仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】西大寺 四王堂 - 5メートル超の十一面観音に圧倒された

西大寺の四王堂で拝観した仏像の感想です。

 

西大寺 四王堂(しおうどう)

奈良時代、西大寺の造営が進行していく中、最初に祀られたのが四天王(これは特異なことらしい)で、四天王のための四王堂も同時に建立されたそうです。

現在のお堂は1674年に再建されたもの。

f:id:shishi-report:20190714015509j:plain

四王堂

 

十一面観音立像

お堂内に足を踏み入れてまず驚いたのが、中央に屹立する大きな十一面観音像の姿。
丈六(5メートル)以上だそうです。

その大きさに加え、どこか幻想的な雰囲気に飲み込まれました。
写真じゃ伝わりきらない魅力・迫力です。

まさか、街中にある西大寺で、こんな大きな仏像を拝観できるなんて想像していなかったので、びっくりしました。


長谷寺式と呼ばれる形式で、右手に錫杖、左手に華瓶を持っています。
錫杖は地蔵菩薩がよく持っているイメージだったので、十一面観音が持っているのは珍しいな、と思いました。

元々は別のお寺(法勝寺)のご本尊でしたが、破損していたのを叡尊さんが修復、1289年に西大寺に移動となったそうです。


四天王

四天王は文亀二年(1502)の兵火以降に再興したもの(と考えられる)。

四天王のうち三体は銅像、多聞天は左膝の下半分以外木造だそうです。
が、ぱっと見た感じでは木造も銅像も、あまり違いがわからなかったですし、四体の調和がとれているように思いました(以前の姿を忠実に再現しているのではないかと感じました)。

四天王といえば、邪鬼を踏みつけているのが定番のスタイルですね。
邪鬼の造形や表情に、仏師の個性が出たりもします。

なので、邪鬼の表情を見るのも楽しみの一つ。
邪鬼は、仏教に対する「悪」を表現しており、踏まれているので苦しげな表情をしてはいるのですが、どうにも憎めない表情ですよね。

だいぶコミカルな場合もあって、一人でクスクスしてしまうこともあります(できるだけこらえますが)。

今回驚いたのは、四天王のうち、増長天が踏みつけている邪鬼は、創建当初、天平時代のもの、ということ!

かなり存在感があり、ダイナミックでした。
とても創建当初のものとは思えません。
幾度もの火災を乗り越えてきたと思うと、感慨深いものがあります。

写真は公式ウェブサイトでご覧になれます。

西大寺 四王堂 十一面観音・四天王 (公式サイト)

西大寺で観られる他の仏像

・本堂

shishi-report-2.hatenablog.com

 

・愛染堂

shishi-report-2.hatenablog.com

 
西大寺もくじページへ

shishi-report-2.hatenablog.com

 


広告