仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【東京】浅草寺 - 仏像スポットは? 各門の左右を要チェック

浅草寺

お堂と五重塔が写っている画像

浅草寺

浅草寺といえば、東京の超定番観光地。
東京やその近郊の出身・在住だと、いつでも行けると思ってしまうせいか、意外と行く機会がなかったりします(ごく近所であればまた別でしょうが)。

先日、部屋を整理していたら、かなり昔に浅草寺で購入した(or どなたかにいただいた)と思われる、お守りが出てきたので、返納を兼ねて、改めて浅草寺を訪ねることにしました。

仏像・彫刻メインで紹介していきます。

 

境内レポート

雷門 - 風神・雷神像

浅草寺といえば「雷門」的アイコンですかね。
雷門付近は観光客の方であまりにもごった返していたので、写真を撮り忘れました(しまった……)。
仏像が好きな方は、雷門の左右におられる「風神・雷神像」をお見逃しなく!

あと、雷門の北の間(風神・雷神像の裏側、帰りに見るほう※)には、「天龍・金龍像」がいらっしゃいます。
昭和53年松下グループ寄進の、比較的新しい仏像です。

(※ どのお寺でも、門の北の間の仏像って、見逃しやすいですよね。けっこうすごい仏像がいたりするので、要チェックです)

宝蔵門(ほうぞうもん) - 仁王像

雷門をくぐり、仲見世通りを過ぎると、見えてくるのが宝蔵門。

f:id:shishi-report:20190319175639j:plain

宝蔵門の提灯

宝蔵門にはおなじみ仁王さま。
(ピントが手前の網に合ってしまって見づらいですが…)

f:id:shishi-report:20190319175818j:plain

仁王像 阿形

f:id:shishi-report:20190319175852j:plain

仁王像(吽形)

どちらも昭和39年作。
阿形のほうは仏師 錦戸新観氏、吽形は仏師 村岡久作氏が手掛けたそうです。
昭和39年作とのことで、まだ着色がきれいに残っていますね。

なかなか混雑しているエリアなので、じっくり観るのは困難かも。

f:id:shishi-report:20190319182030j:plain

宝蔵門 本堂側から

本堂

宝蔵門をくぐると、本堂が見えます。

f:id:shishi-report:20190319174110j:plain

浅草寺 本堂

ご本尊は聖観音(しょうかんのん)。
本堂内陣に御宮殿(ごくうでん)があり、その内部の厨子に安置されている秘仏。
お姿を直接見ることはできませんが、近くから手を合わせました。

お水舎 高村光雲の龍神像

本堂手前にある、お水舎(おみずや)には、高村光雲作の龍神(沙羯羅龍王)像が立っておられます。

浅草寺境内のお水舎の龍神像を撮影した画像

龍神像(高村光雲作)

仏法を守護する龍王のお一人。
キリっとした表情、堂々たる佇まい、かっこいいですね。

二天門の増長天と持国天

二天門は境内東側にあります。
2007年~2009年に大修復され、建立当時(1629)の姿を取り戻したとのこと。

こちらは宝蔵門に比べると人通りが少な目なので、わりとじっくり観ることができます。

f:id:shishi-report:20190319180617j:plain

浅草寺 東側にある二天門

f:id:shishi-report:20190319180713j:plain

増長天

f:id:shishi-report:20190319180753j:plain

持国天

お顔のアップを。
これまたピントが手前の網に合ってしまいました(さすがにカメラの自動モードに頼り過ぎですね…反省)。

f:id:shishi-report:20190319181045j:plain

増長天

f:id:shishi-report:20190319181204j:plain

持国天

厳しい表情をされていますが、瞳が大きくて、どこかかわいらしさの残る表情です。
江戸時代前期の作とあって、着色は褪せたりしています。
この退色具合も、味があって、また時間の流れを感じられて、よいものです。

 

影向堂(ようごうどう)

影向堂は境内の北西、本堂に向かって左手にあります。
影向(ようごう)とは、「神仏が姿かたちとなって現れること」だそうです。

f:id:shishi-report:20190319181916j:plain

影向堂


内部は撮影禁止なので、写真はありませんが、内陣の須弥壇中央に聖観世音菩薩、その左右に千手観音(子年)、虚空蔵菩薩(丑寅歳)、文殊菩薩(卯年)、普賢菩薩(辰巳年)、大日如来(午年)、不動明王(未申年)、阿弥陀如来(戌年)が祀られています。

立ち入れるスペースから各仏像までは少し距離があるため、私の視力だと詳細まで拝見するのは困難でした。
かといって、お堂内の仏様ですので、博物館の彫刻のように、オペラグラスを持ち出すわけにもいかず……遠くから手を合わせるのみ、としました。

なお、こちらのお堂、かなり混雑していました。
お堂内にご朱印の受付があり、その申込の方々がゾロゾロと並んでおられるので、あまり落ち着いて仏像を拝見できる感じではないかも。

これ以外にも、影向堂境域には、六角堂、一言不動、阿弥陀如来、宝篋印塔などがあり、じっくり見ていると結構おもしろいです。

浅草神社もある

本堂の隣のエリアには浅草神社もあります。夫婦狛犬が有名。

shishi-report-2.hatenablog.com

shishi-report-2.hatenablog.com

浅草寺 所要時間のめやす

私は1時間くらいかけて、仏像メインにまわりました。

本堂中心にサラッとお参り・軽く境内散策する程度なら30分程度あれば大丈夫かなと思います。
ただし、仲見世などでお買い物をしたい場合は余裕を持って。

雷門や仲見世のあたりは混んでいると思いますので、混雑を避けたい場合は、東側の二天門や、西側から入るとスムーズかと思います。

アクセス

東武スカイツリーライン:浅草駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
つくばエクスプレス:浅草駅より徒歩5分
都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口より徒歩5分

広告