仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】白毫寺 本堂の仏像 - 腰をかがめる倭(大和)座りの観音・勢至菩薩

白毫寺 全体案内>>>【奈良】◆白毫寺 - 眺めよし&閻魔さまのいるお寺(五色椿は3月下旬~4月中旬)

白毫寺 本堂の仏像

お寺の本堂

白毫寺 本堂外観

お堂内の配尊図(主なお像のみ記載)はこちら。

白毫寺本堂 配尊図

阿弥陀如来坐像

目がとても印象的でした。
切れ長なのですが、キツい感じはなくて、思慮深さと優しさが混ざっているような印象。

倭座りの観音菩薩・勢至菩薩

阿弥陀如来の脇侍は観音&勢至菩薩(江戸時代の作)。

阿弥陀・観音・勢至の三人(仏)組は「阿弥陀三尊像」として定番のメンバー。
亡くなるとき、この三人(仏)組が迎えにきてくれるという考えがあります。

ポイントは、観音&勢至菩薩が腰をかがめた座り方をしていること。
中腰といいますか、今まさに立ち上がろうとしている感じ(倭(大和)座りといいます)。

観音菩薩は片膝も立て、手には死者の魂を載せる蓮華の台をもっています。

倭座りの観音・勢至菩薩は、あまり作例が多くないように思います(代表的なのは京都三千院)ので、拝観できてテンションがあがりました。

大きなお像ではありませんが、動きが感じられて印象にのこります。

本堂のほかの仏像

・阿弥陀如来坐像(その2)
本堂の右側エリアに、もう一体阿弥陀如来さまがいらしたのですが、説明パネル等なく、詳細は不明でした。

・聖徳太子二歳像
聖徳太子が二才の頃の姿のお像。

・不動明王

広告- - - - - - - - - -

 



白毫寺 宝蔵の仏像は?

閻魔さまをはじめとする、地獄チームがおられるのは宝蔵のほう。
>>>白毫寺 宝蔵の仏像 - 閻魔・太山・司命・司録の地獄チーム必見 

 

shishi-report-2.hatenablog.com