仏像、ときどきアート

仏像、観光、美術館など、見たもの感じたことの記録

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【基礎知識】阿弥陀如来とは? - 人々を極楽浄土に導いてくれる存在

阿弥陀如来とは?

仏教の開祖であるお釈迦さまの姿を具現化した(釈迦如来像)のが、仏像の始まり。

最初は釈迦如来像だけだったのですが、大乗仏教の成立にともない、釈迦以外の如来像がつくられるようになったそうです。

たとえば阿弥陀如来
人々を極楽浄土に導くという存在ですね。

死ぬときに「南無阿弥陀仏」と唱えれば、極楽浄土から阿弥陀如来さんが迎えに来て、連れて行ってくれる、というエピソードを聞いたことがある、という方は(仏教徒でなくても)多いのではないでしょうか。
亡くなることを「お迎えがくる」とも言ったりするのは、このエピソードからきているのでしょう。


生きている間は、だれも死んだことがありませんから(仮に輪廻転生しているとしても覚えていませんし)、死とは不安なものですよね。

その不安に対し、「いざとなったら阿弥陀さまが来てくれるのだから」と安心することで、今ある生をまっとうしよう、ということなのでしょうね。

昔は、現代のように医学や科学も発達していませんから、「死」や「死後」って、「ほんとうに得体のしれないもの」だったでしょう(まあ、今もそうですが)。

だからこそ、阿弥陀如来の存在は、人々の心の支えになってきたのだろうと思います。


阿弥陀如来像の特徴

大枠としては「如来像」なので、肉、白毫、三道(のど元の三本のしわ)、質素な衣など、釈迦如来像と共通しているところも多いです。

阿弥陀如来像としての一番の特徴は、印相と呼ばれる手指の形。
「阿弥陀定印」と呼ばれる印相を結んでいることが多いです。

(イメージ図
※フリーハンドで描いているので、正しい形は本などでご確認いただけると幸いです

f:id:shishi-report:20200229230058p:plain

 

両掌を上に向けて臍前で重ね、両人指し指を合わせて立て、その指先に親指を載せる。阿弥陀如来が瞑想している時の印相。

石井亜矢子『仏像の見方ハンドブック』池田書店(2015)P.149


ちなみに、阿弥陀如来が結ぶ印相は9種類もあります!
どの印相になるかは、生前の功徳によって変わるのだそうです。
上で紹介した「阿弥陀定印」は最高ランクのもの。


阿弥陀如来像の例

坐像(座っているタイプ)

鎌倉大仏

一番有名なのは、「鎌倉大仏」でおなじみ、高徳院の国宝銅造阿弥陀如来坐像でしょうか。

www.kotoku-in.jp

(実は私、まだ観たことないんです。
中学生の頃の遠足で、鎌倉には行ったのですけど……。
班行動だったので、いろんな人の思惑が交錯しますからね。
特に仲の良いメンバーでもなく、雨が降って寒かったし、終盤は全員イライラしていて辛かった思い出しかない)


平等院鳳凰堂

京都・宇治の平等院、鳳凰堂にいらっしゃる阿弥陀如来も有名ですね。

www.byodoin.or.jp

(平等院には行ったのに、鳳凰堂が修理中で阿弥陀如来像は観られなかった……という過去記事)

shishi-report-2.hatenablog.com

 

立像(立っているタイプ)

私が拝観した中で、かなりインパクトがあったのが、奈良国立博物館所蔵の阿弥陀如来立像。

なんと、衣服をお召しになっていないのですよ!
(ご安心ください、大事なところには蓮華で覆われています)

最初に観たときはつい「さ、寒くありませんか?」と聞いてしまいそうでした。
脚も細いので、心配になります。

阿弥陀如来立像|奈良国立博物館




三尊像タイプ

阿弥陀如来像の両脇に小さな仏像が配されているタイプです。
右が観音菩薩、左が勢至菩薩、であることが多いようです。


京都ですと、三千院や仁和寺の阿弥陀如来三尊像が有名のようです。

http://www.sanzenin.or.jp/

仁和寺の仏像・彫刻 | 世界遺産 真言宗御室派総本山 仁和寺




ちょっと珍しいタイプ

宝冠阿弥陀如来

よく覚えているのが、岩手・毛越寺の常行堂にいらっしゃる「宝冠阿弥陀如来像」。

名前の通り、立派な宝冠を被っておられるのですが、垂れる飾りがリボンみたいでかわいかったです。

(過去記事)

shishi-report-2.hatenablog.com

 

五劫思惟阿弥陀如来像

頭(頭髪)が大きいので、ガイドブックなどでは「アフロヘア」と表現されることもある五劫思惟阿弥陀仏。

ものすごい長い時間、考え事(思惟)をしていた、ということを伸びまくった螺髪(らほつ)で表現しているのだそうです。

「如来」と名前がついていますが、如来以前のお姿なんだとか。
(※なので、「阿弥陀如来」とせず、「阿弥陀仏」としている場合もあるようです)
阿弥陀定印などは結ばず、合掌などが多いようです。


開扉日が限られていますが(開扉日以外は予約が必要)、奈良の五劫院(東大寺の末寺)の「五劫思惟阿弥陀仏坐像」など。

五劫思惟阿弥陀仏坐像|五劫院|奈良市|奈良エリア|秘宝・秘仏 特別開帳|祈りの回廊|巡る奈良 [奈良県]




おわりに

参考文献

 

写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!
 

 
仏像観賞をしていると、阿弥陀如来像にもわりとよく遭遇します。
釈迦如来像よりは多いような気がしますね。

阿弥陀定印を結んでいれば「阿弥陀さんだ」とパッとわかりますが、それ以外の印相だと、他の如来像とごっちゃになってしまいます。
個人的にはそのあたりが今後の課題かな。


死の瞬間に迎えに来てくれるということで、穏やかなお顔も特徴の一つ。
悩んでいるときは阿弥陀如来像に会ってみてはいかがでしょうか。


広告