仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【東京】浅草寺・浅草神社 - 3月18日はご本尊が隅田川から発見された日(本尊示現会)

浅草神社

浅草寺境内の北東にある浅草神社。
浅草寺のご本尊の聖観音さまを発見した方々(檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)の兄弟、土師中知(はじまのつち))がまつられている神社です。

浅草寺・浅草神社では、3月18日に本尊示現会(ほんぞんじげんえ)という行事が開催されます。


広告  

本尊示現会(ほんぞんじげんえ)とは?

 浅草寺の御本尊である聖観音さまが、現在の隅田川(当時は江戸浦)から発見されたのが、628年の3月18日。
 つまり、3月18日は、観音様の(浅草寺における)お誕生日といったところでしょうか。

 発見者は漁師の檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)の兄弟。漁の網に仏像がかかり、戸惑った兄弟は、土師中知(はじまのつち)に相談。
後に、土師中知は僧になり、自宅をお寺としたのが浅草寺の始まりだそうです。

 後年、聖観音の発見に携わったこの三名は、神としてまつられることになります。
そのお社が三社権現、現在の浅草神社(浅草寺境内の北東、本堂に向かって右手にあります)なのだそうです。

5月に開催される「三社祭」の「三社」はこのお三方のことだったのですね。
もともと三社祭は3月18日がメインだったそうです。

現在、3月18日に行われているのが「本尊示現会(ほんぞんじげんえ)」。
17日の夕刻に、お三方(檜前浜成・竹成、土師中知)はお神輿に乗って、浅草寺の本堂に堂上げされます。
そして、本堂で観音様と一夜を過ごされるそうです。
翌朝、御神輿は堂下げされ、浅草神社に戻る、というわけです。

もともと人間だった方が神様になることもあるのだなぁ、とまず驚きましたが、それは置いておいて、この「堂上げ・堂下げ」なるシステム、なかなか、粋なはからいだなぁ、と思いました。

観音様と、その発見に携わったお三方が一年に一度会って、一緒に過ごすなんて、どこか同窓会っぽくていいですよね。
一晩、どんなことを語り合われるのだろう、と想像がふくらみます。

三社様が乗るおみこし

私が訪れたときには、すでに堂下げは終了していて、三基の御神輿は浅草神社に戻っていました。

f:id:shishi-report:20190319183827j:plain

浅草神社境内の様子

f:id:shishi-report:20190319173737j:plain

堂下げされ、浅草神社に戻ったお神輿

とてもきれいで豪華なお神輿です。

こちらのお神輿以外にも、浅草寺境内にて、金龍の舞やら操り人形やら三味線やら、様々な催しも行われるようです(時間の都合で、見ることができなくて残念…)。
テレビカメラクルーらしき集団も、待機していました。

夫婦狛犬も有名

本尊示現会とは直接関係ありませんが、神社境内にいる夫婦狛犬もお見逃しなく。
浅草神社には、夫婦狛犬と合わせて全3組の狛犬たちがいます。

shishi-report-2.hatenablog.com

 

ほかの記事

浅草寺の仏像について


広告