仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【京都】東寺 講堂 - 21体の仏像が織り成す立体曼荼羅

東寺 講堂

東寺境内の中心に位置する講堂。
初代の講堂は、空海さんによって835年に建てられましたが、1486年に焼失。
現在のお堂は1491年に再興された建物です。

f:id:shishi-report:20180425211732j:plain

講堂外観

東寺の講堂では、空海さんが構想した「立体曼荼羅」を拝観することができます。

立体曼荼羅とは?

曼荼羅は、密教の教えをわかりやすく表現したもの(いろんな仏が集合した様子を表現)。

一般には、紙や布、壁面などに二次元的に描かれることが多いですかね。

東寺講堂では、大日如来を中心として、全21体の仏像で構成された、立体の曼荼羅があります。

 

f:id:shishi-report:20180425211752j:plain

立体曼荼羅(パンフレットより)



パンフレットの写真ではわかりづらいと思うので、簡単に配尊図を描きました。

東寺講堂に安置されている立体曼荼羅の配尊図を描いたスライド

東寺講堂 立体曼荼羅 配尊図


すごい迫力であることが、なんとなく伝わりましたでしょうか。
「如来・菩薩・明王・天部」、全カテゴリーの仏像が勢ぞろいしています。

しかも、21体中、16体は平安前期の作品で、国宝!
(五智如来は重要文化財)

一度にこんなにたくさんの国宝を拝めるのは珍しいと思います。


配尊図について、少し説明します。

講堂の中央:如来部(五智如来)
右:明王部(五大明王)
左:菩薩部

と主要エリアが3つあり、各エリアに五体ずつの仏像が配されています。

さらにそれらを囲むように四天王と梵天・帝釈天が配置。
如来・菩薩・明王たちを天部が守っているようなイメージです。

如来部(五智如来)

東寺監修のフィギュアでご紹介します(写真はすべてAmazonリンクです)。

〇大日如来

【東寺監修 公認】大日如来(だいにちにょらい) ミニチュア仏像【空海 立体曼荼羅21体 真言宗開宗1200年記念】


〇宝生如来

【東寺監修 公認】宝生如来(ほうしょうにょらい)【空海 立体曼荼羅21体 真言宗開宗1200年記念】

〇阿弥陀如来

【東寺監修 公認】阿弥陀如来(あみだにょらい)  ミニチュア仏像【空海 立体曼荼羅21体 真言宗開宗1200年記念】

〇不空成就如来

【東寺監修 公認】不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)【空海 立体曼荼羅21体 真言宗開宗1200年記念】



〇阿閦如来(あしゅくにょらい)

【東寺監修 公認】阿閦如来(あしゅくにょらい)【空海 立体曼荼羅21体 真言宗開宗1200年記念】

 

広告- - - - - - - - - -

 

拝観した感想

お堂がひんやりとしていることもあり、講堂に入った瞬間、良い意味でゾクゾクしました。

拝観当時、四天王くらいしか理解していなかったのですが、特別な空気感であることだけはビシビシと感じ取りました。

講堂内部は暗いので、後ろのほうにいる広目天や多聞天は見づらいかもしれません(保存のためあまり強い光は当てられないのかも)。
でも、仏像たちの存在感は十分に伝わってきました。

東寺のパンフレットの表紙を飾っている梵天さんが特に人気で、梵天さん付近は少し混雑していました。

f:id:shishi-report:20180425212653j:plain

梵天 パンフレット表紙より



図解 東寺のすべて (TJMOOK)

図解 東寺のすべて (TJMOOK)

 

 

東寺 ほかのみどころは?

東寺の宝物館では火災から復活した千手観音や、羅城門の上から都を見下ろしていた兜跋毘沙門天を拝観できます。

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

東寺 境内案内にもどる

広告- - - - - - - - - -