仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【長野】◆善光寺【記事一覧】 - 「一生に一度は善光寺詣り」と言われた大寺院

善光寺(ぜんこうじ)ってどんなお寺?

善光寺の参道と本堂を撮影した画像

善光寺

善光寺の特徴

・約1400年も続く大寺院
・特定の宗派を持たない
・善光寺という寺名は「本田善光さん」からきている

(参考)本田善光(ほんだよしみつ)さんとは?

本田善光さんは飛鳥時代、信濃に住んでいた人。
京に上ったとき、難波の堀江(現在の大阪 or 奈良県明日香村)に捨てられていた一光三尊像を発見、背負って信濃に連れ帰ったそうです。
これが善光寺の始まり。

善光寺のみどころ

高村光雲&米原雲海作の仁王像(仁王門)
びんずる尊者(本堂外陣)
お戒壇めぐり(本堂内々陣)

善光寺 拝観レポート

仁王門(におうもん) 高村光雲&弟子がつくった仁王像

善光寺仁王門を撮影した画像

善光寺 仁王門

詳しくは>>>善光寺 - 高村光雲作の仁王像

山門(さんもん) 楼上には文殊菩薩騎獅像

善光寺山門を撮影した画像

善光寺 山門

詳しくは>>>善光寺 山門 - 日本に現存する最大の栩葺(とちぶき)建造物

本堂 外陣(げじん) びんずる尊者(撫で仏)

善光寺本堂を山門付近から撮影した画像

善光寺 本堂

詳細>>>善光寺 本堂外陣 - 自らに触れる人々を笑顔にする「びんずる尊者」

 

本堂 内陣(ないじん)・内々陣(ないないじん)

善光寺の参拝のしおりの本堂間取り図の部分を撮影した画像

善光寺 本堂 間取り図 (水色で囲ったところが内陣・内々陣)

詳細>>>善光寺 本堂内々陣 - 漆黒の暗闇で「極楽の錠前」を探り当てるお戒壇めぐり


忠霊殿(ちゅうれいでん)・史料館

善光寺忠霊塔を撮影した画像

善光寺 忠霊殿

詳細>>>善光寺 忠霊殿&史料館 - 史料館の五百羅漢像は一体一体に個性が出ていて興味深い

経蔵(きょうぞう)

善光寺の経蔵の外観を撮影した画像

善光寺 経蔵

私が行ったときは内部は拝観できなかったのですが、内部には輪蔵があり、その中にお経(『一切経』)がおさめられているそうです。

輪蔵を一回まわすと『一切経』を全て読んだことになるというありがたいシステム。
このシステムを考案した傅大士(ふだいし)像なども安置されているらしい。

その他境内の不思議アイテム(牛の像や手ぬぐい、迷子郵便供養塔)

善光寺境内にいる牛の親子の像の画像

乳牛親子

詳細>>>善光寺 境内の不思議アイテム - 牛とか迷子郵便供養塔とか


大本願(だいほんがん)・大勧進(だいかんじん)

善光寺は無宗派のお寺ですが、その管理運営を担っているのが、大本願(浄土宗)と大勧進(天台宗)というお寺です。

大本願のひとにぎり地蔵
大勧進の剣のモニュメントと童子像
(左)ひとにぎり地蔵 (右)剣のモニュメント

詳細>>>善光寺 大勧進・大本願って? - 善光寺を管理する天台宗と浄土宗のお寺

それぞれ見ごたえがありますが、善光寺と合わせて拝観するとけっこう時間がかかるので、善光寺初訪問の方は善光寺境内に集中するのがおすすめ。


広告  

拝観時間・料金

・日によって時間が異なりますので、公式サイトでご確認ください。

参拝のご案内-境内のご案内 | 信州善光寺

・本堂内陣・山門・経蔵・史料館セット券 大人1000円

アクセス

・バスの場合
善光寺口バスロータリー「1番のりば(善光寺方面行き)」発の路線バスに乗車。
「善光寺大門」バス停で下車(所要時間約15分、運賃150円)
善光寺大門のバス停から善光寺本堂までは、徒歩5分程度。

・徒歩の場合
JR長野駅より30分程度

 

周辺の施設情報

・七福神めぐり
JR長野駅から善光寺参道を歩きながら「七福神めぐり」をするのも楽しいです。 

shishi-report-2.hatenablog.com

ただし、けっこう時間がかかるので、善光寺初訪問の方は欲張らなくていいかも。

 


広告