仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術館など、見たもの感じたことの記録

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【栃木】大谷寺・平和観音 - 岩に飲み込まれそうなお堂や、ウルトラマンシリーズにご出演した平和観音

宇都宮駅前からバスに30~40分ほど乗り、大谷エリアへ。

大谷は「石の里」と呼ばれるくらいですから、あっちこっちに巨大岩があります。

f:id:shishi-report:20180929230816j:plain

大谷エリア

大谷エリアでは、地下採石場跡地の大谷資料館(地下巨大神殿とも呼ばれ、メディアでも取り上げられています)が有名ですね。

f:id:shishi-report:20180929231029j:plain

大谷資料館

f:id:shishi-report:20180929231114j:plain

地下坑内部

雰囲気があってまさに神殿風。
訪れたのは真夏でしたが、寒くて早々に地上に出ました。

この大谷資料館の近く(徒歩で10分程度だったと思います)に、大谷寺というお寺があります。

 

大谷寺

縁起

昔、このあたりの川に毒蛇が住んでおり、その水に触れると鳥や魚などが死んでしまい、人間も病気になってしまうことがあったそうです。穀物も育たず困っていたところ、その話を聞いた弘法大師(空海さん)がこの地にやってきた。
空海さんが毒蛇の谷に入って十数日後。
高い岩山に千手観音が彫ってあり、一帯は金色の光で照らされるように。

人々は喜んで、仏教を信仰するようになり、大谷寺が始まったらしいです。

f:id:shishi-report:20180929231326j:plain

大谷寺 門
f:id:shishi-report:20180929231410j:plain
f:id:shishi-report:20180929231428j:plain
仁王像

真っ赤な仁王様の腹筋は、尋常じゃなく発達しています。


大谷観音

この大谷寺でいちばんインパクト大なのは、岩に飲み込まれそうなお堂。
お堂が岩にくるまれているような感じでした。

f:id:shishi-report:20180929233250j:plain

大谷寺 お堂

f:id:shishi-report:20180929233345j:plain

大谷寺 お堂


参拝料(400円)を支払うと、お堂内に入れます。
お堂のなかには、岩肌に彫られた大谷観音(千手観音)が。

f:id:shishi-report:20190109112438j:plain

岩肌に彫られた大谷観音(千手観音) パンフレットを撮影したもの


説明のアナウンスによれば千手観音の手は42本(810年作)。
空海作とされていますが、実際は、アフガニスタンの僧侶が彫ったものと最近の研究では考えられているそうです。


隣の脇堂では石仏群を見学できます。
独特な雰囲気があってよかったです。

f:id:shishi-report:20190109113025j:plain

大谷寺の石仏群 パンフレットを撮影したもの





脇堂を出たあとは、宝物館もご覧ください。
こぢんまりしたスペースですが、11000年前(縄文時代)の人骨(!)は必見。

弁天堂

境内には弁天堂もあります。
冒頭に書いたように、大谷寺の由来には毒蛇が関与しています。
この毒蛇は空海さんに説得されて改心し、白蛇となって弁財天に仕えるようになったとのこと。

f:id:shishi-report:20181226233625j:plain

弁天堂と白蛇

参拝後に白蛇の頭に軽く触れると、ご利益があるとのこと。
(このことは帰り際に知ったので、触れそびれてしまいました…)

 

平和観音

大谷寺の向かいに、ちょっとした公園的なスペースがあります(無料・自由に出入りできます)。

f:id:shishi-report:20190109113414j:plain

大谷寺向かいの公園的スペース

ここに入ってみると、大きな平和観音が。
写真だと大きさが伝わりにくいのですが、かなり大きいです。

f:id:shishi-report:20190109113639j:plain

平和観音 27メートル

 

太平洋戦争の戦死戦没者の供養と、世界平和を祈って彫刻された、高さ27メ-トル(88尺8寸8分)の観音像。昭和23年より、当時の大谷観光協会と地元の熱心な後援のもと、東京芸術大学教授・飛田朝次郎氏が制作を手がけ、大谷の石工達が彫刻しました。6年の歳月をかけ、昭和29年に完成し、昭和31年には、日光輪王寺門跡・菅原大僧正により開眼供養が行われました。現在は、宇都宮市公園管理のもと自由に参詣できる憩いの場として、多くの人たちが訪れています。

引用元:大谷寺ホームページ

 

平和観音という名の通り、平和を願って彫られた観音様。
柔和な表情をされています。

f:id:shishi-report:20190109114526j:plain

平和観音のお顔


ちなみに。
こちらの観音様、ウルトラマンシリーズにご出演されたことがあるそうです。
懐が深いですね。

財宝を狙う悪人がダイナマイトで観音様を爆破。その下から巨大怪獣が現れて……、という罰当たりなお話が『ウルトラマン80』第42話「さすが! 観音様は強かった!」で放送されたのだが、その劇中に登場したのがこちらの平和観音である。

引用元:『ワンダーJAPAN エリア別ワンダースポット300』(三才ムック VOL.206)2008 P.39

 

ワンダーJAPAN エリア別ワンダースポット300 (三才ムック VOL. 206)

ワンダーJAPAN エリア別ワンダースポット300 (三才ムック VOL. 206)

 

 

観音様の腰くらいの高さまで登れる階段があったり(疲れていて上りませんでしたが…)、石の「親子がえる」がいたりと、なかなか楽しめる空間です。

敷地内に公衆トイレもあり、和式でしたが、比較的きれいだったので、ストレスなく使えました。

ついでに大谷エリアのトイレ情報を(来訪時の様子です。状況が変わっている場合もありますし、全てを網羅しているわけではありません。参考程度とお考えください)。
・大谷資料館前のトイレ→比較的きれいだが、混んでいる
・駐車場付近の公衆トイレ→個人的には抵抗あって使えず(※何か所かあるのかもしれませんが、一か所しかチェックしていないです)
・大谷寺内宝物館近くのトイレ→(確か男女兼用?)個数が極めて少ない(一つ?)&古くてやや抵抗あり

という感じでしたので、お手洗いのきれいさが気になる方は、大谷資料館前か平和観音前(※ただし和式)、ということになるでしょうか。
洋式ならば大谷資料館前の一択と思われます。

 

おわりに

大谷エリアでは
・大谷資料館
・大谷寺
・平和観音
あたりがマストでしょうか。
(車でしたら、多氣山不動尊なども寄ってみるとよさそう)

上記の三か所をのんびり見て回っても3~4時間程度でしたので、関東圏からであれば日帰り観光が可能だと思います。
バスの場合は、宇都宮駅~大谷区間乗り放題の一日乗車券がお得だと思います。



広告