仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【仏像の知識】閻魔天(閻魔王)とは? - 死者の行き先を決める裁判長

閻魔天(えんまてん)とは?

地獄と極楽 (仏教が好き!)

 

「エンマさま」としておなじみの、閻魔天(閻魔王と呼ぶことのほうが多い気がするので、以下「閻魔王」とします)。
地獄の世界で死者たちを裁く、冥府の裁判長です。

ルーツは死者の国を支配する「ヤマ」というインド神。中国の道教と結びついて閻魔王となりました。

閻魔王の正体は地蔵菩薩とする考え方もあり、閻魔さまの近くにお地蔵さまが配置されるケースもよくあります。

詳しい特徴を見ていきましょう。

広告- - - - - - - - - -

 



閻魔王像の特徴

日本の閻魔王像は、中国の影響を受けたお姿です。

中国の高級官僚の姿

中国の高級官僚が着るような衣服をまとい、巨大な帽子をかぶっています。

笏(しゃく)、鏡や閻魔帳などを持つ

日本のお像では、右手に笏、左手に浄玻璃の鏡(生前の悪行を映し出す)や閻魔帳を持ちます。

従者も一緒に祀られることが多い

閻魔さまのサポート役
司命(しみょう):死者の罪状を読み上げる
司録(しろく):書き留める
俱生神(ぐしょうじん):人の肩に乗って善悪を記録し、死後に閻魔様に報告する
などと一緒に祀られることが多いです。

閻魔王像の実例

座っている像(坐像)が基本形となります。

閻魔王は十王(地獄裁判官メンバー)のひとつとして祀られることが多いのですが、ここでは、単独(+従者)で祀られている例を挙げていきます。

奈良 白毫寺(びゃくごうじ)

白毫寺の閻魔王像(拝観リーフレットを撮影)

 

顔ごとこちらに飛んできそうな、ものすごい迫力の閻魔像。
閻魔さまと対をなす太山王は康円作と判明しています。

従者の司命・司録もとてもリアルな表情で、声が聞こえてきそう。

shishi-report-2.hatenablog.com

京都 千本えんま堂(引接寺:いんじょうじ)

公式ブログ>>>千本ゑんま堂 引接寺: 本尊閻魔法王


現在のお像は1448年に定勢によって再現されたもの。
口を大きく開けて舌が丸見えなのと、目のギラつき方がインパクト大。

京都 六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)

肩をいからせ、忿怒相を呈しつつも、どこかユーモラスな表情の閻魔さま。

公式サイトの写真>>>六波羅蜜寺の寺宝 - 補陀落山 六波羅蜜寺


(閻魔さまには触れていませんが、六波羅蜜寺の拝観記録)

shishi-report-2.hatenablog.com

広告- - - - - - - - - -

 

 


おわりに

エピソードとしての「えんま様」は子どもの頃から身近でしたが、意外と仏像を見る機会は少なかったように思います。
なので、お会いできるとなんだかうれしい。

体つきがどっしりとしていて、大きいお像が多いので迫力もあります。

他の仏像をさがす

☆一覧で表示>>>仏像の種類一覧 

好きな(思い入れのある)仏像10選【2021年時点】

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

参考文献

仏像の見方ハンドブック-仏像の種類と役割、見分け方、時代別の特徴がわかる (池田書店のハンドブックシリーズ)

写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!

イラストでわかる 日本の仏さま (文庫)

天の仏像のすべて (エイムック 2696)