仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】法隆寺 金堂 - 国宝の釈迦三尊像は飛鳥時代の記念碑的彫刻

法隆寺 金堂

f:id:shishi-report:20180503112115j:plain

金堂 大講堂側から

法隆寺の金堂の拝観レポートです。
主に仏像について記しています。

- - - - - - - - - -
広告

 

金堂 配尊図

記憶を頼りに、お堂内の配尊図を描いてみました。
地蔵菩薩ともう一体吉祥天がいらしたかもしれません。記憶が曖昧になってしまっているので、目安としてお考えください)

f:id:shishi-report:20180504133647p:plain

法隆寺 金堂 配置図

 

釈迦三尊像

ご本尊は、ガイドブックなどでもおなじみの、金銅釈迦三尊像

f:id:shishi-report:20180503112744j:plain

金堂内部 パンフレットを撮影したもの

日本初の本格仏師、鞍作止利(くらつくりのとり)の代表作。
飛鳥時代の記念碑的作例とも言われ、とても有名な仏像です(国宝)。

仏像の本を読むと必ず記載がありますし、仏像観賞においては「基本」となる位置づけでしょうか。


パンフレットに記載の写真は斜めからのアングルなので、正面からのイメージを描いてみましたが……なんか違うものになってしまいました(汗)
あくまでイメージ、ということで。

f:id:shishi-report:20180826143120j:plain

釈迦三尊像 イメージ

Amazonリンクを探してみたら、本の表紙に写真がありました。

もっと知りたい法隆寺の仏たち (アート・ビギナーズ・コレクション)


中央が釈迦如来(仏教の開祖、お釈迦様がモデル)で、両脇に薬王・薬上菩薩(現代風に言えば、薬剤師さん兄弟)が配置されています。

聖徳太子の病気回復を願って作り始め、亡くなった翌年に完成したそうです。
釈迦如来ではありますが、聖徳太子(をイメージした)像でもあるらしい。

お顔のアップはこちら(Amazonリンクより)。

法隆寺 DVD-BOX 全2枚【NHKスクエア 限定商品】


大陸的なお顔ですね。

金堂内 その他の仏像

配尊図でも示したように、金堂内にはほかにもたくさんの仏像が。

薬師如来(国宝・飛鳥時代)

聖徳太子の父の用明天皇の病気が治るように、と作られた仏像。
完成したのは607年(用明天皇はすでに崩御)。
釈迦三尊像と似た雰囲気です

創建当時の法隆寺はこの薬師如来をご本尊としていたようです。

阿弥陀三尊(鎌倉時代、慶派仏師による再興)

聖徳太子の母の穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇后のために造られたそうです。
元のお像は盗難に遭ったため、現在拝観できるのは鎌倉時代に慶派仏師の康勝(運慶の四男)が造ったもの(それはそれですごい)。

四天王(国宝・飛鳥時代)

現存する日本最古の四天王。
クスノキを彫って作られた仏像です。

四天王といったら甲冑を着た武将スタイルが思い浮かびますが、こちらの四天王は少々貴族っぽい雰囲気をまとっています。


(関連記事にも少し書いています)
奈良国立博物館での特別展「聖徳太子と法隆寺」(会期終了)

shishi-report-2.hatenablog.com

 

法隆寺 ほかのみどころは?

大宝蔵院(だいほうぞういん)の夢違観音(ゆめたがいかんのん)と百済観音(くだらかんのん)がおすすめ。
shishi-report-2.hatenablog.com


法隆寺【記事一覧】

 

- - - - - - - - - -
広告