仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【仏像解説】大別すると如来・菩薩・明王・天部の4階層【各グループの特徴】

各仏像の一覧はこちら>>>【仏像一覧表示】

仏像の分類

仏像を大きく分けると「如来」「菩薩」「明王」「天部」の4グループ。
これに「垂迹神・高僧・羅漢像」(神様や偉いお坊さんの像)を加えて5グループとすることもあります。

f:id:shishi-report:20210827231030p:plain

仏像の分類


最も位が高いのが「如来」で、「菩薩」「明王」「天部」と続きます。
各グループで役割が異なります。

広告- - - - - - - - - -

 



 

如来(にょらい)

元々は、「お釈迦さま=如来」でしたが、大乗仏教の成立に伴い、
如来:真実から来た者(の総称)
となりました。

お釈迦さまがモデルですので、如来像の基本形は「悟りを開いた釈迦の姿」

出家していますので、粗末な衣をまとうのみの質素なお姿です(※大日如来を除く)。

如来の特徴

f:id:shishi-report:20200415154728p:plain

 ①肉髻(にっけい)
知恵が発達しすぎて頭頂部が膨らみ、鏡餅のようになっています。

②白毫(びゃくごう)
眉間にある右巻きの白毛、伸びると1丈五尺(約4.5メートル!)。
光を放って世界を照らします。

③螺髪(らほつ)
右巻きにカールした髪の毛が固まりになっています。

如来の種類

釈迦如来(しゃかにょらい)

阿弥陀如来(あみだにょらい)

薬師如来(やくしにょらい)

毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)

大日如来(だいにちにょらい)

 

菩薩(ぼさつ)

菩薩は、覚りを求めて修行している者。

覚りを求めると同時に、修行することで、すべての生き物を救おうとしています。

菩薩像のモデルは、出家する前の王子時代の釈迦。
出家前なので、豪華な身なりで表現されることが多いです。

菩薩の特徴

菩薩像はバリエーションに富んでいるので、特徴を挙げるのが難しいのですが

・豪華な衣装、装飾品
ショール(天衣)をまとっていたり、宝冠を被っていたり、ネックレス(瓔珞:ようらく)やブレスレット(腕釧:わんせん)をつけたりと、豪華なお姿が多いです(※地蔵菩薩をのぞく)。

・持物(じもつ)を持っている
手には水瓶(すいびょう)や蓮華(れんげ)などを持っていることが多いです。

f:id:shishi-report:20200415165526p:plain


菩薩は、バリエーションに富んでいますし、豪華で見ごたえがあるお像が多いと思います。

菩薩の種類

菩薩は大別すると、
・観音菩薩
・観音以外の菩薩
となります。

観音菩薩 

聖観音(しょうかんのん)

十一面観音(じゅういちめんかんのん)

千手観音(せんじゅかんのん)

 →千手観音の持ちもの一覧

如意輪観音(にょいりんかんのん)

馬頭観音(ばとうかんのん)

不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)

准胝観音(じゅんていかんのん)

 

観音さまのグループ

六観音(ろくかんのん)

三十三観音(さんじゅうさんかんのん)
 (※)↑楊柳観音や白衣観音など↑

観音以外の菩薩

弥勒菩薩(みろくぼさつ)

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)

地蔵菩薩(じぞうぼさつ)

勢至菩薩(せいしぼさつ)

日光菩薩(にっこうぼさつ)・月光菩薩(がっこうぼさつ)

薬王菩薩(やくおうぼさつ)・薬上菩薩(やくじょうぼさつ)

 

明王(みょうおう)

やさしく諭しているだけで全員が救われるかというと……残念ながら難しいことも。

救うのが難しい人間・生き物を救うにはどうしたらいいのか。

相手の性質によっては厳しく対応することも必要、ということで、厳しい表情や恐ろしい姿をしているのが明王(※孔雀明王をのぞく)。

ルーツはバラモン教やヒンドゥー教の神で、密教が成立する過程で仏教に取り入れられました。

明王の特徴

・忿怒相(ふんぬそう)
怒りに満ちた表情をしています。

・光背が燃えさかっている
煩悩を焼き尽くす火炎を背負っていることが多いので、光背がごうごうと燃えているように表現されます。

・持物などがおどろおどろしい
を身体に巻きつけていたり、ドクロを持っていたり、迫力あるお姿です。

明王の種類

不動明王(ふどうみょうおう)

降三世明王(ごうざんぜみょうおう)

軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)

大威徳明王(だいいとくみょうおう)

金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)

孔雀明王(くじゃくみょうおう)

愛染明王(あいぜんみょうおう)

烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)

大元帥明王(たいげんすいみょうおう)

 

天部(てんぶ)

天部は「仏教を信じる心を護る」役割。
仏教界におけるガードマン、ともいえるでしょうか。

元々は古代インドのヒンドゥー教やバラモン教の神々。
仏教が発展する過程で取り入れられていきました。

「古来の神々も従うほど仏教はすごい」ということを表したかったのでは、と思います(ここらへんは先人たちの人間らしさを感じなくもないですね)。

天部の特徴

・多種多様
如来・菩薩・明王には、基本形的な特徴がありますが、天部は起源がバラバラなので、そのお姿もバリエーションに富んでいます。

・ガードマン的立ち位置
仏教を守護するので、如来や菩薩を守るような配置で立っていたりします。
お寺の大門にて厳しい表情で迎えてくれる仁王像(金剛力士像)なども天部です。

天部の種類

天部は大別すると
・貴顕天部(きけんてんぶ)
温和の貴人の姿→梵天・帝釈天・吉祥天など

・武装天部(ぶそうてんぶ)
甲冑・武器などで武装した姿→四天王・金剛力士(仁王)など

に分けられますが、あまりにも多種多様(200種以上とも)なので、共通するところは少ないです。

梵天(ぼんてん)

帝釈天(たいしゃくてん)

金剛力士(こんごうりきし)・執金剛神(しゅこんごうしん)

四天王(してんのう) - 持国天(じこくてん)・増長天(ぞうちょうてん)・広目天(こうもくてん)・多聞天(たもんてん)

毘沙門天(びしゃもんてん)

兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)

吉祥天(きっしょうてん・きちじょうてん)

弁才天(べんざいてん)

訶梨帝母(かりていも)※別名:鬼子母神(きしもじん)

伎芸天(ぎげいてん)

大黒天(だいこくてん)

韋駄天(いだてん)

閻魔天(閻魔王:えんまおう)

 関連⇒十王(じゅうおう)

摩利支天(まりしてん)

歓喜天(かんぎてん)

深沙大将(じんじゃだいしょう)

荼吉尼天(だきにてん)

妙見菩薩(みょうけんぼさつ)

天部で構成されるグループ

八部衆(はちぶしゅう)

 ↳阿修羅(あしゅら)

十二神将(じゅうにしんしょう)

二十八部衆(にじゅうはちぶしゅう)

十二天(じゅうにてん)

 

垂迹神(すいじゃくしん)

垂迹神とは、仏さまが日本古来の神様と結びついて誕生した神々のこと。
日本独自の「神仏習合」のスタイルで、平安~明治時代に神仏分離令が出るまで続きました。

彫像としては多くはないですが、僧形八幡や蔵王権現など、意外とお見かけするので、整理しておきます。

垂迹神の種類

僧形八幡(そうぎょうはちまん)

雨宝童子(うほうどうじ)

 

 

羅漢(らかん)

羅漢(らかん)とは、お釈迦さまの弟子や、最高位の修行僧のこと(正しくは「阿羅漢(あらかん)」)。

人間でありながら、悟りを開き、これ以上学ぶことがない聖者たちです。
代表としては釈迦から直接学んだ10人の弟子(十大弟子)など。

高僧(こうそう)

高僧とはその名からも想像がつく通り、実在の人物であるけれども、仏教の普及に多大なる影響を与えたお坊さんです。

あえて超簡単に表現するなら「ものすごく偉いお坊さん」という感じでしょうか。

代表例でいうと、失明しながらも中国から日本にやってきた鑑真や、奈良の大仏造立に奔走した行基などが挙げられます。

基本的には実在の人物なので、生前の姿がありありと浮かぶような姿で表現されることが多いです。

如来像や菩薩像は造像の際にルールがあるのですが、高僧像は制約がないので、仏師の個性が出やすいのもポイントです。




 (以降準備中)

(参考)もともと、仏像は存在しなかった

仏教の開祖である、お釈迦さま。

お釈迦さまは、自分の存在を信仰の対象にはしなかったので、当時は仏像はありませんでした。

お釈迦さまが亡くなった後も、仏像ではなく、卒塔婆や法輪や菩提樹の木や仏足石などが釈迦の存在を象徴していたそうです。

仏像がつくられ始めたのはそれから数百年も経ってからのこと(紀元前1世紀ころ)。

当時の文化や美術の影響を受けてのことだそうですが、「目に見えるもの」が欲しかったのかもしれませんね。

そこからさまざまな形の仏像がつくられ始め、日本に渡ってきたのが538年(552年という説も)。

以来、日本でも独自に仏像がつくられるようになり、大切に守られてきたわけです。

お釈迦様からすれば、仏像崇拝という形式は本意ではないのかもしれませんが、仏像をきっかけに仏教に興味を持ったという人、またそれによって救われたという人もいるでしょうから、仏像は重要な役割を担っているともいえるのではないか、と私は思います。