ(子ども限定とは書かれてなかったのでもらってしまった)。

私がツボったポイントはオニやんの後姿。

オニやんの背中には取っ手がついている

 

「僕の背中には取っ手がついてるんやん!!」

特別展「大安寺のすべてー天平のみほとけと祈りー」観賞ガイドより

 

そうなんだ!&かわいい(笑)。

広告- - - - - - - - - -

 


おわりに

仏像たちは大安寺でも拝観したことがあったのですが、あらためて博物館で拝むのもじっくり観られてよかったです。

博物館だと照明が抜群なので、細部までとても拝見しやすいのが嬉しいですね。