仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術館など、見たもの感じたことの記録

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

はじめに - 仏像に魅かれるようになったキッカケ

子どもの頃から、なんとなくお寺が好きでした。

本堂のひんやりした静謐な空気とか、鼻をかすめるお香の臭いとか。
子どもながらに無性に気持ちが落ち着くのを感じていました。

お寺にいるときは守られているような心地になったものです。
家庭環境があまりよくなかったので、無意識のうちにすがるものが欲しかったのかもしれません。

とはいえ、お寺に行く機会はお墓参りや法事くらいのもの。
お墓の近くにいた「撫で牛」を撫でるのを楽しみにしていましたが、本格的な仏像を見た記憶もほとんどありません。


が、30歳を過ぎて、初めて奈良を旅をしたとき、私の仏像熱が突如フィーバーすることになります。

奈良を選んだのもとくに理由があるでもなく、「なんとなく西のほうに行きたいが、遠すぎるのは気がひける→京都にする?→最近の京都は混雑しすぎ→奈良なら京都ほどの混雑ではないかも→行ってみよう(消去法的)」くらいの気持ちだったのです。


奈良は偉大でした。

東大寺の大仏殿の巨大さに驚き、大仏の巨大さにも驚きました。
が、ここまでは想定の範囲内。

「大仏大きいな~、おや、こっちにも巨大な像が…」と広目天(四天王のうち西を守護する天部)立像の足元に立ってそれを見上げたとき、ものすごい衝撃に襲われました。

f:id:shishi-report:20181126232457j:plain

東大寺 大仏殿 広目天立像


ちっぽけな私を見下ろす、巨大立像。
今にも低い声を轟かせそうな迫力。
手にした筆と巻物や、しかめた眉間から漂う、どこか知的な雰囲気。

うまく言語化できないのですが、呼吸の仕方を忘れてしまいそうなほど感動したのでした。

そして思いました、「広目天」とは一体なんぞや、と。
あのすごい仏像はなんぞや、と。

そこから少しずつ仏像について調べるようになり、今に至ります。

(最初に買った一冊)

 

仏像の素晴らしさを広めたいとか、仏教の有用性を広めたいとか、そんな大層なことは思っていないのですが、仏像を観て感じたことを自分自身が忘れたくない、という気持ちから、ブログ記事として残しておくことにしました。


仏像以外にも、美術展や、B級スポットも好きなので、それらにまつわる記事も書いています。

当ブログの記事を読んで「行ってみようかな」と思っていただけることがもしあったら、幸いです。


広告