仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【基礎知識】大元帥明王とは? - 国を守り、外敵を退散させる明王

大元帥明王(たいげんすいみょうおう)とは?

※「大」は「太」と表記する場合もあります。

秋篠寺の大元帥明王像を参考に描いたイラスト

大元帥明王 イメージ

大元帥明王は、国を守り、外敵を退散させる力を持つ仏です。

もとは、インドの薬叉神(人を食らう鬼神)だったのですが、仏教で改心し、国を守る明王となったのだそう。

平安時代、空海さんの弟子・常暁(じょうぎょう)によって日本に持ち込まれました。

それ以来、朝廷では、国家を守ってもらったり、外敵を退散させるための祈祷「大元帥法(たいげんのほう)」が毎年行われていたそうです(明治初期まで!)。


詳しい特徴を見ていきましょう。

 

大元帥明王像の特徴

仏画・彫像ともほとんどない

鎮護国家のための祈祷(大元帥法)は秘密の行事だったため、仏画・仏像ともほとんどないようです。

明王のなかでもっとも恐ろしい姿

明王といえば、忿怒相が特徴のひとつ。
孔雀明王以外はみんな、怖いお顔や迫力ある容姿をしています。
そんな怖い仏集団の中でも、「もっとも恐ろしい姿」らしいです。

具体的には
・ヘビを巻き付けている
・二匹の悪い鬼を踏んでいる
・ドクロの首飾りを下げている
など。

大怒印(だいどいん)という印相を結ぶ

右手は人差し指と小指を立てて、こぶしをつくる「大怒印」。
名前からしてすごいですよね、「きく相」ですもの。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

大元帥明王の実例

奈良 秋篠寺

大元帥明王像といえばここでしょうか。
鎌倉時代の一面六臂(お顔が一つ、手が六本)のお像。

毎年6月6日のみ、開扉となるようです(2020年は新型コロナ流行のため中止でした)。

大元帥明王立像特別開扉|秋篠寺|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット|奈良市|奈良エリア|イベント

 

富山 慈光院

4メートルもある大元帥明王。
10月17日の火渡り法要の日に開扉されます。

柴燈大護摩法要(火渡り) | 白馬山 慈光院

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  


おわりに

仏像の例が極めて少なく、また開扉日も限られているため、めったに拝見できない大元帥明王。

めったに拝観できない、と思うとますます拝観したくなりますよね。
秋篠寺の開扉日は、朝から行列になるほどの混雑ぶりのようです。 

今後の開扉状況については、新型コロナウイルス流行の影響で不明ですが、いつか、大元帥明王さんにお会いできるといいな、と思います。

他の仏像をさがす

shishi-report-2.hatenablog.com

 >>>一覧はこちらから

参考文献

仏像の見方ハンドブック-仏像の種類と役割、見分け方、時代別の特徴がわかる (池田書店のハンドブックシリーズ)

イラストでわかる 日本の仏さま (文庫)

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告