仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【東京国立博物館】快慶・定慶のみほとけ② 十大弟子 - 快慶作の目楗連(もくけんれん)が秀逸すぎた

東京国立博物館にて開催(2018年10月2日~12月9日)の特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」の観賞記録②です。

快慶工房が担当した十大弟子について語っています。

広告- - - - - - - - - -

 



 十大弟子(じゅうだいでし)立像

十大弟子とはお釈迦様の弟子のなかで、とりわけ優れた人物10名。
「すごい弟子10傑」というわけですね。

f:id:shishi-report:20181002233603j:plain

出品目録より 


正直、十大弟子にあまり興味を持ったことがなかったんです、「十大弟子? 昔の偉いお坊さん的な? ふーん」という感想でした。

が……実物を前にすると、一気に十大弟子のファンに!

以前よりも仏像に関する知識が増えたという背景も影響しているとは思いますが、快慶チームの仕事ぶりが本当に素晴らしい。
おそらく、十軀すべてを快慶さんがフルに造ったのではなく、弟子がある程度形にして、快慶さんが手を加えたり、アドバイスしたり、という感じだろうと思いますが、どの像も素晴らしかった。

観た順に感想を記します。

目楗連(もくけんれん)

最初に観たのが目楗連の彫像。
神通力が使えたお方らしいです。

目楗連については、快慶さんのサインが入っているので、快慶さんがメインで担当したのではないか、とのこと(パネル説明より)。

一瞬で「巧っ!!!」と度胆を抜かれました(天才仏師ですから当然なのですが)。

像高は(感覚的には)1メートルくらい(?)で、小柄なのですが、細部まで完璧で、ずっと見ていられます。

遠くを見通すような視線の力強さが印象的。
この目力なら神通力もありえる、と思ってしまう。
腕の血管もリアルに浮き出ているし、衣も布かと思うほどたなびいているし、痩せた胸の感じとか、少し御年を召した猫背の感じとか、本当に素晴らしかったです。

舎利弗(しゃりほつ)

続いて舎利弗。頭脳明晰なお方だったそうです。
それを物語っているのでしょうか、頭(額から上)が大きめ(脳がたっぷり詰まっていそう)。

舎利弗を観ながら、とある知人に似ているなーなんてのんきに思ったのですが、そういえばその知人も、ものすごく頭の良い人でした。
表情には、性格や経験などいろんなものが出ますから、頭がいいと顔つきが似ることもあるのかもしれない、なんてことを思いました。

背中側に回ってみると、肌の質感と衣の質感が違うことに気づきます。
衣の方に細い溝を入れているのか、木目をうまく利用しているのか、仄暗い空間内では素人には判別できませんでしたが(おそらくは木目を生かしているのではないかと思う)、いずれにしても技術力の高さに唸ったのでした。

大迦葉(だいかしょう)

清貧を貫いた方だそうです。

顔の彫りが深く、目が奥まっています(もともとお釈迦さまも十大弟子もインド人なので、よく考えれば当然ですが)。

八重歯ぎみなせいか、悪魔めいた印象を最初は受けたのですが、何度か巡回しているうちに親しみやすそうな気もしてきました。
凹んでいるときなどに「おう、元気か!」と言ってくれそう(※勝手な妄想)。
 

迦旋延(かせんえん)

理論家で、問答が得意だったそうです。

目楗連、舎利弗のお二方に比べると、少し顔のつやが失われているような印象。
目は二重で、すこし眠そうというか、とろんとした印象を受けたのですが、少し離れてみると、照明の光が玉眼に反射してキラッと光り、只者ではない感がにじみ出ていました。

 

羅ご羅(らごら)

(らごらの「ご」にあたる漢字がなかったのでひらがなにしています)

お釈迦さまの実の息子さんです。
綿密に、隅々まで精進した方らしいです。

歯並びが大変きれいだったのが印象的。
全体的に若い感じを受けました。

阿那律(あなりつ)

説法中に居眠りをしてしまい、反省し、不眠不休で修行したところ、失明してしまったというお方。しかしその失明により、心の眼を得たのだとか。

つるりとしたお顔で、地蔵菩薩 っぽい雰囲気です。
目の縦幅が左右で微妙に違うように見えたのですが、失明したことと関係しているのでしょうか。
左手の手首を右手で掴み、まるで脈をとっているかのようなポージング。
心の眼で何かを感じている様子なのでしょうね。

 

優波離(うぱり)

戒律を守ることを重視したお方だそうです。

エラが張って、あごもがっしり、頬骨も高いタイプのお顔。
かといって、威圧感はなく、前向きな表情。

快慶チームの仏像はいずれも衣の質感が美しいのですが、優波離さんの衣は特にその傾向が顕著だったように思います。
「実は木でなくて布なのではあるまいか?」と何度も疑ってしまいます。

これも勝手な想像ですが、快慶チームの中にも「衣を彫るのが得意な弟子」「顔を彫るのが得意な弟子」「つるつるに仕上げるのが得意な弟子」「ノミを使うのが得意な弟子」……といろんなタイプがいたのかもしれないなー、と思ったりします。
その弟子の得意なところが像を通して具現化しているのかも(もちろん快慶さんも手を加えているでしょうが)。
快慶チームにますます興味が沸いてきますね。

 

富楼那(ふるな)

富楼那は説法が得意だったお方。

顎ががっしりした四角い感じの輪郭。
他のメンバーは、おおかた正面を向いているのですが、富楼那だけは視線を斜めに「キッ」と向けています。

眉間に皺を寄せているようにも見えるし、一筋縄ではいかない感じが漂います。
誰でも説得してみせる、という姿勢だったそうなので、意思の強さが現れているのかも。

とはいえ、なんだか憎めない。
優しいのだけれども、それを奥のほうにグッと押し込み、あえて厳しくしているような雰囲気を感じました。

個人的には十大弟子のなかで一番のお気に入りです。

 

 須菩提(すぼだい)

何事にも執着しない、がモットーだったお方だそうです。

目が細めで、歯がギラーンとしているのですが、怖い感じはしないです。
顔のタイプ的には大迦葉さんに似ているような。

勝手な印象なのですが、しわがれた声をしていそうです。

阿難陀(あなんだ)

お釈迦様の話を一番多く聞いた方だったそう(お世話係もしていたそうです)。
美男子だったので、阿難陀目当てにやってくる女性信者も多かったのだとか。

その美男子ぶり、彫像にもキッチリ反映されていました。
目がキリッとしていて、鼻がスッと高い。

真正面よりも、阿難陀さんに対してやや右側に立つと、パチッと目が合って「これは女性信者たちが心を掴まれるのもわかる」と思ったのでした。

写真で見る限りは、他のメンバーとそこまで違うようにも見えなかったのですが、実物(というか仏像)は確かにイケメンでした。

(十大弟子についてもっと知りたい方は)

おシャカさまと弟子たち〈5〉十大弟子 (仏教コミックス―おシャカさまとともに)

おシャカさまと弟子たち〈5〉十大弟子 (仏教コミックス―おシャカさまとともに)

 

 

広告- - - - - - - - - -