仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】東大寺 中門 - 江戸時代に再興された兜跋毘沙門天&持国天

上に東大寺中門の画像、下に仏像の画像二枚

東大寺中門と仏像

本記事は、東大寺中門の仏像について紹介しています。
東大寺の記事一覧はこちら

 東大寺 中門(ちゅうもん)

東大寺の中門を参道から撮影した画像

東大寺 中門

南大門をくぐると、見えてくる中門。
この先が大仏殿となります。

中門に近づいてみましょう。

東大寺中門を撮影した画像

中門 近づいてみる

現在の中門は、江戸時代(1716年)に再興されたもの。

東大寺の中門と回廊を斜め横から撮影した画像

中門から回廊がのびる

両脇に西回廊と東回廊がのびています。

大仏殿に入る入口は中門(にむかって)左側にあり、通常はそちらから出入りするため、この中門を直接くぐる機会は少ないかと思われます。

ですが、この中門にも珍しい仏像が!
仏像好きの方はお見逃しなく。

中門の仏像

中門再興後、京仏師の山本順慶をはじめとする一門によって、持国天&兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)が造立されました(1719年開眼供養)。

兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)

お寺の門に仏像が安置されている

東大寺中門の兜跋毘沙門天立像

四天王のうち、北方を守る多聞天(たもんてん)。
多聞天が単独で祀られるときは「毘沙門天」と呼ばれます。

毘沙門天のうち、「中国・唐時代の兜跋国に出現した」と言われているのが兜跋毘沙門天です。

一般的な毘沙門天とは異なるお姿。
三面立という冠を被り、金鎖甲(きんさこう)という、複雑に編み込まれた鎧を着ています。

さらに衝撃的なのが、台座に地天&邪鬼がいること!

地天女の両側に邪鬼がいる画像

足元に地天女&邪鬼

(余談ですが、柵の隙間から撮影した画像3枚をつなげました。うまくできたと思う♪)

邪鬼コンビは「尼藍婆(にらんば)&毘藍婆(びらんば)」。
元は悪い鬼ですが、仏教で改心したのだとか。

他の(四天王に踏まれている)邪鬼と比べると、丸っこくてかわいらしい気がします。
尼藍婆・毘藍婆が女性であることも関係しているのかもしれませんね。

(毘沙門天のほかの記事>>>【奈良国立博物館】毘沙門天 - 有名どころが勢揃いで見ごたえが凄まじかった 

持国天(じこくてん)

柵の奥に仏像が安置されている画像

東大寺中門の持国天

持国天は、四天王のうちの一尊で、東の方角を守る仏です。
こちらはスタンダードなお姿かと思います。

網があると見えづらいのが残念ではありますが、防犯ほか考えると仕方ないですね。
網越しでも目がバチっと合うのがスゴイ。

足元の邪鬼はこんな様子。

邪鬼を踏んでいる足の画像

持国天の足元

邪鬼も比較的スタンダードなタイプかな、と。
足元をよく見ると、彩色が少し残っていますね。


東大寺にお越しの際は、中門の仏像チェックもお忘れなく。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

東大寺のほかの記事をさがす

shishi-report-2.hatenablog.com