仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【京都】東寺 金堂 - 薬師如来の台座を囲む十二神将にも注目

東寺の金堂で拝観できる仏像について紹介しています。

東寺全体のガイドはこちら>>>◆東寺(教王護国寺)【境内案内】- 空海さんのアイディアが残るお寺

広告- - - - - - - - - -

 

 

東寺 金堂

金堂の中央にご本尊の薬師如来、その両脇に日光菩薩と月光菩薩が並んでいます。
現在のお像は桃山時代に再興されたものです。

内部は撮影禁止ですので、パンフレットを撮影したものがこちら。

f:id:shishi-report:20180425114243j:plain

金堂 薬師三尊

パンフレットの写真だと明るく見えますが、お堂内はかなり暗かったです。

まじまじと拝見するというよりも、仏さまの存在を感じる、というような拝観スタイルになるかな、と思います。


薬師如来坐像

仏教界のお医者さん的存在の薬師如来(詳しくは>>>薬師如来とは? - 仏教界のお医者さん )。

右手は施無畏印(せむいいいん:手のひらをこちらに向ける感じ。「おそれなくてよい」の意味)。

中指がゆるく曲げられているので、「オッケー」と言ってくれているようにも見えます。

左手には薬壺は持たず、膝の上で天に向けられています。

光背には7軀の化仏(けぶつ:小さい仏)が配されていて、豪華です。

台座の十二神将にも注目

薬師如来が座っている台座部分にもぜひご注目ください。

薬師如来の眷属(けんぞく:使者)の十二神将が台座をぐるりと囲っています(>>>十二神将とは? - 薬師如来に従う12の夜叉 )。

眷属をイメージしやすいように言い換えると、「ガードマン」とか「部下」のような感じでもいいかな、と思います。

日光(にっこう)菩薩・月光(がっこう)菩薩

薬師如来の両脇を固めるのは日光菩薩と月光菩薩。

薬師如来がお医者さんとすると、日光菩薩が日勤の看護師さんで、月光菩薩が夜勤の看護師さんのイメージです。


日光・月光菩薩とも穏やかな表情。

もしも悩みを相談したら「ふふふ、そうでしょう、わかるわ」と言ってくれそう(あくまで個人的妄想)。

少し膝を曲げているのは、いつでも助けに出れるように、という姿勢を表しているのでは、と思います。

また、日光・月光菩薩の足元をよーく見ると、蓮の台座の下には獅子(?)が!

縁の下の力持ち的なポジションで、菩薩を支えているようです。


東寺 ほかのみどころは?

金堂のおとなり、講堂では立体曼荼羅を拝観できます。

 

 

東寺【境内案内】にもどる 

広告- - - - - - - - - -