仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【基礎知識】金剛力士(仁王)・執金剛神とは? - 金剛杵を持つお寺のガードマン

金剛力士(こんごうりきし)・執金剛神(しゅこんごうしん)とは?

仁王像が並んで立っている画像

金剛力士立像(金峯山寺 奈良博にて展覧中)

お寺の大きな門の左右に、厳しいお顔で立っている金剛力士。
「仁王(におう)さま」という呼び方のほうがよく聞くかもしれません。
お寺や仏教を守る守護神です。

もともとは、執金剛神(しゅこんごうしん)という、お釈迦さまの守護を担当する仏で、二人組ではなく、単独で祀られていました。

〇 2神でひと組の場合→金剛力士(阿形・吽形)or 仁王
〇 単独で祀られている場合→執金剛神

と考えてよいようです。

両者ともに共通する特徴は「金剛杵(こんごうしょ)」という武器を持っていること。ルーツをたどると「稲妻」からきていて、さらに「ダイヤモンド」の意味もあるので、「すごい力の象徴」といったところでしょうか(密教では煩悩を破る武器でもある)。

仏教法具の金剛杵のイラスト

金剛杵イメージ


金剛力士と執金剛神、それぞれの詳しい特徴を見ていきましょう。

 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

金剛力士(仁王)像の特徴

2神でひと組

阿形(口を開けている)と吽形(口をとじている)で対になっています。 

金剛力士の頭部

阿形(右)と吽形(左)

阿形の「阿(あ)」はサンスクリット語の最初の音、と吽形の「吽(うん)」は最後の音。
つまり、「はじめから終わりまで」を示しているのだとか。

上半身裸で筋骨隆々(※)

甲冑よりも硬いのではないかと思うほどの筋骨隆々っぷり。
血管もあちこちに浮き上がっています。

仁王像の足元の写真

足も強い(善光寺)


(※)ただし、日本の古い時代の金剛力士像は、上半身裸ではなく、甲冑をまとっています(神将形:しんしょうぎょう)。

坊主頭かと思いきや、頭頂部でちょこんと髪を結っていたりする

金剛力士像の頭部を撮影した画像

金剛力士の頭部

スキンヘッド風に見えるのですが(※)、実は頭頂部に髻(もとどり:束ねた髪のこと)を結っている例も。

超強い系の風貌なのに、おだんごをちょこんと乗せているみたいで、なんともかわいらしいと私は感じてしまいます。

(※)興福寺のお像など、髻を結わず、剃髪(坊主頭)スタイルのものもあります。

執金剛神(しゅこんごうしん)像の特徴

単独で祀られる

仁王像の場合は、お寺の門などに安置されますが、執金剛神の場合は単独で堂内に祀られます。

武将の姿

基本的には古い時代の像となるので、上半身裸形ではなく、甲冑をつけた武将スタイルとなります。

作例が少ない

執金剛神は作例が少なく、仏像については東大寺法華堂のお像と、快慶作(京都金剛院)のお像が知られるくらいのようです。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

金剛力士像の実例

基本的に立像(立っている像)となります。

上半身裸で筋骨隆々タイプ

奈良 東大寺 南大門

金剛力士立像の上半身の画像

東大寺南大門の金剛力士立像(吽形)

有名な慶派仏師たちが69日で完成させたという、8メートル超えのお像。
詳しくは>>>東大寺 南大門 - 慶派仏師による仁王像と日本最古の石獅子

 

shishi-report-2.hatenablog.com

長野 善光寺 

近代日本を代表する彫刻家、高村光雲による仁王像。
>>>善光寺 - 高村光雲作の仁王像

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

武将タイプ(古い形式)

奈良 東大寺 法華堂

甲冑を着た、奈良時代の金剛力士立像。
阿形は髪を逆立て、ひげもたくわえるワイルドスタイル。
>>>東大寺 法華堂の仏像たち - オール国宝&3~4メートルの迫力あるお姿

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

執金剛神像の実例

奈良 東大寺 法華堂(秘仏)

武将スタイルで、単独で祀られています。
秘仏のため、お姿を拝見できるのは年に一度だけ。

東大寺法華堂のパンフレットの執金剛神の部分を撮影した画像

執金剛神像(東大寺法華堂パンフレットより)


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  


おわりに

金剛力士と執金剛神の見分け方をまとめます。
例外もありますが、だいたいはこの法則でよさそうです。

・お寺の門にいる
・2神で対になっている
・片方は口を開け、もう片方は口を閉じる
→金剛力士(仁王)

・金剛杵を持っている
・武将の姿
・単独でお堂内にいる
→執金剛神

他の仏像をさがす

shishi-report-2.hatenablog.com

 >>>一覧はこちらから

参考文献

仏像の見方ハンドブック-仏像の種類と役割、見分け方、時代別の特徴がわかる (池田書店のハンドブックシリーズ)

写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!

イラストでわかる 日本の仏さま (文庫)

天の仏像のすべて (エイムック 2696)

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告