仏像、ときどきワンダー観光

おもに仏像のこと。不思議スポットやふつうの観光の話もたまにします

新型コロナウイルスの影響で営業時間などが変更になっている場合があります。お出かけ前に必ず公式サイト等でご確認ください。

【長野】旧開智学校 - 洋風とも和風ともいえぬ「擬洋風建築」

旧開智学校(きゅうかいちがっこう)

f:id:shishi-report:20180815135147j:plain

旧開智学校

旧開智学校について

・現在の建物は明治9年に完成
・地元の大工さんが設計、施工
・昭和38年まで約90年使用
・令和元年、国宝に認定!

- - - - - - - - - -
広告

 

旧開智学校 見学レポート

f:id:shishi-report:20180815134938j:plain

旧開智学校 正面

従来の木造建築に西洋建築要素を取り入れた「擬洋風建築」。

全体の印象として洋風なのですが、正面の屋根などは日本家屋風で、なんだかちょっと混乱してきます。

f:id:shishi-report:20180815135022j:plain

旧開智学校 正面


雨が降っていたこともあり、外気温は高くなかったのですが、校舎内は相当蒸し暑かったです(8月)。
見学は真夏よりも春・秋がよさそう。

ひたすら床がギシギシ鳴るあたり、建物の古さを感じます。
蒸し暑さに耐え兼ねて、また、台風の懸念もあって、サクサク観ていきました。

f:id:shishi-report:20180815135311j:plain

教室

開校当初の校舎は、全久院というお寺の建物を利用していたそうです。
のちに校舎(現「旧開智学校」)が建てられるわけですが、全久院の柱が回り階段の通し柱に使用されています。

f:id:shishi-report:20180815135713j:plain

階段

f:id:shishi-report:20180815135833j:plain

f:id:shishi-report:20180815135923j:plain

展示室

f:id:shishi-report:20180815140027j:plain

廊下

f:id:shishi-report:20180815140325j:plain

階段

こちらの階段を上がって二階へ。

f:id:shishi-report:20180815140440j:plain

展示室

教室などは和風というか、「ああ、小学校ってこの感じよね」感があるのですが、ピンポイントで洋風が主張してくるので、ちょっと混乱してくるような。

これぞ擬洋風建築の魅力ですね。

f:id:shishi-report:20180815140532j:plain

ステンドグラス

ステンドグラスがきれい。
照明もおしゃれでした。

- - - - - - - - - -
広告

 

見学にかかる時間

私は20分程度でした。
(展示をじっくり観るならもう少しかかるかもしれません)

営業時間・料金

※耐震工事中のため休館中です。
公式サイト>>>旧開智学校


午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)
※3月~11月の第3月曜、2月~12月の月曜、年末年始は休館

料金 大人400円

アクセス

・バスの場合
松本駅よりタウンスニーカー(北コース)に乗車
「旧開智学校」停留所で下車すぐ(徒歩1分)

・徒歩の場合
松本駅より25分程度

 

見に行ける 西洋建築歴史さんぽ

見に行ける 西洋建築歴史さんぽ

  • 作者:玉手 義朗
  • 発売日: 2017/04/04
  • メディア: 単行本
 

- - - - - - - - - -
広告