仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【仏像訪問ガイド】四天王像を拝観するならどのお寺?

本記事では、四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)像を拝観できるお寺を紹介しています。
有名かつ、個人的にも印象が強いお像をピックアップしていきます。

四天王って何?という方は先にこちらの記事をどうぞ>>>【基礎知識】四天王とは? - 東西南北に立ち仏教を守る四人(神)組 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

 

代表的な四天王像リスト

まだまだほんの一部のお像にしかお会いしていないので、今後追加していく予定です。
有名どころになりますが、奈良の東大寺・興福寺・法隆寺はやはり見ごたえ十分。

奈良 東大寺

東大寺の別名は「四天王護国之寺(してんのうごこくのてら)」。
意訳すると「国の平安を守る四天王のお寺」という感じでしょうか。

「四天王」の名がつくだけあって、東大寺境内には複数の四天王グループがおられます。

どのグループも、それぞれに個性があるので、すべて推したいと思います。

巨像の迫力に圧倒されたい → 大仏殿へ(広目・多聞)

持国天と増長天は頭部のみのため、全身を拝めるのは広目天と多聞天となりますが、どちらも迫力満点です。

広目天は、私にとっては仏像探訪の原点。
私を仏像世界に引き込んだお方です。
初めて拝観したときに感動して、「あのすごい仏像は一体どなた??」という疑問が止まらず(知識ゼロでした)、そこからいろいろ調べるようになりました。

豪華な印象の多聞天も魅力的。
甲冑の模様や獅噛み(ベルトを噛む獣)も精巧で、見ていて飽きません。

>>>東大寺 大仏殿 - 大きな仏像たちに圧倒されっぱなし

 

shishi-report-2.hatenablog.com

御年約1300歳の四天王 → 法華堂へ

東大寺法華堂のパンフレットの持国天の部分を撮影した画像

法華堂の持国天(右側)(パンフレットより引用)


法華堂は東大寺で唯一、創建当時から残っているお堂。
そこにおられる仏像たちも、長い長い年月を生き抜いてこられました。

法華堂ができたのが733年と伝わっているので、そこから仏像を作り始めたとしても(この世における)御年は1250歳は越えていますね。繰り上げて1300歳と言ってしまってもよさそう。

乾漆(かんしつ)像という、古い時代ならではの質感がポイント。
どっしりとした、体格の良い四天王に会うことができます。

詳しくは>>>東大寺 法華堂の仏像たち - オール国宝&3~4メートルの迫力あるお姿

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 千里眼発動中⁉ 眉間にしわ寄せ渋い表情の広目天(を含む四天王) → 戒壇堂(現在戒壇堂修復中のため、四天王は東大寺ミュージアムにご移動中)

甲冑を着た仏像の上半身

広目天(東大寺戒壇堂パンフレットより引用)

とても有名なお像で、表情が秀逸です。
木の芯に粘土を盛って造られています。

広目・多聞は写真のような渋い表情ですが、持国・増長は目をひんむき、迫力あるお顔。

通常は戒壇堂におられるお像ですが、2021年5月現在改修中のため、東大寺ミュージアムにお出ましのようです。

(四天王については触れていませんが、東大寺ミュージアムについて>>>東大寺ミュージアム - ぽっちゃりぎみの千手観音と日光・月光菩薩 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

奈良 興福寺

チーム運慶による四天王 →中金堂へ

興福寺も仏像が素晴らしいお寺。

興福寺といえば阿修羅像のイメージがありますが、運慶の息子たちによって造られた四天王も見逃せません。
以前は北円堂におられたようですが、中金堂が再建されてからはそちらに移動されました。

特に、すさまじい表情で敵をにらみつけている増長天(以前は持国天と呼ばれていたそうですが、最近の調査で増長天と判明したようです。中金堂パンフレットより)が印象深い。

この表情で睨まれて怖くない人はおるまい、というレベルの忿怒相。
甲冑の胸当てにも、鬼(サルっぽく見えますが鬼だそう)が彫られていて、さすが、、、としか言いようがないです。
ちなみに、運慶の次男・康運が担当。

>>>興福寺 中金堂-300年ぶりに再建されたお堂 四天王(慶派作)の迫力もすごい

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

奈良 法隆寺

温和な貴族風の四天王(日本最古) →金堂へ

奈良博のチラシに印刷された多聞天の部分を撮影した画像

法隆寺金堂の多聞天(奈良博チラシより)


四天王といえば、甲冑を着た武将の姿が一般的ですが、古い時代のものは貴族風のお姿をしています。
すっくと立つお姿はどこか神秘的。

武将スタイルの四天王に慣れていると、ちょっと違和感ありますが、むしろ貴人スタイルのほうが元の形なんですね。

関連記事>>>法隆寺 金堂 - 国宝の釈迦三尊像(飛鳥時代)は必見


shishi-report-2.hatenablog.com

 


国立博物館(奈良・東京)の特別展でも出陳

shishi-report-2.hatenablog.com

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

まとめ

四天王像、どのお寺から拝観したらいい? という場合は、有名かつインパクト強めの仏像として

東大寺
大仏殿(巨像)
法華堂(奈良時代の乾漆像)
・戒壇堂〈改修中は東大寺ミュージアム〉(渋い表情の塑像)

興福寺
中金堂(運慶の息子たちによる四天王像)

法隆寺
金堂(日本最古、温和な貴人風四天王)

を挙げてみました。

思いつくものから書いていったら、全部奈良のお寺になってしまいました。
今後、別の都道府県についても書けるようになる予定です。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告