仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【基礎知識】勢至菩薩とは? - 阿弥陀如来のサポート役

勢至菩薩(せいしぼさつ)とは?

勢至という名は「偉大な威力を得た者」という意味。
知恵によって人々を救う菩薩です。

単独で祀られることはなく、観音菩薩とコンビを組んで、阿弥陀如来の脇侍を務めています。

阿弥陀如来が死者を迎えにいくときは、観音菩薩と勢至菩薩が先導するのだそうです。

 

 

勢至菩薩の特徴

宝冠に水瓶をつけている

頭にかぶっている宝冠に水瓶(すいびょう)をつけています。
水瓶は花びんのような形をしており、中には人々の願いを叶える水が入っています。

(水瓶つき宝冠のイメージ)

f:id:shishi-report:20201119172839p:plain

(ちなみに、相方の観音菩薩は、宝冠に「化仏(けぶつ)」をつけています。)

合掌していることが多い

f:id:shishi-report:20201119175415p:plain
来迎阿弥陀如来(死者の魂を迎えに来る阿弥陀如来)の脇侍をつとめる勢至菩薩は、合掌していることが多いようです。

(ちなみに、観音菩薩は、魂の入れ物である「蓮台」を持っています)


広告  

勢至菩薩像の実例

冒頭でも触れましたが、単独で祀られるケースはなく(※博物館などで単独で陳列されていることはあります)、「阿弥三尊像」として祀られています。

来迎阿弥陀三尊像形式

京都 三千院

文化財|三千院のご案内|天台宗 京都大原三千院

向かって右が観世音菩薩、左が勢至菩薩。

勢至菩薩は合掌し、宝冠に水瓶をつけています。

また、観音・勢至菩薩とも、上半身を前にかがめた「大和座り」をしています。
「いままさに迎えに行こう」というのがよくわかるお姿ですね。

 

善光寺式阿弥陀三尊

舟形光背の中に阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩がまつられる「一光三尊形式」。
この形式における勢至菩薩は、両手を上下に合わせる梵篋印(ぼんきょういん)をしています。

(梵篋印イメージ)

f:id:shishi-report:20201119181929p:plain

しかしながら、善光寺では秘仏のためお姿を拝観できないんですよね。

「善光寺式にならってつくりました」というお像は各地で造立され、現在でも結構残っているようです。

愛知 薬師寺

西尾市の文化財 一光三尊善光寺如来立像 - 西尾市役所

 

奈良国立博物館

勢至菩薩立像|奈良国立博物館

梵篋印(ぼんきょういん)を結んでいることから、善光寺式だとわかります(元は三尊像ですが、博物館では勢至菩薩単独での陳列かと思われます)。

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 


広告  

おわりに

勢至菩薩は、単独で祀られることがほぼないため、あまり印象に残らない仏像かもしれません。

阿弥陀三尊像を拝観する際には、脇侍にも注目していきたいですね。

観音菩薩との見分け方は「宝冠に水瓶がついていれば勢至菩薩、化仏なら観音菩薩」です。

参考文献

仏像の見方ハンドブック-仏像の種類と役割、見分け方、時代別の特徴がわかる (池田書店のハンドブックシリーズ)

写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!

イラストでわかる 日本の仏さま (中経の文庫)


広告