仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【仏像の知識】毘盧遮那仏(如来)とは? - 真実の教えそのものを実体化した仏像

毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)とは?

※廬舎那仏と呼ぶこともあります。
※「遮」は「舎」と書くこともあります。

釈迦如来はお釈迦さまがモデルですが、毘盧遮那仏は仏教の真理という「概念」を形にしたものです。
法身仏(ほっしんぶつ)といいます。

「お釈迦さま=毘盧遮那仏の分身」と考えるお経もあります(『華厳経』や『梵網経』など)。

毘盧遮那如来は千枚の花びらの蓮華に座り、花びら一枚には百億の国が存在し、ひとつの国にひとりの釈迦が表れるという。人間が住む世界は毘盧遮那如来が照らす広大な世界のうちの小さな一国に過ぎないという。

『写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!』P.40


いまいちピンとこないかもしれませんが……
大きな世界の象徴、みたいな感じでしょうか。

広告- - - - - - - - - -

 



毘盧舎那仏の特徴

基本は如来型

・白毫(額の中央にある丸まった白い毛)
・三道(首の三本のしわ)
・衲依(質素な服)
・肉髻(知恵が発達しすぎて盛り上がった頭)
など、姿かたちは如来の基本形と同じ。

壮大なスケール感

奈良の東大寺の大仏さんのように、巨大につくられることが多いです(だから造像例も少ない)。

毘盧遮那仏の実例

奈良 東大寺

最も有名なのは「奈良の大仏さん」こと東大寺の盧舎那仏。

修学旅行で拝観したことがあるという方も多いかもしれません。

f:id:shishi-report:20170425092759j:plain

東大寺 廬舎那仏坐像

とんでもない迫力ですよね。
光背に複数の化仏も確認できます。

この大きさ&迫力であれば、「教えそのもの」を表している、と聞いてもなんとなく納得してしまう。

大仏殿には大仏さん以外にも巨大なお像が勢ぞろいで圧倒されます。

拝観レポート>>>東大寺 大仏殿 - 大きな仏像たちに圧倒されっぱなし

shishi-report-2.hatenablog.com


奈良 唐招提寺

唐招提寺の金堂にも廬舎那仏さんがいらっしゃいます。
像高339.4cmですので、東大寺の廬舎那仏に比べるとコンパクトですが、光背をびっしりと埋めるたくさんの化仏が印象的です。

公式サイト>>>金堂 | 伽藍と名宝 | 唐招提寺

広告- - - - - - - - - -

 



おわりに

その大きさから、「鎌倉の大仏」vs「奈良の大仏」と比べられることがありますが、「鎌倉の大仏」は阿弥陀如来で、「奈良の大仏」は毘盧舎那仏で、実は役割の異なる仏像なんですね(「如来」カテゴリであることは同じですが)。

違いがわかってくると、拝観・仏像観賞がどんどん楽しくなります。

参考文献

仏像の見方ハンドブック-仏像の種類と役割、見分け方、時代別の特徴がわかる (池田書店のハンドブックシリーズ)

写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!

日本の仏様 解剖図鑑