仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【基礎知識】十一面観音とは? - 11の顔ですべての人々を見守る救済者

十一面観音(じゅういちめんかんのん)とは?

十一面観音巡礼 愛蔵版

33もの姿に変身できる観音さま。

その変身したお姿(変化観音=へんげかんのん)の一つが、十一面観音です。
変化観音の中では最も早く成立したタイプなのだとか。

名の通り、頭上に11のお顔を持っています。
とても特徴的なので、初めて拝観するとそのインパクトに「おおっ」となりますよね。

 

 

十一面観音の特徴

11面の内訳は次のようになっています。

・前3面
(菩薩面:慈悲の表情)
・左3面
(憤怒面:怒りの表情)
・右3面
(狗牙上出面:歯を見せてほほ笑む)
・後ろ1面
(大笑面:大爆笑している)
・頭上
(仏面)

(※本面を合わせて11面の場合もあります)

注目は、後頭部に位置する大爆笑のお顔でしょうか。
悪行を笑い飛ばして善行に導くのだとか。

全体的なお姿としては、観音像の基本形と同じです。
腕は四本の場合もあるようですが、二本のケースが多いように思います。

広告  



十一面観音像の実例

立っている像(立像)

奈良 法華寺(ほっけじ)

かなり有名なので、写真等でご覧になった方も多いかもしれません。

国宝で、通常は非公開ですが、分身像はいつでも拝観できます。
蓮華のつぼみや葉っぱで構成される光背が特徴的。

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

奈良 海龍王寺(かいりゅうおうじ)

法華寺の近くにある海龍王寺も、十一面観音立像が有名です。

十一面すべてを拝観できるのは、特別公開時期のみですが、普段も戸帳ごしに拝観できます。

長らく秘仏だったため、保存状態がよく、お肌がほんのり発光しているように見えるほど。
美しい、のひとことです。

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

奈良 西大寺(さいだいじ)

四王堂の十一面観音立像はなんと6メートル越えの大きさ。
そんなに大きいとは知らずに訪れたので、とてもビックリした思い出が。
呆然と見入ってしまいました。

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

奈良 大安寺(だいあんじ)

普段は秘仏ですので、特別公開時期に訪れるのがおすすめ。
がん封じのご利益で有名です。

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 



ここまで紹介した仏像の写真は、下記サイトで見ることができます(すごい豪華)。

大和路秀麗 八十八面観音巡礼



座っている像(坐像)

坐像は作例が少ないようです。

滋賀県 櫟野寺(らくやじ)

普段は秘仏だそうですが、私は東京国立博物館にて2016年に開催された『平安の秘仏 櫟野寺の大観音とみほとけたち』という展示で、十一面観音坐像を拝観しました。

日ごろ秘仏だからでしょうか、金がきれいに残っていて、光っていました。
5メートル近くあって(お体は3メートルくらい)、迫力もありましたね。

f:id:shishi-report:20200514131648j:plain

『平安の秘仏』 ポスター (東京国立博物館)


広告  


おわりに

11のお顔は、造形が細かいことが多いです。
美術館や博物館で拝観できる機会であれば、オペラグラスを持参するとよいです。
(美術館等では、彫刻として、芸術面にもフォーカスしているので、オペラグラス等を使用しても大丈夫だと思います。
一方、お寺の場合は、「仏さま」ですので、失礼にあたるケースもあるかもしれないと考え、私は一応控えることにしています。
お寺の方に確認してみてもよいかもしれませんね)

参考文献