仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】旧奈良監獄③ - 医務所や牢舎(ギス監)の写真

本記事では、医務所や隔離病舎、牢舎(通称ギス監)、その他敷地内の様子をお送りします。

 
(独居房や看守所などの様子はこちらから)

shishi-report-2.hatenablog.com

 

マップ

f:id:shishi-report:20200110022005p:plain

敷地内ジオラマ

(写真中の番号は各見出しと対応)

 

⑥医務所

庁舎からは南北方向に細長い建物が伸びているのですが、それが趣ある通路というか、中庭のような空間を作り出しています。

もみじがきれいに色づいていました。
水は枯れていましたが、小さな池の跡もあります。

 

f:id:shishi-report:20200109142736j:plain

庁舎からのびる建物


中庭(?)から医務所方面を見ると下の写真のような景色。
もみじの向こう側に立っているのが医務所です。

f:id:shishi-report:20200109142636j:plain

医務所




医務所の外観がわかりづらいので、反対側から撮った写真を載せます。

f:id:shishi-report:20200109142552j:plain

医務所 (史料館付近から撮影)


棟の中央に八角平面の塔屋を冠した建物。
医務所とは思えないほどおしゃれです。


さて、中庭側へ戻りまして。

f:id:shishi-report:20200109143148j:plain

医務所 入口

医務所内へ入っていきます。

f:id:shishi-report:20200109143236j:plain

医務所 八角平面塔屋の内部

八角平面の塔の部分の内部です。
吹き抜けになっているんですね。
当たり前だけど、天井が高い!

f:id:shishi-report:20200109143857j:plain

診察室


診察室はわりと「普通」な感じですね。

f:id:shishi-report:20200109143937j:plain

処置室

処置室は全面タイル貼りで、ものものしい雰囲気です。

f:id:shishi-report:20200109144036j:plain

病室

医務所に隣接した病室もあります。

このほかに、調剤室やレントゲン写真を現像すると思われる部屋もありました。


⑦第六寮

医務所とつながっていたのが第六寮。

f:id:shishi-report:20200109144420j:plain

第六寮入口


医務所に近いので、病棟としての位置づけだったのかな?と思っていたのですが、そのわりには随分ポップな雰囲気。

f:id:shishi-report:20200109144456j:plain

第六寮


赤・青・黄の信号カラー。
白い壁ともマッチしていて、どこかマリンっぽいテイスト。

f:id:shishi-report:20200109144506j:plain

第六寮

この写真だけを見ると、監獄感ないですよね(まあ、トイレは透けてるんですが)。
少なくとも、第一寮~第五寮の重い雰囲気とは大違い。

通りすがりの見学者も「え? かわいい(監獄なのに)?」など、逆にちょっと戸惑っておられました。

f:id:shishi-report:20200109144515j:plain

第六寮


病室であれば、清潔さを保つために、床にはじゅうたんなど敷かないと思いますので、通常の雑居房・独居房なのかな、と思います。

第六寮ということですから、比較的最近(昭和とか)につくられたのかな。

⑧隔離病舎

医務所とは別に、独立して建っている建物がありました。
隔離病舎です。

精神疾患者が暴れたりした場合に収容したようです。
人権的な配慮から、近年は使用されていなかったようですが。

f:id:shishi-report:20200109145546j:plain

隔離病舎


サイズ的には「蔵」のような印象でした。

f:id:shishi-report:20200109145626j:plain

隔離病舎 格子
f:id:shishi-report:20200109145709j:plain
f:id:shishi-report:20200109145717j:plain
隔離病舎 外観

ドアや窓がいちいち重厚で、なんとなく重苦しい雰囲気。

ここに閉じ込められたら……と想像するのすら怖いですね。


⑨牢舎(ギス監)

f:id:shishi-report:20200110013245j:plain

牢舎


明治維新前、奈良奉行所時代の座敷牢の一部(屋内にあったようです)。 

通称を「ギス監」と呼ぶのは、キリギリスを入れておく虫カゴに似ているから!

監獄がいかに近代化したか、という比較のために、移築・保存されてきたとのこと。

f:id:shishi-report:20200110014007j:plain

牢舎 出入口

出入口も身をかがめて出入りしなければならいサイズ。


f:id:shishi-report:20200110014116j:plain

お手洗い

広さはわずか1.5畳!
お手洗いも「ただの穴」でした。

現在は外に置かれているので日が入りますが、当時は屋内に設置されていたようですので、相当暗かったでしょうね。

狭いし、暗いし、汲み取り式トイレはすぐそこにあるし、いかにも気が滅入りそう。

罪を犯した人には人権などゼロだったというのがよくわかります。

確かにこのギス監と旧奈良監獄を比べたら、とんでもない進歩といえますね。



➉監獄史料館

 

f:id:shishi-report:20200110015044j:plain

監獄史料館

表門を入って右手、元は食糧倉庫だった建物が監獄史料館としてプレオープンしていました。

f:id:shishi-report:20200110015308j:plain

監獄史料館

f:id:shishi-report:20200110015328j:plain

元は食糧倉庫

旧奈良監獄に関する映像を上映していたり、どんな刑罰があったかなどの資料が展示されていました。

f:id:shishi-report:20200110015433j:plain

刑務官の制服

まだプレオープンだからか、意外と展示物は少なかったですね。

旧奈良監獄がホテルに生まれ変わっても、この建物は史料館として見学できるのだろうと思われます。



その他 敷地内の写真

敷地内を歩いていて、「おおお」と思ったところの写真たちを紹介します。


f:id:shishi-report:20200110015741j:plain

敷地内から表門を見る

監獄史料館あたりから表門を眺めると、どこか遠い国のお城のように見えました。


f:id:shishi-report:20200110015844j:plain

収容棟外観

収容棟の第一寮から外に出て、第三寮あたりまで歩くことができたのですが、完全に「外国」な雰囲気でした。
雲っていたことや、木が枯れているのがまた雰囲気にマッチしている。

そして、背後にあるのは塀。

f:id:shishi-report:20200110020619j:plain

高い塀 敷地内から

旧奈良監獄は、ジャニーズの映画『少年たち』の舞台として使用されたらしく、ファンと思しき若い女の子たちがこの塀付近でやたら写真を撮っていました。

 

映画 少年たち 特別版Blu-ray [Blu-ray+DVD]

映画 少年たち 特別版Blu-ray [Blu-ray+DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2019/12/04
  • メディア: Blu-ray
 

 



f:id:shishi-report:20200110020257j:plain

史料館と医務所の間の塀

監獄史料館と医務所の間にある塀。
現在は途中で途切れていますが、以前は外塀と続いていたのでしょうか。

f:id:shishi-report:20200110020416j:plain

塀の断面

塀の断面がおもしろい。
下のほうが太くなっているんですね(当たり前だけど、こうして実物を見ると納得感がある)。



おわりに

建築物好きとしては、かなり見ごたえがありました。
正直、すごかった、としか言いようがないです。

今まで見た建築物の中でインパクト第一位かも。

取り壊されなくて、本当によかった。

ホテルになると、どんな感じになるのでしょう。
星野リゾートですから、かなりきれいな感じになるのでしょうか。

個人的にはこのちょっと陰鬱な雰囲気を壊さないでいただきたい気もしますが、高級ホテルとして運用するのだからそうもいかないでしょうね。
その路線はその路線で楽しみです。


広告