仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。

お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【奈良】宝山寺(生駒聖天)- なんとなく修験者の気分を味わえる独特の雰囲気がたまらない

宝山寺(ほうざんじ)ってどんなお寺?

宝山寺(生駒聖天)

 

・役行者や空海の修行の場であったとされる(般若窟)
・お寺として整備したのは湛海(1678年に入山)
・ご本尊は不動明王(秘仏)
・「生駒の聖天さん」こと、双身歓喜天がまつられている(秘仏)

宝山寺 みどころは?

・天狗でも出てきそうな不思議な雰囲気
・八棟造り(やつむねづくり)の聖天堂
・きんちゃく袋のようなお賽銭箱
・岩壁に安置されている弥勒菩薩
・彫像としては珍しい烏枢沙摩明王
・擬洋風建築の獅子閣

広告- - - - - - - - - -

 



拝観レポート

近鉄生駒駅~の道のりはこちらで詳しく紹介しています。

shishi-report-2.hatenablog.com

 

境内マップ

境内マップ(水色線:経路)

水色線の経路で見学しました。

参道

階段のぼりきった

階段を上りきった先に、ズラズラと並ぶ燈籠。

燈籠が並ぶ

す、すご……。

燈籠の間を歩く

木々の影でひっそりとした参道。
静謐なのだけれど、ちょっと不思議な空気感もある。
「あ、私、ここかなり好きだわ」と思いました。

正面に鳥居が見えてきました。

鳥居が見えてきた

お寺なのに鳥居?と一瞬感じますが、天部(「〇〇天」という名の仏)をまつっているところではたまにありますね(仏教の天部はもとはインド神話の「神様」だったから)。

宝山寺では歓喜天を祀っているので、鳥居に「歓喜天」とあります。

鳥居に「歓喜天」と書いてある

さて、鳥居をくぐりますと、惣門です。

惣門

地蔵堂

総門をくぐって左手に地蔵堂。

地蔵堂が見える

お地蔵さんたち。

お地蔵さんたち

引き続き階段を上がり。

階段を上がる

鐘楼

鐘楼を横目にさらに上がると、本堂などがある宝山寺メインエリアに出ます。

本堂エリアへ

本堂エリア

本堂と聖天堂

写真では伝わりにくいと思うのですが、なんとも不思議な雰囲気が漂っています。
エキゾチックな楽器の音が聞こえてきそう。

なお、本堂&聖天堂の奥にそびえたっているのが「般若窟」。
なぜ「般若」かというと、役行者が般若経を納めたという伝えがあるから。

水屋

手水舎

手水舎のあかり
お札納め所

納札所
茶所

くさもちやさん

雰囲気ありますね。

広告- - - - - - - - - -

 



本堂

本堂

1688年に建立の本堂。

本堂には、湛海(宝山寺の創建に関わったお坊さん)が自ら彫った不動明王が安置されています。

秘仏のため、お姿をうかがうことはできませんが、リーフレットに写真が掲載されていたので引用します。

不動明王坐像

彫刻の腕前がすごい……。
湛海さんは僧侶であり、一流の仏師でもあったのですね。

天神さま

天神さま

本堂に向かって右手前には天神様のお社があります。

牛さん

天神様とゆかりの深い、牛さんがたくさんいました。

牛さんがたくさん

たくさんいるので、ちょっとびっくりしますね。

鳥居&狛犬

本堂と聖天堂は隣接しているのですが、その境界線上に鳥居があり、狛犬がいます。
やはり聖天(歓喜天)は神様という扱いですね。

鳥居を撮影し忘れたので狛犬を。

狛犬

胸筋が発達した、強い系の狛犬です。

鳥居をくぐると、お線香をたく場所があり、その正面が聖天堂です。

聖天堂

聖天堂(拝殿)

現在の聖天堂は明治10年(1877年)に改増築されたもの(※最初のお堂は1686年に建立)。

少し高いところから撮影してみると、屋根がつらなっていて興味深い(八棟造り)。

聖天堂 屋根が不思議

手前にあるのは拝殿(上の写真に写っている部分)で、この奥にもお部屋があり、そこに双身歓喜天(秘仏)がまつられています。

毎日夜中の二時に浴油供祈祷(歓喜天が好む油をお像にかける儀式)が行われているそうです。

こちらは中門の手前に貼られていた信条。

歓喜天尊信条

 

砂金袋の形のお賽銭箱

歓喜天の持ち物が砂金袋(!)ということで、お賽銭箱や花瓶までもが巾着型!

聖天堂前のお賽銭箱

 

打ち出の小槌やら宝珠の模様がつけられていて、「すごい入っていそう」感。

花びんもかわいい。

花びんも巾着

こちら↓は、聖天堂の前にあるお線香場にある賽銭箱。

巾着型のお賽銭箱

歓喜天は大根が好物ということで、大根のモチーフ。
聖天堂の歓喜天像は双身なので、大根も交差しています。

(参考)境内で見られる紋様

階段の手すりなど、境内のあちこちで目立っていた宝山寺のモチーフ。

お寺の紋様

これはお寺の紋(寺紋)ですかね。
門にもありました。

門から垂れる幕

続いて、歓喜天の好物、大根。

大根

そして、砂金袋!

砂金袋


砂金袋、丸っこくてかわいいですね。

高台エリアへ

さて、この後は、高台エリアに向かいます。

岩壁の弥勒菩薩や、烏枢沙摩明王、お地蔵さんがずらりと並ぶ道などを紹介します。
>>>宝山寺(高台エリア) - 岩壁に弥勒・烏枢沙摩明王・お地蔵さんがずらずらと並ぶ道など

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

広告- - - - - - - - - -

 



時間・料金・アクセス

・夏季8時~16時半
・冬季8時~16時
・境内散策は無料
・獅子閣を見学される場合は大人500円
獅子閣公開日については公式サイトをご覧ください。

>>>寳山寺公式ホームページ


・生駒駅からのアクセスは>>>>生駒駅~宝山寺(生駒聖天)までの道のり(ケーブルカー利用)

 

shishi-report-2.hatenablog.com

 

周辺の施設情報

・生駒山上遊園地

公式HP「生駒山上遊園地」子どもと安心して楽しめる遊園地

 

・石切神社&参道

shishi-report-2.hatenablog.com